名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

愛知国際放送(RADIO-i)放送終了へ
20100616234631.jpg
 2010年6月16日中日新聞朝刊より。上は経済面、下は社会面。

 日本初の民放ラジオ、そして、日本初のFM放送局も名古屋でした。まさか、放送局停波第1号も名古屋からになるとは(涙)。慢性的な大赤字で夏はウナコーワ、冬はバンテリンで赤字を埋め立てていると噂(?)だった愛知国際放送(RADIO-i)が2010年9月30日で放送停止するとの衝撃的なニュースが飛び込んできました。近畿放送(KBS京都)・エフエム九州(CROSS FM)・Kiss-FM KOBEと経営破綻しながらも後継会社による経営再建が図られたというのに、停波3ヶ月前でこの情報が流れるということは、どうも名古屋には継承する意思のあるスポンサーが無かったということのようです。
SSCN5856.jpg
 RADIO-i本社があるビル。テレビ塔の真ん前にあります。栄のど真ん中に構える必要があったのでしょうか?

 愛知県3局目の民放FM局及び国内4局目の外国語放送局として、2000年4月1日に開局。先発局が送信出力10kwに対して5KWと小さいものの、送信所を標高の高い三国山(瀬戸市)に設置したため、愛知県に限らず岐阜県南部・三重県方面も広くカバーしていました。実家のある土岐市は三国山の向こうで、名古屋方面への指向性送信の逆方向でありながらクリアに受信できました。また、豊橋・浜松に中継局があり、在名局として初めての静岡県進出となった浜松では実質的に新局が開局した格好となりました。

 開局当初は6ヶ国語を用いて外国人を意識した番組編成でしたが、年々英語偏重となり普通のFMラジオ局へ変貌を遂げました。結局、外国語放送というのが地方のビジネスとして成立しなかったということです。事実、「名古屋が日本で一番景気が良い」なんて話題になっていた数年前ですら、この局は債務超過状態でCMは筆頭株主・興和のCMが1時間に1本流れるだけという民放として惨憺たる状況が展開されていました。まぁ、CBCやZIP-FMのように、安易にラジオショッピングに手を出さなかったのが、放送局としての良心だったのかもしれませんが。今年3月期までの累積赤字総額は28億8400万円に膨らんでいるとのこと。
20100616234655.jpg
 特に冷遇していた毎日新聞ラジオ欄(2010年6月16日朝刊より)。
 FM局のラジオ欄はAM局の70%しか無く、更にRADIO-iは他のFM局の70%しか番組欄を与えられなかった。

 後発局で不利というのに、新聞のラジオ欄でもFM愛知・ZIP-FMに対して明らかに冷遇されているケースもあって、営業面でのハンデが相当厳しかったようです。また、ZIP-FMと混同されている人もいるようで、年配者にこの局の事が周知されていたかは正直疑問です。ちなみにうちの親はこの放送局の事を知りませんでした。
20100616234659.jpg
 今年元旦の中日新聞ラジオ欄より

 今年の正月、異例の1月改編を断行。元日から10日間DJ無しで音楽を垂れ流す事態が発生。これは過去にもZIP-FMが行ったことがありますが、あちらは当時絶好調でFM愛知を再起不能に追い込む勢いがあった頃の話。こちらの場合は純粋に予算が無くなったのだと、その時は感じました。クリス・グレンや佐野瑛厘など、ZIP-FMで活躍していた人もこの局に移り「ij」(≒DJ)として活躍しており、当時の活躍を知るものとして積極的に聴いておりました。
 放送局、特にラジオ単営局は経営が苦しいと聞いております。今回は親会社・興和も自身が苦しくなってしまったようで、最後にさじを投げてしまった様です(ここは他にも丸栄など、名古屋資本の経営が厳しい会社をいくつも抱えている背景もありますが)。何とか、最悪の事態を回避できないかと願っております。

他の新聞の報道ですが、
20100616234647.jpg
 朝日新聞2006年6月16日朝刊より。

 朝日新聞が社会面で少し大きく取り上げたほかは、
20100616234643.jpg
 読売新聞2010年6月16日より。
 他の新聞(読売・毎日・日経)は社会面の端で小さな記事にとどまっていました。

東海3県と静岡県西部に向けて外国語による放送を行っているFMラジオ局「RADIO-i」(レディオ・アイ)が経営不振のためことし9月末で放送を終了することになりました。「RADIO-i」は平成13年4月から英語やポルトガル語、それに中国語など6つの言語でニュースや音楽番組を放送してきましたが、広告収入が思うように集まらず、開局以来10年連続で赤字経営を続け28億8000万円の累積赤字を抱えて経営不振に陥っていました。
 さらに景気の悪化で広告収入が落ち込み、今後も回復する見込みがないことから、ことし9月30日で放送を終了する
ことを決めました。放送終了後、会社は精算手続きに入るということです。

引用元:http://www.nhk.or.jp/lnews/nagoya/3005132161.html

 外国語放送などユニークな番組編成で親しまれるFMラジオ局「RADIOーi」が、今年9月いっぱいで放送を停止すると発表しました。
 「RADIO―i」の愛称で知られるFM局「愛知国際放送」は、東海地方に住む外国人への情報サービス提供と国際理解を目的に2000年4月に開局し、日本語のほか英語や韓国語など7つの言語で放送を行っています。
 しかし、開局以来赤字が続き、番組の改編や経営効率化を進めましたが、不況による広告収入の低迷などもあり、今年3月期までの赤字総額は、28億8400万円に膨らみました。
 このため、今後黒字化することは困難であると判断し、今年9月30日で放送を停止することを決めました。

引用元:http://hicbc.com/news/index.asp?cl=c&id=0002C200
【補足】
2010/06/17 12:00 新聞等画像を挿入し本文を一部修正しました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

RADIO-iは確か県域局ではないんではないんでしょうか。静岡県浜松市が放送対象区域に入っていますので。(間違っていましたらすみません)

放送局も経営が苦しいところが結構あるようですので、これから先放送終了する放送局が他にも出てくるかもしれないと心配しております。
【2010/06/17 05:43】 URL | ムーンライト東海道 #ze7WGCEs [ 編集]

薬石の効も無く?
唖然呆然とはこの事を言うのでしょうか。

現在他にも経営の赤字で苦しんでいる放送局があるといいますが、仮に経営破綻しても再建が図られているというのに、今回の様なケースは前代未聞ですね。
それにしても、過去に経営破綻して再建中の放送局の赤字額がどのくらいのものなのか、寡聞にして分かりませんが、もしRADIO-iの赤字額がKBS京都とかCROSS FM等の再建中の放送局のそれよりも少額だとしたら、この放送局は何を考えているんだ?と疑りたくなります。更に開局から一度も黒字になる事無く累積赤字が30億円近くにまで膨れあがっている所を見ますと、もはや広告収入不足なんてのは言い訳にしかならないのではないかと勘繰ってしまいたくなります。ニュースではその面しか報道されておりませんが(広隆堂さんがツイートしておられたYahoo!の件は以ての外)、今回の経営破綻の要因はもっと他の所にあるのではないか(例えば経営体質とか)、と私は考えています。

>結局、外国語放送というのが地方のビジネスとして成立しなかった

地方どころかこの国全体で成立しないのではないでしょうか。RADIO-iの所属するMega Netはどこの局も経営が苦しいといいますし、大都会にあるこれらの放送局がこの様なら地方では尚更だと思います。
国際化という言葉がよく聞かれますが、それとは裏腹に実際はそこまで国際化は進んでいないようです。昔に比べて外国人居住者の数が増えてきたというだけであって、それが外国語放送が必要とされる所にまで至っていないのです。
何故だろうか。
この国は、日本語さえ話せればそれで事が足りる国なのです。だから、あまり外国語を習得しようとする人(言い換えれば外国語を話せる人)もいないし、よって多言語のプログラムが用意されても聴く人がいないのです。
ヨーロッパ、特に西欧の国々は多数の国家・人種・言語があり、それらの国々との往来も激しく、人種は混血の度が進み、多言語を話す人なんか当たり前です。更にその中でも小国では幾つもの国々と国境を接している事もあって、幼い頃から多言語を話すのが当たり前の社会になっています。こういう国では外国語放送は成立するのでしょう。
そこへ来ますと、日本は四方を海に囲まれており、加えて江戸時代の鎖国制度が200年以上続いていた影響で外国との交流も少なかった事もあり、それが外国語放送の成立しにくい一つの原因になっているのでしょう。
志が高いのは立派でよろしいのですが、現実は・・・。
何ともトホホな話です。

>クリス・グレンや佐野瑛厘

この人達、10月以降はどうなるのでしょうか。まさか今更ZIP-FMには戻りにくいでしょうに。

乱筆・長文失礼しました。
【2010/06/17 08:47】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

開腹手術も手遅れだったRADIO-i
>ムーンライト東海道さん
 ご指摘ありがとうございます。一部誤解を招く部分もありますので、写真を入れる代わりに文章を一部改訂しました。
 県域局か広域局かという話はRADIO-iの場合は線引きが難しいのですが、厳密には「中京広域圏及び静岡県の内、外国語放送実施地域(愛知県名古屋市、瀬戸市、豊田市、岡崎市、常滑市、豊橋市及び静岡県浜松市)を放送対象地域とする放送局」なのだそうです。確かに浜松は県外です。ただ、外国語放送は他民放FM放送(都道府県単位で割り当て)とは異なり、市区町村(主に大都市と周辺の都市)や国際空港などの施設単位で放送エリアが設定されており、浜松は地域事情からRADIO-iのエリアに組み込まれたため広域放送となっていますが、番組及び情報は愛知県中心のものであり、支社などの営業拠点も三河及び浜松にはなく広域局としての体をなしていないので「実質的に愛知県の県域局」という解釈の方が現実的と私は勝手に考えます。とはいえど、奥三河を中心に受信不能エリアも多いのもこの局の特徴であります。電波の飛び方からは広域局と思いがちですが、先発のFMAやZIPも広域局ではないのもそう考える理由です。

>massanさん
 2008年5月に会社を清算したCROSS FMは、当時の累積赤字が8億円だったそうです。RADIO-iについては、メイン株主だった興和がラジオ事業を甘く見ていた感があります。ネットや広告のせいと一方的に言うのは感心しません。
 中日新聞で出ていたZIPとFMAの社員コメントも「甘いな」と感じました。本当に「仲間」という意識があるなら、人員やノウハウを提供するぐらいの事があってしかるべきです。その言葉はウソ臭いと思いました。今後、おこぼれをもらう体制を整えているかと思いますが、それは期待できません。なにしろ、元々の資源が無いからです。
 Yahoo!に出なかったのは、親会社の株価対策ですかね? 放送史の大きな転換点なのに。

>クリス・グレンや佐野瑛厘
 どうなるんでしょうね。ZIPって、原則的に後戻りしない路線なので、一旦外へ出たナビゲーターが戻ったケースがありません。唯一の例が謹慎明けで戻ったジェイムス・ヘイブンスだけ。良い人材が他の地域へ流れてしまうのは惜しい話です。
【2010/06/17 13:24】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

明日は我が身。
>広隆堂さん

>本当に「仲間」という意識があるなら、人員やノウハウを提供するぐらいの事があってしかるべき

その点大阪のFM COCOLOはFM802の「支援」を得て何とか存続していますので、FMAやZIPの何と薄情な事か。「明日は我が身」という気持ちが微塵も感じられませんな。

>ZIPって、原則的に後戻りしない路線なので

ジェイムスさんの場合って、何か芝居がかっているように思うのは私だけでしょうか?本当は何か別の理由があってどうしても番組を離れなければならぬ事態になり、それを「エイプリルフールで世間を騒がせた事によるお詫びの意味としての謹慎」という形にして一時期降板した、というのはいくら何でも勘繰り過ぎか?
それはさておき、ターザン山下さんもマルコさんもZIPを離れてからはFMAで活動していますので、クリスさんや佐野さんがZIPに復帰する可能性は低そうですね。関東や関西の放送局へ移るというのは御勘弁願いたいです。
どうせなら、この二人に上野規行さんを引き連れて、CBCで「LOVEARTH」の復活を、ってそれはあり得ないか。
【2010/06/17 23:02】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


Kiss-FMについて少しだけ補足させてください。

新会社は設立されたというものの、まだ現時点での放送免許は、旧会社にあります。

また、その新会社が、出資予定者から会社を運営するのに十分な資本金を得て、
本格的に再建計画を策定して、それが旧会社の債権者一同にきちんと認証されるのか?

粉飾決算を引き起こした元社長の責任問題を、このまま不問にしている状態を考えると、
今のままでは、再建計画が否決され、
また、納得いかない債権者からさらに訴訟を引き起こされる可能性もありえる、
言ってみれば「まだかなり危うい状態」なのです。

最悪のケース、RADIO-iとともに9/30閉局も、まだ可能性としてありえます。

私は「Kiss-FMは、まだ経営再建を始めようとする準備の段階」という理解です。
【2010/06/18 00:01】 URL | サー伯爵 #jdgYkFLo [ 編集]

Re: 明日は我が身。
 FMAはかつてZIPに土俵際まで追いやられた時期があるので、もともと保守的な体質が異常なまでに保守的になってしまいました。ワイド番組をえこと黒岩で10年以上固定するのは少々異常です。また、ZIPも最近は黒字決算にするのがやっとの状態なので、純粋に余裕ががないのでしょう。RADIO-iが消えた後、ラジオ難民はどこへ行くのでしょう。

>ジェイムスさん
 この人が可哀そうなのは、きちんとプロデュースする人とコントロールする人がいなかったことです。この春も帯番組を希望してZIPと交渉するも失敗、RADIO-iに交渉するも足元を見られ、東海ラジオに渡ったそうです(本人のサイト及びTwitterによる)。既に名古屋のミッキー安川状態です。

>何か芝居がかっている
 局とのいざこざが何度もあったので、ZIPは斬りたいと考えた時期があったようです。しかし、CMスポンサーがバックボーンにいたので広告収入への影響を恐れて諦めたとか。あの事件でもたった2ヶ月で復帰したのは広告対策かも?

>ターザン山下さんもマルコさんもZIPを離れてからはFMAで活動
 後戻りしないZIPの路線上、FMAしか選択肢がなかったわけです。

>上野規行さん
 去就が注目の一人ですね。ZIPで番組を持つ直前で万博FM「FM LOVEARTH」に移籍。その後のラジオ人生は波乱万丈です。結局、CBCでも日陰の存在に。また、真渓ハナさんもどうなるか。「ぴーかんテレビ」のテレショップに幽閉するのは、あまりにもったいないですね。
【2010/06/18 20:03】 URL | 広隆堂(こうりゅうどう) #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> 新会社は設立されたというものの、まだ現時点での放送免許は、旧会社にあります。
>(中略) 最悪のケース、RADIO-iとともに9/30閉局も、まだ可能性としてありえます。
> 私は「Kiss-FMは、まだ経営再建を始めようとする準備の段階」という理解です。


 なるほど、単にJFN番組配信が9月末まで延長になっただけというわけですね。そちらもまだ予断を許さないようで、お盆明けに大波が押し寄せることのないように願うばかりです。
【2010/06/18 20:08】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


私の方は結構な長文になっているので、トラックバックさせてくださいませ。それにしても営業や代理店が弱すぎたのではないでしょうか。ニュース,天気予報,交通情報はFAX受けでAM局より人件費がかかっていなはずなのに。

>RADIO-iが消えた後、ラジオ難民はどこへ行くのでしょう。
残念ながらラジオから離れるでしょう。

>名古屋のミッキー安川状態
ミッキー安川さん自身はラジオ日本(と自民党)には亡くなるまで愛されてましたから。今は担当枠を息子さんがされているはずですし。

>粉飾決算を引き起こした元社長の責任問題を、このまま不問にしている
TOKYO FMにまで火の粉が降りかかってくるからウヤムヤにしたいのですよ。
兵庫県内にはいくらでもコミュニティFM局もありますので、FMOSAKAの番組販売でもすれば済む話だと思いますよ。
J-WAVEなんか番組販売で成り立っているような気がします。敦賀の駅前で首都高の渋滞情報聞いたときは笑いました。
【2010/06/18 22:00】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/703-2eac2ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)