名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

さらば、なか卯の牛丼
 牛丼チェーン「なか卯」から牛丼が消滅するという。正確には和風牛丼に切り替えなのだが、わざわざ「和風」なんて表現をメニューに採用するぐらいだから、これまで歩んだ牛丼・親子丼・うどんの3本柱の1つを失うなか卯のDNAを大きく否定してしまうことになり、なか卯の大きな転換点になることは間違いない。
 個人的になか卯は好きだった。名古屋では店舗は少ないが、牛丼とはいからうどんをセットで食べるのが好きだった。ところが、度重なる身売りを経てゼンショー傘下になってから、本家「すき家」に対する傍流というポジションになってしまった感があった。なか卯は関西発祥だけに味にも関西色が出ていたが、徐々にその個性が失われつつあった。特に「はいからうどん」の材料変更は明らかなレベルダウンであって、大いに失望させた。あれって、ゼンショーによる、すき家誘導策じゃないかと思う。もともと、同一グループ傘下で2つの牛丼チェーンを運営すること事態が非効率だから、競合を避けるため傍流に競合からの切り離しを行ったのだとみられる。
 和風牛丼の画像を見て、第一印象は「肉が少ない」だった。シラタキで上げ底している印象を持った。ご飯の量も気がかりだ。すき焼き風な味だそうで、なか卯らしい関西風の甘辛さが出ているかがカギかと思う。14日まで使えるクーポン券を持っているので、和風牛丼を一度試してみようと思う。

 牛丼チェーン「なか卯」を展開する外食大手「ゼンショー」は6日、従来の牛丼の販売を12日に中止し、代わりにすきやき風味の「和風牛丼」の販売を始めると発表した。12日午前10時に切り替える。ゼンショー傘下の「すき家」と、「吉野家」「松屋」の牛丼大手3社の値下げ競争が過熱する中、ゼンショーはなか卯とすき家のすみ分けを図り、なか卯を価格競争から脱却させる狙いがあると見られる。
 和風牛丼は従来の牛丼の具材である牛肉、たまねぎ、しいたけ、長ネギのほかにしらたきを加え、特製のすきやき風味のタレで煮込む。価格はミニが270円、並が350円、大盛が470円で従来の牛丼価格と同じで、具材量は牛丼より3割多いという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100506-00000076-mai-bus_all
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/671-638710e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)