名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

若葉酒蔵開き
SSCN4252.jpg
 2月20日、「若葉」ブランドで知られる岐阜県瑞浪市の若葉株式会社さんの酒蔵開きに行ってきました。瑞浪というと、「小左衛門」の中島醸造さんが知られますが、この「若葉」さんも名古屋の松坂屋で試飲会を開くなど、積極的な蔵です。地元で親しまれているようで、地元の人で賑わっていました(東濃弁がそれを教えてくれました)。
SSCN4253.jpg
 蔵の中へ入ると行列が。何の行列かと思いきや、
SSCN4254.jpg
 蔵で作ったできたてのお餅の振る舞いでした。美味しかったです。
SSCN4255.jpg
 左手に即売会、右手には試飲会がありますが、誘惑を抜けて蔵内部へ潜入です。
SSCN4256.jpg
 蔵の前、エライ荘厳な雰囲気です。気になったのは「酔いどれコンサート」の字。この蔵で行われる名物企画で、毎年小室等さんがこの蔵へやってきてコンサートを開くのだそうです。
SSCN4259.jpg
 中の様子。この蔵は水源は地下水を使っています。きっと、近隣の山や土岐川の伏流水でしょう。下流になると庄内川と名前を変えるこの川ですから、名古屋の人なら驚くでしょう。以前、名古屋の某酒蔵が名古屋の某Tデパートで、「うちは木曽川の伏流水です。決して庄内川ではありません。」と試飲会の席で述べており、その上流部に実家がある者として極めて不愉快な思いをしたことがあります。土岐川も瑞浪あたりになるとアユも生息するぐらい水質は良好で、酒造りに適応するほど地下水もきれいなのです。
SSCN4260.jpg
 若葉オールスターキャスト。いろんなお酒を試飲させていただきました。純米大吟醸が美味しいのは当然ですが、スタンダードの純米酒がおいしい。これって、結構ポイント高いと思うんですよね。純米酒でも手を抜かないというのは、良い蔵の証拠です。
DSCN4156_convert_20100510002322.jpg
 お土産に純米酒と甘酒を買って帰りました。ぐい飲みは来場記念に無料でいただきました。甘酒は賞味期限が製造日の3日後ということで急いで飲みましたが、お酒を飲まない知人から大好評でした。純米を選んだのは予算の関係もありますが、瑞浪のお米で造ったというのが決め手になりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/670-3fb2fa7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)