名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末期的な消耗戦・牛丼業界
 もはや、消耗戦の様相を呈している牛丼業界。その弊害はどこかに流れ着くもの。店舗の裏側・アルバイトの現場は
悲惨な状態のようです。しかし、アルバイトがユニオンを結成し会社に要求を出すなんて時代も変わりましたね。

 私も若い頃、松屋でバイトをしたことがあります。松屋は吉野家・すき家と異なり、焼肉定食など鉄板での調理があるので、他チェーンに比べハードでした。「松屋で基本給が取れたら、吉野家では時給1200円獲れる」なんて先輩に聞かされたものです。当時の吉野家は牛丼と牛鮭定食しかなかったので、レジ扱いがあっても吉野家のバイトは松屋に比べたら数段楽だったのです。
 今も時々行きますが、松屋はオペーレーションの崩壊している店が多く、店員が下げ膳をして雑巾でテーブルを拭き、そのまま手を洗わずにコップ持ってオーダー聞きをしたり、椅子の下の清掃ができていないなどの不衛生ぶりが他チェーンに比べて目立ちます。これは、アルバイトの要領だけで解決できるレベルではなく、店のオペレーションが崩壊していることに起因するトラブルであって、これは十数年前とさほど変わっていません。
 唯一の楽しみである賄いも今は半額負担なんですね。私のいた頃は4時間以上働くと1食に限り無料でしたけどね。
アルバイトが集まらないのもよくわかる。だから、松屋の店員は外国人比率が高いのだ。あれだけキツいとよそへ逃げたくなるのがよくわかる。

 何かわかるんですよ。この業界ですき家が独走の様相を呈している背景が。吉野家が売上前年比20%減という絶望的な状態になっているのも。牛丼チェーンでバイトした経験がある人なら、わかると思いますよ。

 牛丼チェーンの「松屋フーズ」(本社・東京都武蔵野市)の埼玉県内の店舗で働くアルバイト従業員3人が19日、労働組合「全国一般埼京ユニオン松屋フーズ分会」の結成を同社に通告した。アルバイト時の食事「賄い代」の無料化などを求めている。同席した同ユニオンの嘉山将夫執行委員長は「安売り競争の激しい牛丼は低賃金に支えられており、改善を求めたい」と話した。

 松屋フーズ本社によると、勤務時の食事は商品の半額程度まで最大割り引く仕組みという。


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100419-00000100-mai-soci
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/656-81ecb918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。