名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ガイドウェイバス減便
 名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)が9月9日にダイヤ改正を行い、志段味支所前以北の区間について大減便することが明らかになった。バスを共同運行している3社(名古屋市交通局・名鉄バス・JR東海バス)のうち、JR東海バスが大曽根~瀬戸みずの坂系統以外から撤退するためだという。大曽根~上島間は平日昼間でも1時間7本運行で「やや過剰運行ではないか」という声もあり運行本数の適正化を図った点は評価できるが、その他では改悪点が目立つ。
 特に大曽根~高蔵寺系統は1時間3本運行から半分以下の1時間1本運行に、大曽根~瀬戸みずの坂系統は1時間1本運行から2時間隔運行と運行本数は半減し「乗れるものなら乗ってみろ」状態となる。今回の減便で、志段味支所前以北の区間ではガイドウェイバス開業前に運行されていた一般路線バスの運転本数にも満たない状況となる。2001年3月、廃止もささやかれた場末の路線バスを見事に復活させたガイドウェイバスは、開業6年目で大きな転機を迎えようとしている。
 メインルートである高蔵寺行きの減便は残念である。ガイドウェイバスの機能の一つとしてターミナルへの「連絡」があり、この路線は大曽根と高蔵寺の2駅を結ぶことで終点に向かうにつれ乗客が減る「片道輸送」を防ぐ(高蔵寺への流れは絶対量が少ないが)と共に利用者の利便を向上する役割を果たすなど、事業者・利用者双方にメリットがあったはずだ。確かに中志段味以北では利用者が少ないのは事実だが、1時間1本では使いにくくなる。あまりに極端すぎる減便である。せめて1時間2本にとどめて欲しかった。
 一方、瀬戸みずの坂行きには開業時から期待していなかった。というのも、終点の瀬戸みずの坂付近から名古屋都心へは、中水野駅まで行って愛知環状鉄道とJR中央線を乗り継ぐか、瀬戸市駅までバスに乗り名鉄瀬戸線に乗り換えた方が便利なのであって、大曽根までしか行かないガイドウェイバスが利用されるはずは無かった。本来の計画では瀬戸市中心部の瀬戸追分まで行く予定が、JRバスのテリトリー(特に瀬戸市はJRバスの聖地といっても過言ではない)を犯されるのを嫌ったのか、瀬戸市中心部への乗り入れが無くなった段階でこの路線の運命は決まっていたのである。この代償だったのか、JRバスはガイドウェイバスとは別に中志段味から瀬戸追分を結ぶ路線バスを運行したが、瀬戸市内を除くとまったく利用されていなかった(このバスも廃止されるらしい)。
 開業直後から「需要予測甘すぎ」「運賃割高」など、さんざんな意見や風評の嵐だったが、場末のバスを蘇らせたことで利用者は年々増加し、朝の大曽根行きは高架区間では「すし詰め」状態となる盛況ぶりであるなど成長を続けてきた。とても200万人都市とは思えない、のどかな風景が拡がっていた守山区志段味地区を「これでもか」ってばかりに開発する区画整理事業が進み、雑木林だったところには住宅が建ち並ぶようになった。開発計画の縮小や沿線人口の増加が低調などの悪条件もあるが、すでに無くてはならない存在になっている。今回の減便が引き金になって、9月末に廃止されるピーチライナーや不振が伝えられるあおなみ線やリニモに続くことがないよう祈るばかりだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/74-869e2577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)