名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住吉台くるくるバス2
関西のコミュニティバス特集。第3弾の今回が最終回です。
神戸市東灘区の「住吉台くるくるバス」の続きです。

 しかし、なぜ人口の多い神戸市内ですら、住民主導のコミュニティバスを導入せねばならなかったのでしょうか。今回はその背景を考えながら、住民主導型コミュニティバスのあり方を考えます。
DSCN5015_convert_20100812104539.jpg

 神戸市は戦後の高度成長期に狭い平野部での市街化が急速に進み、住宅用地を確保するため急峻な六甲山麓を開発し住宅用地を確保してきました。今回訪れた住吉台もその団地の1つです。ところが、この団地にはバスが乗り入れておらず、神戸市に要請したものの道路の狭隘や急坂といった悪条件が重なり実現しませんでした。住人の高齢化進行により地域交通や住民生活に様々な課題を生んでいました。
DSCN5012_convert_20100723135432.jpg
 (住吉台の入口を走る「くるくるバス」。背後には渦森台の団地がみえる。最寄りのバス停は谷底)

DSCN5017_convert_20100723140136.jpg
 実はこのエリアは神戸市交通局の独占エリアで、住吉台から谷を挟んで向かいの渦森台まで阪神御影・JR住吉からの市バス38系統が毎時4~6本、またJR甲南山手へのバスもあります。表面的には交通事情は悪くないようにも見えます。
 ところが、住吉台はバスが全く無く、渦森台行きの市バスに乗り、谷底のバス停(赤塚橋)で降りると地元で「300段階段と呼ばれる階段を昇るしか手段がありませんでした。
DSCN4997_convert_20100723141500.jpg
 谷底のバス停まで300段もの階段を下らねばらならなかった。毎日の事と思うとゾッとします。若いうちはいいですが、生涯安住の地としては条件が厳しすぎます。これでは都市に廃村ができてしまう状況です。住吉台は極端な例かもしれませんが、この類の事情を抱える団地は全国に点在しています。
DSCN5034_convert_20100723135734.jpg
 同じ方面に2大のバスが団子で運行されることもあります。非常に効率の悪い運行です。しかし、神戸市交通局が住吉台に市バス路線を延長しない以上、住民は自らバスを走らせざるを得なかったのです。実験運行を経て2005年1月から本格運行が始まり、利用者は年々増加し地域に不可欠な存在になっています。
DSCN5016_convert_20100812104746.jpg
 コミュニティバスの運行については、お上に依存するかたちで「運行してもらう」ケースが圧倒的に多いのが現状です。ところが、お上もバスの運営自体を理解しておらず、自分達の都合ばかり優先させて利用者不在の空気郵送ばかりしている機能性の低いコミュニティバスの失敗作も少なくありません。
 住吉台くるくるバスのように、お上ですら投げ出してしまった場所でも地域住民の熱意によって自らバスを走らせてしまう住民主導型のコミュニティバスが増えています。

住民主導のコミュニティバスを走らせるためには、地域の中に以下の意識を醸成させる必要があると思います。
a.これからもここに暮らし続けたい熱意
 不便なので郊外の団地から都心に戻る人が増えていますが、住み慣れた街に暮らしたいのは誰もが同じ気持ちのはずです。この街で暮らし続けられるようにするにはどうすればよいのかを住民達で話し合う。
b.お上をあてにしない、住民たちの合議による社会インフラの創造
 市会議員などを利用するのも一考ですが、交通機関も上下水道や公共施設と同じで生活に不可欠であることを住民が認識する。
c.自ら創ったものをどう育てるか、また守るための受益者負担の重要性
 安易な100円バスが軒並み赤字になっている。バスを走らせる以上運営面での収支ラインを想定しながら、運行事業者も受益者となる住民も双方に適切な負担を行う必要性を認識する

 このあたりから始めていけば、住民主導のコミュニティバスはもっと活躍できる場を増やすのではないかと思います。まずは近所の井戸端会議辺りから初めてみるのが良いかもしれません。住民の力でバスを街に定着させた神戸の住民主導型のコミュニティバスでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/743-7e9fe3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。