FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

経営難「リニモ」社員が8,900万円着服
 存続か廃止かで揺れる愛知高速交通の「リニモ」。大赤字で何とかしようと沿線では必死なのに、当事者の社員は「俺はリニモが無くなっても、出向社員だから名鉄に戻るだけ」程度の意識しかない無責任野郎だったということが明らかになりました。8,900万円も着服していて、その事実を把握できなかった会社も大問題です。
 長久手町の沿線住民が手弁当で奔走し、イベントを開き何とかリニモ利用者を増やそうと努力しています。また、沿線の大学が大幅な負担を行い、この春から長久手古戦場駅からのシャトルバスを走らせてリニモ利用者の増加に貢献しているというのに、その努力を踏みにじって社員は平気で着服しているとは。憤りを覚えます。

 この当事者である山田主査、カネはすべて競馬に使い、すべて使い切っているとか。もう呆れてモノが言えません。ところで、本当に使い切ることなんてできるのでしょうか。一部は懐に入れて隠し財産にしていたりして。もちろん、名鉄が8,900万円及び慰謝料等を含めて弁済するかと思います。いや、必ず弁済せよ。愛知県民の税金が投入されているんだぞ。徹底的に追及せよ。
 ところで、中日新聞によれば、今後は総務部長が銀行印を管理するというが、その総務部長は出納簿管理を部下にすべて丸投げし、着服の温床を造った人だけど大丈夫なんだろうか。もちろん、主査の管理者なんだから連帯責任だわな。総務部長や管理職の連中も、愛知県や企業からの出向や横滑りなんだろ?元へ戻れば関係ない程度の意識じゃないのかな? 誰が責任を持つのか。第3セクターだから、こういう部分がうやむやにされてしまう。

 こういう一部の大バカ野郎が原因で、公共交通が消滅するのかと思うとマジで許せんわ。リニモ支援の輪が縮小なんてことになったら、どうするのだろうか。血を入れ替えるぐらいの決意と行動が無いと再生できないぞ。
 かつて、香川の高松琴平電気鉄道(現:ことでん)や福井の京福電鉄(現:えちぜん鉄道)でも浮上した話なのだが、ここでも

「リニモは必要だが、愛知高速交通はいらない。」

なんて話になるかもしれない。ちゃんと、ケジメをつけて欲しいものだ。

 リニモ(東部丘陵線)を運行する第三セクター・愛知高速交通(愛知県長久手町)の経理担当社員が会社の口座から約8900万円を着服したとして、同社は7日、県警愛知署に被害届を出した。近く業務上横領容疑で社員を県警に告訴するとともに、損害賠償を求めて提訴する。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000008-mai-soci

 同社によると、山田主幹は出納責任者として預金通帳2通と銀行印を管理。昨年4月3日から今年4月30日までの間、名古屋市内の複数の銀行支店窓口で、55回にわたり約8916万円を引き出したとされる。
 今年4月28日に2009年度の期末会計監査があり、外部監査人が不審な出金を指摘。社内調査を進めたところ、5月2日に山田主幹が着服を認めた。1回に引き出した金額は30万~400万円で、週末ごとに競馬に使い、すべてを使い切ったという。
 山田主幹は監査に立ち会っていたが、監査後の4月30日にも300万円を引き出していた。社内調査に対し「だんだんエスカレートし、取り返しの付かないことをしてしまった。監査で発覚することは分かっていたので、最後は競馬で当てて損失を埋められればと考えた」などと説明しているという。山田主幹は05年6月に、出資企業である名鉄から出向。8日付で名鉄に戻る。愛知県庁で記者会見した愛知高速交通の池田全(たもつ)専務は「多大な迷惑をかけ、おわびする。失われた信頼の回復に全力を尽くす」と謝罪した。
 (中略)同社によると、通帳と印鑑は総務課主幹が管理し、出入金は主幹と部下の社員の2人が担当。2冊の通帳には計約6億円の残高があり、月末には総務部長が帳簿を確認することになっていたが、引き出しのあった1年間は林一也総務部長が一度も確認しなかった。「山田主幹に一任していた」という。山田主幹は金を引き出すさい、部下に対しても「必要な金だ」と言いくるめていたという。
 通帳などは総務課の金庫に保管していたが、定期監査以外はチェックがないことに着目。あらかじめ銀行の払戻請求書に金額の記入と押印を済ませ、業務中に名古屋市内の銀行支店を訪ねては引き出しを繰り返していたらしい。
 特に発覚直前の今年4月には1カ月間で計10回、約2600万円も出金していたが、誰も気付かず、林総務部長は「もの静かで変わった様子はなかった」と釈明した。
 同社は赤字経営が続き、県は2008年度に貸付金の一部約40億円を株式化する金融支援を実施。09年度は、建設などにかかった経費の減価償却費を除いた鉄道事業で、数100万円の黒字となる見通し。県は10年度も5億6000万円を追加出資する。
 ようやく見込んだ黒字額が吹き飛ぶほどの巨額横領に、池田専務は「社内のチェック機能が働いていなかったことに大きな問題があると反省している」と謝罪。今後は総務部長が銀行印を管理し、監査にも立ち会うことで再発防止に努めるという。

引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010050802000037.html
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

採算がとれるなら、公営か民営の企業でやっていけるでしょう。
赤字に対して責任を追わなくなってしまう交通系の第三セクターは成立しないような気がします。
【2010/05/13 18:26】 URL | くっちー #JyN/eAqk [ 編集]

Re: タイトルなし
>くっちーさん
 交通系に限らず、第3セクターは経営責任をうやむやにしてしまう傾向が強く、各地で赤字や廃止となると何かと問題になっています。ただ、第3セクター自体は悪じゃないんです。特に交通系は収支トントンにすら困難だから、行政が介入しないと開業までこぎつけられなくなります。ただ、出向社員やOB社員など帰属意識の薄い人が幹部を占める寄り合い所帯になってしまい、問題が発生すれば最後は行政に被ってもらえば良いという思考に陥りやすいのがダメなだけなんです。
 今回の不正事件で明るみになった出向社員も「俺は来てやっているんだ」という意識で来ているからダメなんです。確かに出向になったのは出世コースからの脱落だったかもしれません。新しい職場で自分はどう職務に向かい合うか、こんな発想の転換ができなかったから、不正に手を出したのでしょう。名鉄の看板にしがみついてるだけの寄生虫だったのです。
 特に、リニモは愛知万博終了後の大赤字が開業前から決定的だったので、幹部社員のモチベーションが元々低く、お役所仕事の延長線になっていたのだと思います。こちらにもメスを入れてほしいです。
【2010/05/17 02:12】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/669-837411e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)