名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

明知鉄道の現状と課題2
明知鉄道レポートは第8弾の今回で最終回です。先回は、観光客に依存する安易な対策では明知鉄道は守れないことをお話ししました。今回はその代案として、沿線住民主導による明知鉄道の振興策について考えてみたいと思います。そもそも、ローカル線は沿線住民の利用無くして成立しないのです。これまでに過去帳入りした鉄道の中には、並行するバス路線に客を奪われて「用無し」の烙印を押されて消えたものもありますが、観光客が集まったからローカル線が生き返るなんてことは極めて稀なことなのです。明知鉄道については並行するバス路線を廃止して、明知鉄道への集約を図るなどの動きがあります。しかし、不安材料は残ります。その点をいくつか紹介します。

 まず、人口減少について。これは全国的な傾向(自然減)であり、都市近郊でも人口減少が起こっていることを考慮すれば、特別深刻に考える必要はないかと思います。むじろ、自然な流れです。明知鉄道で心配なのはお得意様の高校生が激減してしまったことです。沿線にあった県立高校のうち、2007年に岩村高校と明智商業高校と統合し明智に恵那南高校が誕生。岩村高校は恵那南高校岩村校舎として残ったものの、2009年3月に廃校となり岩村から高校が無くなってしまったダメージが大きくなっています。今年から旧岩村高校の敷地に恵那市街から県立恵那特別支援学校が移転してきましたが、特別支援学校という性格上スクールバスによる通学者も多いため、旧岩村高校の穴埋めの決定打としては弱いとみられます。沿線には阿木高校がある他は、いずれも恵那・明智の両端に分散してしまったため、高校生を明知鉄道へ誘導する事が難しくなっています。
 次に生活経済圏の問題です。まず恵那市街はJR中央線沿い、特に中津川方面への流れが強く、恵南地域への利用者は少数派です。また、同じ恵那市・恵南地域でも岩村を境に経済圏が微妙に変わります。恵南地域でも特に山岡・明智方面では、恵那方面への往来と共に瑞浪方面への往来が伝統的に強くなります。山岡では一旦廃止になった東濃鉄道の瑞浪行きバスが旧山岡町のコミュニティバスとして復活し、運転本数は少ないものの現在も恵那市のコミュニティバスとして継承されています。また、明智では明知鉄道に加え瑞浪へ行く東濃鉄道のバス路線があって、その戦いは明知鉄道の前身・国鉄明知線が開通した1934(昭和9)年までさかのぼります。戦後は運行本数の多さから東濃鉄道が圧勝。バスは社内有数のドル箱路線として大躍進しますが、クルマの台頭で鉄道・バス共に利用者が激減、明知線は国鉄の廃止対象路線に選ばれてしまいます。明知鉄道として第3セクター移管後、毎年1,000万円ほどの赤字を出しながら鉄道を残しました。一方、バスも乗客減少が深刻で、いまや県の補助金無くして成立しない状況にまで衰退してしまいましたが、運転本数では明知鉄道より多く、バス優位は現在も続いています。
DSCN4722_convert_20100620072741.jpg
(明知鉄道明智駅の運賃表)
 東濃鉄道は2002年2月に上限運賃を500円に設定する運賃制度の変更を行い、明智~瑞浪間の運賃も870円から500円に実に42%もの大幅値下げを実施しました。したがって、多治見・名古屋方面へ行く場合は明知鉄道(恵那経由)より東濃鉄道バス(瑞浪経由)の方が大幅に優位になりました。その比較を以下に出してみます。

 明智~名古屋 恵那経由1,780円、瑞浪経由1,320円
 明智~千種  恵那経由1,780円、瑞浪経由1,220円
 明智~多治見 恵那経由1,240円、瑞浪経由730円

 したがって、山岡・明智方面からの明知鉄道利用は、恵那市街又は中津川方面への利用客が中心となります。地図しか見ていないと明智方面へは誰もが明知鉄道を使うものと思われがちですが、地元ではこんな事情が長年展開されているのです。

大きな地図で見る
 そして、最後は明知鉄道から離れた地域の問題。岩村町から国道257号線をクルマで走ること約15分、岐阜県の南東のはずれにある上矢作町の存在です。愛知県・長野県との県境に位置するこのエリアは人口2,400人ほどですが、長年恵那市街への往来が強いエリアにも関わらず、恵那市街への交通アクセスが悪いことが住民の間に潜在的な不満として残っていたようです。
 この地域へはJR恵那駅前から直通の路線バスが東濃鉄道の手で運行されていましたが、赤字のために廃止。一時は恵那市の自主運行バスとして継承した時期もありましたが、明知鉄道への恵南地域アクセスの一本化のために岩村駅発着に変更されて現在に至ります。ところが、バス運転本数が少ないことから中津川市内の高校への通学ができず、家族が毎日岩村駅まで送迎しているケースもあるようです。明知鉄道の大株主である恵那市は高校生の通学を恵那市内で完結しているものと考えているようで、これでは明知鉄道から離れた地域は、進学したい高校の選択肢自体が狭められてしまいます。
【参考】恵那市地域懇談会(2月・上矢作町)
http://www.city.ena.lg.jp/uploads/fckeditor/uid000009_201003100757513572c309.pdf

 さて、これらの課題を乗り換えたうえで、どうすればよいか。いくつか書いてみます。
 まず、利用機会の創設をするべく、明知鉄道は駅の増設を進めてきました。今後も進めるべきでしょう。現在、恵那~東野間に「学頭」駅(仮称)の設置計画が進んでいます。この駅は恵那高校への通学客と周辺住民の利用が見込まれます。また、恵那駅から恵那高校までが徒歩20分ほどなので、夏・冬・悪天候時にはJR中央線からの乗継利用も想定可能かと思います。残り、東野~飯沼間にある浜井場地区と小野川地区に駅を設置すれば、完璧になります。並行するコミュニティバスは廃止すればよく、浮いた予算を明知鉄道へ回すこともできます。
 山岡・明智方面の人を恵那市街まで引き寄せるには、相当なパワーが必要になるかと思います。そのため、現在は区間運転も無く、すべての列車が全区間を運転していますが、今後は恵那市街への往来が強固な岩村以北を重視し、恵那~岩村などの区間運転も検討すべきでしょう。ただ、現状で最も効果があるのは、その区間運転にDMVを導入することです。
 そして、最も現実的なのは、明知鉄道から離れた地域からの直通輸送機関としてDMVを導入することです。特に上矢作町はこれに向いています。上矢作町は伝統的に恵那市街への直行バスを求めています。だったら、岩村駅でレールに乗せ換えて恵那~岩村~上矢作をDMVで結んでしまえばいいじゃないですか。平日は上矢作直通専用とし、週末は観光路線で使用する。これが最もバランスが良く、理にかなっているじゃないですか。現在、明知鉄道で離合(列車交換)設備があるのは岩村駅だけです。したがって、恵那~岩村間にもう1ヶ所離合設備のある駅を設置する必要があります。阿木駅のそれを復活させるのも一考ですが、機能的には東野駅又は今度新設予定の学頭駅あたりがベターじゃないでしょうか。現状ではDMVは恵那駅で転回及びモードチェンジが不可能なので、それを可能にするスペースも必要です。そのまま、DMVをバックで運行する手もありますが、単純な話で前方確認ができません(バックモニターだけでは不完全)からお上の許可が下りない可能性が高いと思うんです。
 また、「バスと列車で運転士が2人必要で、人件費がかかる」という指摘が一部であります。今回の社会実験では明知鉄道の列車運転士と東濃鉄道のバス運転士の2人がDMVに乗り込みましたが、これは社会実験であるため暫定的処置であることを混同しているだけです。この問題は明知鉄道の運転士が「大型2種運転免許」を取得すれば済むだけの話です。ただ、自動車教習所へ通うとなれば1人当たり40万円ほどかかることや、取得の支障がないような運転士の人員配置構築が大変な上、運転士全員の取得が前提(∵明知鉄道は少数精鋭だから)なので、それまでの期間の経済的かつ人的負担が明知鉄道に大きくのしかかってしまいますから、その財政的サポートを県や恵那市が行わねばなりません。
SSCN4777.jpg
 恵那市は次回、鉄道から離れた上矢作町や串原地区を対象に実験を行うそうですが、明智鉄道で本格的にDMVを導入するのなら、こちらのタイプになるかと思います。DMVは公共交通に大きな一石を投じているのは間違いありませんが、まだまだ課題は山積しています。しかし、鉄道とバスの利点を持ち合わせた特性を生かして、各地で活躍してくれることを願い、この特集に幕を下ろしたいと思います。(完)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
Re:明知鉄道の現状と課題
 関係者の末席として、詳細なご意見感謝申し上げます。

>観光客に依存する安易な対策では明知鉄道は守れない

 まず、明知鉄道を守ることそのものを目的化するべきではないと考えております。
そもそも、黒字化は困難ですので、公費投入を正当化する意味からも、沿線地域
を活性化し、住民の皆様の生活確保にも役立つ手段として明知鉄道が適切かど
うか、また役に立つためにどう改善していくべきか、という視点に立って、策を検
討し実施しているところです。
 大井川鉄道のように、観光鉄道として生き残っていても、沿線にあまりお金が落
ちないようではあまり意味がないと思っております。DMVも同じことで、乗りに来る
人や写真を撮りに来る人が多いだけではしかたないため、沿線の観光振興とどう
結びつけるかを具体的に考えていかなければなりません。ただ、現実には明知鉄
道は客単価が高い観光利用者収入に頼る部分が多いため、DMVで客寄せし収
益を確保することも当面は考えないといけないかもしれません。
 いずれにせよ、今回の実験はあくまでDMVの運行可能性を検討するためのも
ので、コースもその観点から考えられたため、大正村など地域の観光資源とどう
連携するかの検討は何も行われておらず、今後の課題となっております。

>岩村から高校が無くなってしまったダメージが大きくなっています

 岩村高校が明智の恵那南高校に統合された結果、恵那から岩村に通っていた
高校生が明智に行くようになり、増収要因となりました。

>明知鉄道の大株主である恵那市は高校生の通学を恵那市内で完結しているも
>のと考えているようで・・・

 昨年9月までは朝に上矢作から恵那への直行バスがあり、高校生が乗っていま
したが、帰りの直行便が少ないため利用が少なく、また岩村での鉄道接続(岩村
は交換駅なので、必然的に両方向の列車と接続する)もできていないため、鉄道
に乗り換える生徒も不便な状態でした。
 昨年10月改正で恵那への直行便を廃止し、代わりに岩村~上矢作を増便する
とともに、バスの定期代を下げて鉄道と乗り継いでも直行便の時と変わらない価
格にしました。結果、帰りの便が増えた恵那方面については微増、また接続がよ
くなった明智方面は大きく増加しました(上矢作からは恵那南高校への進学者が
最も多くなっています)。
 上矢作から中津川の高校へは以前からバス・鉄道で通学可能ですが、部活
はできません(5時台の列車に乗れば可能ですが、その接続のためにバスを増
便するのは厳しいです)。これは、明知鉄道が交換駅がないため増便できないこ
とが理由です。恵那駅が1線しかないため、岩村に近い阿木の交換を復活させ
ても意味がなく、恵那駅に近い東野に新設するのが最もよいですが、用地確保
が困難です。学頭駅も考えられますが、ここも用地が片面ホーム分しかありませ
ん。増便できなければDMVも走らせられませんので、困るのですが・・・。
 なお、上矢作には上矢作病院があり、恵那病院に行く人は少ないです(むしろ
岩村から上矢作に通院する人がいます)。ちなみに、恵那病院より中津川市民
病院の方が人気が高いそうですが、へんぴな場所なので困ります。また、上矢
作からの買い物は、以前は恵那のバロー(現在改装中)でしたが、今は極楽駅
前の岩村バローが大半です(稲武や名倉も岩村バローの商圏)。バスが直接乗
り入れましたので、高齢者の買い物の足も確保できたと考えております。

 今後は、旧恵那市内のバス再編を進め、明知鉄道から市内主要施設へのア
クセスを充実していく予定です。DMVについては、うまく活用できるところがあ
ればしたいと考えておりますが、導入ありきはよくないと思っております。何
かいいアイデアがありましたらご教示いただければ幸いです。
 では、失礼いたします。
【2010/07/02 00:20】 URL | Hirokazu Kato #ZPbuKh.w [ 編集]

Re:明知鉄道の現状と課題
>Hirokazu Katoさん

>明知鉄道を守ることそのものを目的化するべきではない
 まだ、明知鉄道のために沿線住民が弊害を受けるレベルには至っていないと思います。クルマなら恵那~岩村間の所要時間は鉄道の半分で済みますが、高校生を中心に明知鉄道の利用を前提とした生活スタイルをとっている人が多いことをはじめとして、明知鉄道が恵南地域の連帯感をつなぐ柱となっている性格上、現状では安易にバス転換はできないと思います。当面は明知鉄道を軸とした交通網を作る必要があると思います。大井川鉄道みたいになるぐらいなら、バス転換も考えるべきでしょうが。

>岩村高校が明智の恵那南高校に統合された結果、恵那から岩村に通っていた高校生が
>明智に行くようになり、増収要因となりました。

 岩村~明智間で増収を確保できるのは大きいですが利用者は減っているわけで、恵那方面からの利用者でカバーするにも限度があるかと思います。そもそも、恵那市街の子で明智まで通う子は少数派ですから。

>(上矢作からは恵那南高校への進学者が最も多くなっています)
>上矢作から中津川の高校へは以前からバス・鉄道で通学可能ですが、部活はできません

 岩村高校がなくなってしまった以上、恵那南高校に通うのは自然な流れです。部活・補習ができないというのは、帰宅部でもない限り高校生としては大きな障壁でしょうね。特に工業科や商業科の学校では。

>岩村バロー
 ここは本当にポイントの高い出店ですね。ところで、バスが午前中しか乗り入れなかったのは何か理由でもあったんですか?

>DMVについては、(略)導入ありきはよくないと思っております。
 正直、日本初の本格営業運転とか、安易に手を出して欲しくありませんね。
【2010/07/07 20:51】 URL | 広隆堂(こうりゅうどう) #- [ 編集]

Re2:明知鉄道の現状と課題
広堂様、ありがとうございます。

>明知鉄道が恵南地域の連帯感をつなぐ柱となっている性格上、
>現状では安易にバス転換はできないと思います。
 一方で、ご指摘のように、明知鉄道よりも、上矢作では恵那への直行バスを、山岡
・明智では瑞浪方面のバスを充実してほしいという意見も少なくありません。山岡は
両駅に近い東部の方は恵那指向ですが、西部は完全に瑞浪指向となっております。
バスも、山岡から瑞浪への直行便はもとより、吹越線を乗り継いで瑞浪に出る流れも
あります。
 また、旧恵那に行きたいところがあまりないというのも痛いです。明智も駅前にバ
ローができ、恵那方面への買い物需要は減りました。山岡・明智から行く総合病院は
瑞浪の東濃厚生病院です。明知鉄道を便利にして軸を強化したいわけですが、増便も
時間短縮もできないのがつらいです。

>岩村~明智間で増収を確保できるのは大きいですが利用者は減っているわけで、
>恵那方面からの利用者でカバーするにも限度があるかと思います。そもそも、恵那
>市街の子で明智まで通う子は少数派ですから。
 とりあえず、現在は、旧恵那や岩村・上矢作から恵那南高校への通学者が意外に
(失礼)多く、20年度はこれが寄与して利用者数減にもかかわらず増収になり、21年
度もインフルや不況などで全国的に鉄道利用が落ち込む中、明知鉄道は下期にバス接
続改善の結果、減収が最小限に抑えられました。
 それよりも、明知鉄道にとって脅威なのは、瑞浪の中京高校が恵南地区各地にス
クールバスを出していることです。これによって、以前なら恵那高校や中津川の高校
に通っていた層が中京高校に流れています。

>部活・補習ができないというのは、帰宅部でもない限り高校生としては大きな障壁
>でしょうね。
 それを改善するためには、朝の明知鉄道恵那行きを1本増発する必要があり、現在
の設備と車両ではできません。明知鉄道や恵那市はやりたいと考えていますが、必要
となる費用を考えると安易に踏み切れない状況です。

>>岩村バロー
> ここは本当にポイントの高い出店ですね。ところで、バスが午前中しか乗り入れ
>なかったのは何か理由でもあったんですか?
 経費が限られる中で、午後の、高校からの帰宅を受ける便を増やすことを優先しま
した。岩村駅折り返しとするのに比べ、岩村バローまで延長すると必ず1両余分に必
要となりますので。
 なお、高齢者は大半が午前に買い物に行きますので、午後に乗り入れなくても支障
は大きくないと思っております。

>正直、日本初の本格営業運転とか、安易に手を出して欲しくありませんね。
 もしそうなるとすると、残念ながら恵那~岩村間ではなく、今回の実験と同様、岩
村~明智間の運行になるでしょう。恵那駅を改良することは困難ですし、東野駅(あ
るいは学頭駅)の行き違い駅化も大変です。
 もし急いでDMVを入れるなら当座は乗りたい人目当てとし、その後、施設整備をまっ
て生活交通に展開していくという段取りが現実的かと思います。

 9日より外国出張です。では、失礼いたします。
【2010/07/08 10:52】 URL | Hirokazu Kato #ZPbuKh.w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/709-8b7bf4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)