名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ニホンカモシカも暮らす街・名古屋
 名古屋の最高峰・守山区の東谷山にニホンカモシカが生息しているらしい。都市近郊とはいえ、名古屋のイメージで考えるとエライことになる。なんせ、「名古屋のチベット」と呼ばれる志段味地区の更に一番奥のエリアだ。最近まで、とても名古屋市とは思えない風景が広がった未開の秘境エリアにも近年は区画整理の手が伸び、東谷山のすぐ近くまで山を切り開いてしまった。ニホンカモシカには苦しい環境になったに違いない。なんとか、開発の手が届かない瀬戸市側へ逃げ延びてほしい。

SSCN5210.jpg
東谷山(東谷橋・春日井市側より撮影)

 名古屋市守山区の東谷(とうごく)山で、国の特別天然記念物「ニホンカモシカ」が生息していることが分かった。
 名古屋市はこれまで、ニホンカモシカを「情報不足」としてレッドリストに登録していなかったが、生息が確認されたため、2010年版レッドリストで準絶滅危惧(きぐ)種に指定する。調査にあたった専門家は「名古屋のような大都市近郊での生息は全国的に珍しく、東谷山が豊かな森という証しでもある」としている。
 名古屋市北東部の瀬戸市境にある東谷山は標高198メートルで、名古屋市内の最高峰。スダジイやアラカシ、ツブラジイなど常緑広葉樹の森が広がっている。これまでも、ニホンカモシカの目撃情報は寄せられていたが、レッドリスト改訂のために調査した岡山理科大の織田銑一教授(動物保全育種学)らが生息を確認した。
 織田教授らが昨年春に行った現地調査では、樹木の葉を食べた跡やフンを確認し、最大で3頭が生息していることが分かった。ニホンカモシカは愛知県内では東栄町や設楽町など東三河から瀬戸市の山間部にかけて生息しており、瀬戸市の山間部から川づたいに、餌となる広葉樹が豊富な東谷山にすみ着いたとみられる。
 東谷山周辺でニホンリスの保護活動に取り組む「守山リス研究会」(北山克己会長)が山中に設置した定点カメラには昨年11月から親子のニホンカモシカが何度も写っており、今年3月にもリスのための餌台近くで親シカが撮影された。


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000381-yom-soci
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

驚きましたねぇ。こんな所に特別天然記念物が生息しているとは思いもよりませんでした。
オオタカといい、ニホンカモシカといい、このあたりはこういった野生生物の生息地としては最適なんだと思います。それだけに、この環境を守っていかねばなりませんね。

>近年は区画整理の手が伸び

志段味地区の区画整理・及び県道の拡幅工事は東谷山の西麓にまで広がっております。でも、その波も東谷橋南交差点辺りで止まるのではないかと、私は見ております(是非そうあって欲しいが)。住宅も一戸建てばかりでなく、マンションもチラホラと建っておりますが、景観の面について大丈夫なんだろうか、少しばかり心配になります。

>開発の手が届かない瀬戸市側へ逃げ延びてほしい。

東谷山の東麓か、水野川を越えて定光寺のある山側へ逃げるかですな。但しこの辺りの水野川は谷底にありますし、谷の上を走る国道155号線は道幅が細く、急カーブが多いとはいえ、結構交通量が多いですから、無事定光寺側へ逃げられるかどうかですね。
【2010/04/12 21:17】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/652-38573558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)