名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

黄桜・カッパカントリー
 京都・伏見の酒蔵巡り、2軒目は黄桜カッパカントリーです。
DSCN5106_convert_20100812100938.jpg
 黄桜といえば、このキャラクター。
DSCN5108_convert_20100812103823_20100812105020.jpg
 カッパです。
DSCN5107_convert_20100812103559.jpg
 過去に放映されていたテレビCMやカッパに関する展示が非常に興味深かったです。
DSCN5113_convert_20100812104304.jpg
 蔵の中の様子。単なる資料館ではなく、醸造の場であることは結構大切なポイントです。ちなみに、ここをはじめ、伏見の酒蔵では豊富な湧水を一般市民に開放しているところが多く、ポリタンクを持った市民が水を汲んでいく姿をよく見かけました。
DSCN5110_convert_20100812104019.jpg
 生ビールの販売はあったものの日本酒の試飲は無く、売店を一回りして京阪伏見桃山駅へ向かいました。生活臭のある、伝統と現代が交錯する伏見の街でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

数年前には超満員でレストランには夜でも入れなかった(天皇賞の日で、淀から競馬ファンもなだれ込んできた)ので、誕生して間もない頃に行ったきりなんですが、そのときは売店でCMソングのアナログ盤が置いてありました。
友人は買って帰りました。

月桂冠にしろ、黄桜にしろ、大手は桶買いが多かったですから。近畿の小さな酒蔵は戦後かなり長いこと桶売りをやっていたようです。

余談ながら、山城青谷駅前に酒蔵があります。京都駅の新幹線ホームの下で売っているそうですが、城南地区ではここ一軒かもしれません.
【2010/08/27 20:26】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

日本酒復権への萌芽
>大手は桶買いが多かったですから。近畿の小さな酒蔵は戦後かなり長いこと桶売りをやっていたようです。

 誰でも知っている日本酒メーカーのなかには、いまだに70%近く桶買いで賄うところもあるようです。近畿に限らず、北陸や新潟・広島・愛知など全国から集めているとか。しかも、集めたモノを混ぜてしまうところもあるようで、せっかくの酒も台無しになっていたわけで、ナショナルブランドが逆に日本酒のイメージを低下させていたという歴史があります。
 そもそも、戦後の日本酒行政はデタラメで、酒税をかけるために醸造アルコール混入を強要するなど、文化を崩壊させようとするような蛮行も見られました。ビールが台頭する1980年代以降、桶買い契約を切られる酒蔵が続出し、これが酒蔵激減に拍車をかけたというデータもあります。
 この危機を生き残った蔵元には意欲的なところが多いです。蔵元を訪ねますと、酒について熱い思いを語ってくださる方の多さに日本酒復権のうねりを感じています。
【2010/09/04 05:29】 URL | 広隆堂(こうりゅうどう) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/752-ab091abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)