名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

巨人・木村拓也コーチ逝く
 復帰を願っていましたなかでの訃報。本当に残念です。

 木村コーチの復帰をプロ野球界全体が一丸となって願う姿。これはいかにファンから愛されてきたかということを示したかと思います。ひたむきに努力を重ねてきた、いぶし銀の「努力の人」に対して、この試練は余りに厳しすぎはしないでしょうか。
 ところで、読売球団はコーチ陣の健康管理はしていたのでしょうか? 前兆があったはずですが、選手の上に立つコーチだけに安易に現場を離れられない事情も、木村コーチを追い込んだ要因なのかもしれません。ただ、木村コーチは最後の力を振り絞って、選手のため・チームのために身を捧げたのだと思います。 
 木村コーチは広島カープで活躍した現役時代から注目していました。ただでさえ、玄人好みの選手が揃うカープ(ナゴヤドームへ観戦に行く時に、私がいつもカープ戦を選ぶ理由もこれです)でもトップクラスの野球センスに、ドラゴンズファンとしてもいい選手だと思っていました。

 37歳って、早すぎです。ご冥福をお祈りします。

 2日の試合前にくも膜下出血で倒れ、広島市内の病院に入院していたプロ野球巨人の木村拓也(きむら・たくや)内野守備走塁コーチが7日午前3時22分、死去した。37歳だった。宮崎県出身。葬儀は10日午前11時から広島市西区南観音8の10の8の平安祭典広島会館で。喪主は妻由美子(ゆみこ)さん。
 同コーチは2日、広島市のマツダスタジアムで行われた対広島1回戦の試合前、グラウンドでノックをしている最中に倒れて救急車で搬送され、危険な状態が続いていた。
 宮崎南高から1991年、捕手としてドラフト外で日本ハムに入団し、翌年外野手に転向。95年広島、2006年巨人に移籍した。投手以外の全ポジションを守れる貴重なユーティリティープレーヤーで、俊足のスイッチヒッターとしても活躍した。
 昨季限りで引退し、コーチに就任した。現役通算成績は1523試合で1049安打を記録し、打率2割6分2厘、53本塁打、280打点、103盗塁。04年アテネ五輪代表。 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000026-jij-spo
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
惜しい人を亡くした・・・。
>読売球団はコーチ陣の健康管理はしていたのでしょうか?

そう、やはりこれが気になります。別に巨人に限った事ではないですが、どの球団でも選手や監督・コーチの健康管理が疎かになってはいけないでしょう。肉体だけで無く、精神まで磨り減らして日々戦っているのですから、プロ野球界は今回の悲劇を教訓にして健康管理の強化を行うべきです。

それにしても、これだけ野球センスのあった人がこうも呆気なく逝ってしまうなんて、敵チームの人ながら辛すぎます。
こういう人にこそ、後進の選手達に自らの下積み生活で得た経験、プロ野球界を生き抜く術、そして守備・走塁・打撃の技術を伝授して欲しかった。

御冥福をお祈りします。
【2010/04/08 21:26】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/650-846f38d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)