名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

澤田酒造酒蔵開き2
 愛知県常滑市にある澤田酒造さんの蔵開きの模様の続きである。
これまでのあらすじはこちら↓
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-673.html
 感動的な展示を見た後で、蔵の奥へ進む。
DSCN4185_convert_20100517235231.jpg
 整然としたタンク群。
DSCN4187_convert_20100518000243.jpg
 そのうちの1つが中を覗けるようになっており、
DSCN4186_convert_20100518000128.jpg
 お米のつぶやきが「プツプツ」と聞こえてきました。
 澤田酒造さんは日本酒製造石数700石、兵庫県の山田錦、広島県の八反錦と千本錦、富山県と福井県の五百万石、そして自社所有の田んぼで育てた常滑産の若水、愛知日本晴等、合わせて十種類の酒米を使用し醸造している。特に若水は、知多の農家とも契約して特別栽培米(減農薬)として育成、純米酒に使用しているとのこと。
DSCN4188_convert_20100518010558.jpg
 隣の蔵に入ると、ようやく試飲です。「たれくち」をいただきます。美味しい。調子乗って3杯飲んでしまいました。蔵を出て中庭に入ると…
DSCN4189_convert_20100518003330.jpg
 そこでは宴が催されていました。さぁ、これからが本番です。奥に行くと試飲と即売会場があります。
DSCN4190_convert_20100518003457.jpg
 試飲会場のこの熱狂ぶり。それもそのはず、10数種類のお酒が楽しめるのです。大吟醸から純米酒、そして地元の定番・上撰や金印、甘酒までズラリと並んでいるのです。

さぁ、飲むぞ飲むぞ飲むぞ!!

 6杯目までは記憶があるのですが、それ以降の記憶がありません。ここの来場者がすごいのはおつまみ持参組の多いこと。お客さんは常連ばかりなのです。それだけ愛され、毎回蔵開きを楽しみにしているのです。不覚にも持ってこなかった私。脇で常滑市大野町の煎餅屋さんが来ていたので、美味しいえびせんべいを早速購入。酒のつまみにしました。
DSCN4195_convert_20100518003806.jpg
 時折、水を飲んで酔いを覚まします。酒造りに用いる水は、蔵の東方2kmの高台から木管を通して伏流水を引いているらしい。海の近くなのに、くせのない、まろやかな軟水で美味しい。だから、試飲が更に進む進む。
DSCN4197_convert_20100518010100.jpg
 ここの梅酒は美味しかった。「白老梅」という純米吟醸古酒を使用した高品位の梅酒だそうです。私からもおススメします。ほろ酔いで気分が良くなったところで、常滑駅行きのバス最終便の時間が近づいたので、蔵元を後にしました。
DSCN5535_convert_20100518012122.jpg
 出口でお土産の配布がありました。開けてみるとぐい飲みが。常滑の陶芸家による手作りだそうです。だから、500円なんだ。有料の理由がわかりました。他にない、世界で1つだけの器。素敵です。これだけ楽しいイベントなら、500円で充分元が取れました。この器が楽しみで毎年やってくる常連さんもいるそうです。とにかく、ファンが多く愛されている澤田酒造さんでした。

澤田酒造株式会社http://www.hakurou.com/index.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/676-fe808790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)