名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

岩村醸造蔵開き
 明知鉄道レポート第4弾、今回は列車を待つ間に歩いた岩村町にある「女城主」のブランドで知られる岩村醸造さんの蔵元へ行ってきましたので、その模様をお届けします。
 実は2月から3月の第1週にかけての週末に岩村醸造は蔵開きを行っていたのですが、事情で行くことができずに悲しい思いをしていました。せっかくの機会ですので、蔵元の玄関までとダメもとで突撃したのでした。
DSCN4685_convert_20100620065146.jpg
 岩村駅から渋い街並みをゆっくり歩いて15分ほど。岩村醸造さんに到着です。ところが日曜日なのか、DMVイベントのせいなのか、蔵元はお客さんで賑わっていました。
DSCN4686_convert_20100620065235.jpg
 岩村醸造さんの裏名物がこのトロッコ線路。原料や商品などの内部運搬に使ってたそうです。すると、蔵の方から「よかったら、奥もご覧になってください」とのお言葉が。なんと、この日は蔵を公開していたのです。1ヶ月前の悔しさが吹き飛びました。さっそく、蔵の中へ突撃です。
DSCN4687_convert_20100620065328.jpg
 酒蔵の創業は天明7年(1787年)と伝えられており、当時は岩村藩御用達の運送業を本業とし酒造業は副業として行っていたものの、明治になり岩村藩が消滅したことで酒造りが本業となり、その後大正10年に株式会社を設立、同時に味噌・しょうゆ・みりん・焼酎などの製造も始めたが、戦後は日本酒の専業メーカーとして営業を続けてきたそうです。
 線路は奥へ100mほど伸びています。驚いたのは、公式サイトまでhttp://www.torokko.co.jp/。トロッコなんです。
DSCN4691_convert_20100620065650.jpg
 空ケースが積み上げられた脇を進んで行った先には
DSCN4693_convert_20100620065919.jpg
 S字カーブが。まだ続くんかいな。しかし、タンクも何もない。いったいどこまで続くのかと更に進むと、
DSCN4689_convert_20100620065421.jpg
 右手にタンク群が現れました。
DSCN4690_convert_20100620065545.jpg
 トロッコ線路の終点の先には更にタンクがありました。ここでお酒が出荷を待っていました。
 現在の製造石数1000石弱で、醸す酒は三銘柄。「女城主」で七割、「ゑなのほまれ」二割、そして「幻の城」が一割という製造比率らしい。使用する酒造好適米は「ひだほまれ」がメインで、大吟醸には「山田錦」を使っているそうです。メインが「ひだほまれ」であり、昨今巷で話題の「地産地消」は以前から実践されています。
DSCN4694_convert_20100620070235.jpg
 店頭に戻ると、ほぼ全銘柄の試飲ができ、岩村醸造さんのお酒を堪能させていただきました。こちらのお酒は、特に口当たりが柔らかい。そのわけは精米歩合。蔵の平均精米歩合は52%で、全品に「吟醸」の表示ができるほどの高精白で酒造りをしているからだそうだ。ここで「吟醸」とは、50%以上磨いたお米で造ったお酒を指すとのこと。規定(60%以上を吟醸、50%以上は大吟醸)より基準を厳しくしているのです。ドンドンお酒が売れていく理由もよくわかりました。
DSCN4696_convert_20100620070514.jpg
 岩村の名物としては忘れてならないものが、今でも江戸時代からの製法をしっかり守り抜いて製造している「松浦軒のカステーラ」。現在のポルトガルやスペインにも残っていない本当の原型カステラ。ねっとりしてきめが細かい現代版のカステラと違って少々きめが荒いが、歯応えはしっかりとしていて見た目は卵焼きの様だ。普通のカステラをイメージして口の中に入れると一瞬あれ?っと思うが、中々奥深い味わいがあります。おみやげにおススメです。
DSCN4684_convert_20100615135659.jpg
 岩村は城下町でした。岩村城は鎌倉時代(1185年)に築城され、大和の高取城(奈良県)備中の松山城(岡山県)と並ぶ日本三大山城の一つに教えられる城で標高721mの山頂にあり、城下町を見下ろし、四方の山々も一望にすることができます。天然の峻険な地形をよく利用した要害堅固な山城で、江戸諸藩の府城の中では、もっとも標高の高いところに築城されており、しかも明治維新まで残っていました。その城下町、岩村は今も当時の街並みが残る街歩きしたくなる街です。
 明知鉄道の沿線観光地は「駅から歩くには少し遠い」という指摘が一部でありますが、私は決してそうは思いません。これは私が岐阜の田舎で暮らした実体験で語りますが、田舎の人にとって20分程度歩くことは何てことのない普通のことなのです。確かに岩村城址は駅から少し歩きます(30分程度かかります)が、城下の街並み巡りとセットならその苦痛も軽減できるはずです。そもそも、岩村城は日本3大山城です。歩くのがちょっと苦痛なのは「当然」なんです。そうでなければ、岩村城は日本3大山城に選ばれることは無かったでしょう。ちなみに、山城ではありませんが姫路城はもっと大変ですよ(笑)。岩村についての予習が無さすぎると共に、根本的に認識が間違っています。地元の人に笑われるだけです。
 街歩きはたくさん歩いた方が、より多くの発見ができるのです。街歩きは歩いてナンボのもんなのです。

岩村醸造株式会社
http://www.torokko.co.jp/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント
セットで楽しまなければ損。
>岩村醸造

トロッコの話は前々から聞いておりましたが、公式サイトのアドレスにまで使われるとは・・・。「トロッコといえばウチだ!」といった所でしょうか。アドレス名は早い者勝ちですから。
地元で作られた米に拘ったり、精米歩合を規定よりも厳しくして酒造りをしたりと、この会社の真摯な姿勢には感心させられます。普段はビール・焼酎派の私も、一度吟味してみたいと思います。

>岩村の城下町

岩村の駅から町並みをブラブラと巡って、岩村城址まで歩く。これこそがこの街の醍醐味じゃないでしょうか。これを楽しまなければ損ですよ。
岐阜県は、飛騨高山を筆頭に飛騨古川・郡上八幡・美濃町・岩村、そして明智の大正村と魅力溢れる町並みが数多くあります。これからもこういった町並みを大切にしていって貰いたいものです。
【2010/06/24 15:21】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/707-55aed845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)