名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

集中豪雨・可児市の現場にて2
 可児市のレポートの続きです。
SSCN5999.jpg
 被害を受けたトラックの駐車場前。柵にも1m近い高さまでゴミが積まれています。
SSCN6001.jpg
 駐車場にはゴミを被ったトラックがズラリ。被害の大きさを窺います。車内まで冠水しているので当然廃車になるはずですから、運送業者さんも相当な損害となります。28台が被害を受けているとかで、すべて買い替えとなると1台1000万円以上しますから、少なく見積もっても3億円近い被害額になると見られます。また、クルマが揃わないうちでもこの会社はすぐ脇にあるカヤバ工業の関係会社ですから、運搬の仕事が絶えず入るはずですので、輸送を確保すべく代車の確保に奔走せねばならないはずです。
 運送会社の方が「ご迷惑をかけてすみません」と野次馬にあいさつされていました。今回は運送会社さんに責任はありません。それは後述にて。
SSCN5994.jpg
 では、可児川の氾濫による悲劇が起こったか。背景を検証してみます。氾濫は可児川の中州にある通称「鬼ヶ島」の脇で発生しました。
SSCN5997.jpg
(戸走橋より可児川上流部を眺める)
 可児川は、可児市全域及び隣接する御嵩町と多治見市の一部地域を流れる川が合流する構造になっています。木曽川がすぐ近くにありますが、分水路などは一切なく、可児市を東西に縦断して可児市のはずれで木曽川に合流します。今回氾濫のあった、鬼ヶ島の直前までは河川改修がなされています。
SSCN6000.jpg
(戸走橋より可児川下流部・鬼ヶ島南側を眺める)
 ところが、中州の鬼ヶ島から下流は河川改修が行われていないのです。コンクリート壁も無ければ堤防もありません。可児川はここで2つに分かれます。南側の川はどちらかというと本流で、北側に比べ水量があります。
SSCN5998.jpg
(戸走橋より可児川下流部・鬼ヶ島北側を眺める)
 一方、北側は鬼ヶ島を囲むように緩い左カーブを描きます。もし、可児川が増水したら、水量が少ない北側にも水が流れ込むはずです。南側と異なり直線ではありませんので、遠心力に従い水が外側(画像右側)へ押し出されます。ましてや、時間雨量が50ミリを超える豪雨ですから、わずかな川べりをえぐるように猛烈な勢いで水は流れてきたことが容易に想像できます。
DSCN5918_convert_20100717234416.jpg
(可児川・鬼ヶ島北側・トラック駐車場付近)
 しかし、ここには堤防が無いので、氾濫したら最後、左手の農地及びトラックの駐車場は濁流に呑みこまれて全滅する構造です。
SSCN5992.jpg
 逃げ道を失った濁流は低い所を狙います。したがって、すぐ脇で立体交差する市道の名鉄電車ガード下を襲ったのです。おそらく、豪雨の中では逃げる時間はまったくなかったものと見られます。
 現場にいた方にも数人お話を伺ったところ、
・県が上流から河川改修するのは、土木の常識からしておかしい。
・大雨の際に下流部が危険になることを分かっていたはずなのに放置していた。
・可児市が鬼ヶ島を史跡として街おこしに利用すべく、河川改修に消極的だった。
などのお話を聞きました。

 今回の災害では疑問点がいくつか残りました。
・なぜ、川幅が狭まる鬼ヶ島付近にゲリラ豪雨対策として堤防を造らなかったのか。河川管理のいい加減さ。
・名鉄電車の下をくぐる市道は、なぜ冠水時対策として信号機やバーなど、通行止めにする設備を設けなかったのか。道路管理のいい加減さ。
 前者は「未曽有の」なんて、言い訳が通じるとは思えません。可児川は上流部での河川改修により、ある程度スピードを上げた状態でまとまって下流部に流れる構造になっていますから、河川改修未実施の下流部が脆弱であることは分かっていたはずです。また、後者についても、近年の都市災害であれほど立体交差のガード下が危険であることがわかっていたはずなのに、道路整備をしなかったことが、クルマが冠水して立ち往生して流されてしまう悲劇を誘発してしまったのです。河川管理は岐阜県、市道の管理は可児市です。今後、災害を引き起こした原因として責任を追及されることでしょう。
 私達ができることは、これを教訓にすることです。大雨の時は川へ近づかない。クルマでガード下などへ行かない。安全なところへ避難する。逆に安易に動かない。もしもの時に備えて、様々なシュミレートをすべきです。
SSCN6002.jpg
(戸走橋北詰にて、可児川氾濫現場を眺める)
 7月18日、菅直人総理大臣が可児市へ視察に来るそうです。現場で県庁及び警察関係者が集まって、駐車場の清掃と準備が大急ぎで進んでいました。総理はこの現場を見て、何を考え、どんな指示を出して地域に手を差し伸べるのでしょうか。(完)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/729-524c4e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)