名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大糸線2
 JR大糸線日帰り強行軍レポート第7弾です。
DSCN4464_convert_20100604021620_20100604034251.jpg
 糸魚川13:12発の南小谷行きに乗り込み、新しい発見の多かった糸魚川とお別れです。
DSCN4467_convert_20100604021804_20100604034251.jpg
 車内には松本方面へ抜けようとする乗客で賑わっていました。列車は定刻に発車、朝に下車した根知駅を過ぎる一路険しい山間部に入ります。姫川と国道148号線と共にひたすら南下します。
DSCN4469_convert_20100604022527_20100604034250.jpg
 JR大糸線と並行する国道148号線は落石防止のロックシェルターが至る所にあるのですが、やはりフォッサマグナ。相当地盤が緩いようで至る所で崩れていました。
DSCN4472_convert_20100604022729_20100604034250.jpg
 数少ない大糸線のキハ52系を撮りたいがために、厳寒の撮影スポットに集結する撮り鉄の皆さん、
DSCN4475_convert_20100604022834_20100604034249.jpg
 姫川の崖の上から本当にお疲れ様です。
DSCN4478_convert_20100604023257.jpg
 新潟県と長野県の県境にある平岩駅。撮り鉄らしき人が数名降りて行きました。いよいよ、長野県に突入です。
 窓越しに撮影するとうまく撮れないので、停車時間を利用して乗降ドアを開けてみました。実は半自動になっているのですが、列車の扉って意外と重いんですね。
DSCN4484_convert_20100604031220.jpg
 長野県小谷村にあるJR西日本最果ての駅、中土駅。
 糸魚川~南小谷間では地元の人の乗降はほとんどなく、撮り鉄が数名乗降する程度で、9割以上の乗客が南小谷まで乗車しました。
DSCN4487_convert_20100604031408.jpg
 14:13、南小谷に着きました。JR東日本エリアに突入、隣のホームには特急「あずさ」がお待ちかねです。松本方面への普通列車は1時間半後です。目の前の特急列車に乗れば、大町・松本での市内観光もできるかと思います。実際、多くの乗客が特急列車に乗り換えていましたが、私は千数百円の投資を惜しんで(?)南小谷で途中下車することにしました。(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/690-460a4a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。