名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2010ぎふチャンラジオまつり
SSCN6784.jpg
 8月29日、昨年に続き「ぎふチャンラジオまつり」に行ってきました。昨年は岐阜駅前の「タワー43」でしたが、去年行った会場が学習塾になってしまった(あそこは元々名古屋の有名家具店のスペースだったが、開店1ヶ月ほどで会社が倒産し閉店した空きスペースだった)ことから、今年はお隣のビル「じゅうろくプラザ」に変更となりました。
SSCN6785.jpg
 今年は各番組パーソナリティと番組に各一人リスナーが参加し、番組対抗で唄を歌ったりクイズに挑戦していました。私にとって、ぎふチャンラジオといえば、
SSCN6786.jpg
本地洋一アナ

  このオッサンアナウンサーに魅了されて数年。一宮・岐阜方面への移住を真剣に考えたこともあるほどです。豊富な知識量・卓越したニュース解説・どこでも平気で取材してしまうタブー無き取材姿勢。この人ほど過激なアナウンサーを他には知りません。そして、恐ろしくマニアックな趣味の世界など、子どもみたいなオッサン、しっかりしていそうで実はいい加減そうなオッサン。でも、魅力的なんですよ。
 名古屋生まれで現在も名古屋在住(番組での発言より)。私が一宮の職場へ通っていた頃、朝の名古屋駅で良くお見かけしました。いつも小難しい顔して新聞を読みふけており、ネタ探しをされていたようなのでお声はかけずに一宮駅でそっと見送ったことが何度もあります。
 いまや、名古屋ローカルタレント最後の砦の様相を呈してきた岐阜放送も他局に変わらず厳しいようで、ここ数年で多くのタレントが撤退又は番組の大幅縮小の憂き目となり、還暦を超えて局の看板を背負うことになった本地アナです。
SSCN6787.jpg
 今回は、ぎふチャンラジオパーソナリティの昔の写真がありまして、現在との対照を楽しむコーナーがありました。
SSCN6788.jpg
 やはり、注目はこちら。何十年前の写真でしょうか。お変わりありませんね。本地アナ
SSCN6789.jpg
 「月金ラジオ」相方(実質的なメインパーソナリティ)の吉田早苗さん。この頃から前髪アップアップなのが印象的でした。
SSCN6790.jpg
 以前「月金ラジオ」金曜日の担当だった伴良一さんを囲んでライブ前のスリーショット。
SSCN6791.jpg
 そして、大詰め。「ぎふチャン音頭」の準備。踊り子さんがステージ上に登場です。平均年齢軽く60歳超えてます。ちなみに、来場者も平均年齢が軽く60歳超えてます。冗談抜きでぎふチャンのリスナーは濃いです。そして、マニアック。永遠のラジオ青年ばかりです。
SSCN6792.jpg
 昨年同様に、ビクターの民謡の先生を招いております。
SSCN6793.jpg
 さぁ、「ぎふチャン音頭」です。ラジオ生放送では1回でしたが会場では2回流れ、いずれも伴さんの生歌で行われました。この踊り、パーソナリティや踊り子さんに加え、一般人も乱入OK。昨年はイスを直前に撤去して踊りスペースを確保したことから一般人が踊りに参加したのですが、今年はイス撤去が無かったので参加者は少なめでした。

 「ぎふチャン音頭」といえば、昨年のラジオまつりで本地アナが参加していなかったことをスクープした弊ブログ。今年も当然、本地アナに注目しておりました。ちゃんと踊りに参加するのか。
 すると、衝撃の事実が判明しました。
SSCN6794.jpg
 本地アナに加え、昨年猛ツッコミをした早苗さんもぎふチャン音頭に参加していませんでした。しかも、ブログ用なのか何度も会場の撮影をされていました。総合司会という事情もあったのですが、踊り姿を見たかったです。来年こそ、頼みますよ!
SSCN6795.jpg
  今回のイベントでは、アンケートを記入。「ぎふチャンへの要望」という欄があったので、
・ポッドキャストによる番組のネット配信(曲部分は全面カットで良い)希望。
・名古屋方面への送信方式の改善希望(愛知県内で岐阜の情報に飢える岐阜県出身者が多い)。
・戸井康成さんのレギュラー復活希望。
などを書いてみました。
 次に厚紙を渡され、各ブースに掲示しているキーワードを並べると、番組パーソナリティのサイン入りクリアファイルが先着550名にプレゼント。さらに、各パーソナリティの直筆サインを集めてビンゴゲームを行い、揃うと豪華賞品がもらえるゲームを実施。
SSCN6800.jpg
 ブースや会場をフラフラしている各パーソナリティから、直筆サインをもらい集めます。
(左:竹内万理さん、右:西金之助さん)
 私はもちろん、あのお方のサインを頂きに上がりました!!
SSCN6801.jpg
 家宝とさせていただきます。
 確か肩書きはアナウンス部長なんですが現場主義を貫いており、おそらく最後までアナウンサーとしてラジオで全うされることでしょう。これからも、ウンチクやボヤキを聴かせてください。大ファンです。

「そんな思いがいたしました。(本地洋一風)」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント
暑(熱)かったでしょうね・・・。
「メ~テレ」のステーションネームが定着した名古屋テレビと同様に、岐阜放送も「ぎふチャン」の名前が浸透してきたようです。今回のラジオまつりも写真で見る限り盛況なようでありまして、良かった良かった。

>元々名古屋の有名家具店のスペースだったが、

名古屋駅の西側に本店があったあの家具店ですね。類似した名前の別の家具店は、今でも営業しておりますが。それはともかく、岐阜シティタワー43のテナントを含む岐阜駅前の様子はどうだったのでしょうか。最近岐阜市とはとんと御無沙汰しておりまして・・・。

>本地洋一さん

生まれも育ちも、そして今の居住地も名古屋だとは知りませんでした。長年名古屋から岐阜へ、せっせと通っていらっしゃるのですね。
こうしてみると、ぎふチャンのパーソナリティは意外と名古屋近辺から通っている方が多いようです。池戸陽平さんも私と同じ街に居住しているそうでして(昨日29日の番組で申しておりました)。
逆に吉村功さん(元東海テレビ)のように岐阜に家を構えて、その関係でぎふチャンで番組を持っている人もいます。今は亡き梅村勝彦さん(元東海ラジオ)もそうでした。

>名古屋ローカルタレント最後の砦

名古屋の放送局で番組を担当していたタレントが、ぎふチャンへ移っているケースが非常に多いですね。西さんも名古屋の番組を離れてぎふチャンで番組を持つようになってからかなり経ちました。
少し前までは、名古屋の放送局でもぎふチャンのような或る意味まったりした番組が多かったような気がしますが、今ではすっかりカラーが変わってしまったようでありまして、そういったカラーに馴染めない(!?)タレントは名古屋以外の放送局若しくはコミュニティFM局に活路を求めているのだと、私は見ております。

>名古屋方面への送信方式の改善希望

一宮とか犬山といった岐阜県境に住んでいる人ならいざ知らず、それより南のぎふチャンリスナーにとってはこれが問題であります。私の住んでいる街も岐阜県と境を接していますが、前述の街と違って川ではなく山を挟んでいますので、昼間は何とか聞けても夜間は雑音とか混信が激しくてぎふチャンの聴取は難しいです。
だからといって今更周波数の変更なんか出来ないでしょうから、ここはFM波によるサイマル放送をやってもいいかと思いますが、どうでしょうか。こちらの方が現実味があると思いますが、なんだかんだ言ってやらない可能性が高そうですな(CBCについても夜間の混信が酷いからやってもいいと思います)・・・。

>GBSのマーク

最近ぎふチャンのロゴが幅を利かせておりますので、この三色のマークを見るのは久しぶりです。今でもまだ使われているのですね。
【2010/08/30 19:09】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


http://kuchiwaza.blog73.fc2.com/blog-entry-1272.html
にまとめてみたのですが、出力よりも電波に指向性をもたせているのではないでしょうか。

岐阜放送が北北東に、和歌山放送が南南東に電波を指向すれば、お互い混信しにくいと考えるのですが。

CBCが35歳以下のリスナーがいないと危惧されてますが、こっちは60以上って、もっと心配になりますが。
【2010/09/04 18:43】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

Re: 暑(熱)かったでしょうね・・・。
「ぎふチャンラジオまつり」の来場数は約500名。イベント自体はこじんまりとしていますが、内容的には濃いイベントでした。

>ぎふチャンのパーソナリティは意外と名古屋近辺から通っている方が多いようです。
 本地さんの他に吉田早苗さんも「名古屋の田園調布」ことM区から通っています。

>吉村功さん(元東海テレビ)
 唯一の逆パターンですね。定年退職後東海テレビの関連会社に所属していましたが、すぐに離れたようで今は岐阜で幅広いスポーツ取材を続けておられます。

>名古屋の放送局で番組を担当していたタレントが、ぎふチャンへ移っている
 かつては岐阜放送は育成の場で、ここから各局へ移るタレントさんが多かったですが、在名局が東京・関西のタレントを重視するようになってから、おかしくなってしまいました。ぎふチャンも枠が限られていますから、枠には入れなったタレントは路頭に迷っている状況ですね。

>名古屋以外の放送局若しくはコミュニティFM局に活路を求めている
 コミュニティFMが名古屋では定着しなかったことが致命的で、この枠も前途は厳しそうですね。名古屋の某局では、新間ちゃんが辛うじて首がつながっている程度です。

>昼間は何とか聞けても夜間は雑音とか混信が激しくてぎふチャンの聴取は難しいです。
>だからといって今更周波数の変更なんか出来ないでしょうから、ここはFM波によるサイマル放送をやっても>いいかと思いますが
 この件については、ラジオファンが各自で持論を展開していますね。なかにはひどい妄想もあって、「GBSが639kHzを狙っていたが、CBCに持って行かれた」とか根拠無き噂が各地で駆け巡っています。私も持論があるので、機会があったら書いてみたいと思っています。
【2010/09/05 01:10】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

電波の有効利用
>岐阜放送が北北東に、和歌山放送が南南東に電波を指向すれば、お互い混信しにくいと考えるのですが。
 和歌山は知りませんが、岐阜はかつて北方角に志向性を持たせていたという話を聞いたことがあります。あと、愛知県内では山陰放送鳥取局の指向性送信がかなり飛んでいますね。
 この問題は1970年代の電波行政の失敗例なんです。ラジオ創成期の1950~60年代、昼間1kw、夜間500wという具合に出力については厳格に規制がなされていました。放送エリア内だけをカバーするためには有効な手段でしたが、難聴エリアが多いのは事実でした。しかし、中継局を乱立させる余裕のない放送局も多いことから、親局の出力を上げて最大公約数的な解決を見出したのが、1970年代に行われたラジオ局の出力増強です。
 特に岐阜と和歌山は増力で混信することが明白だったにもかかわらず、地形など地域事情を考慮せずに一元的に決めてしまったことが混信問題を引き起こしているわけです。これを解消するのは指向性でも増力でも周波数変更でもなく、出力の減力化じゃないかと思うのです。たとえば岐阜の場合、送信所から北へ10km先は山でぶつかってしまうところもあります。つまり、5kw送信する必要性がないのです。和歌山だって、橋本・高野山の中継局があるのですから、5kw送信の必要性はあまり感じられません。親局をそこそこに抑え、中継局でカバーする体制を組む方がエリア内の難聴を抑える効果が高い気がします。

> CBCが35歳以下のリスナーがいないと危惧されてますが、こっちは60以上って、もっと心配になりますが。
 CBCと異なり、こちらはラジオ難民が集まる方なので、当面は安泰かと思われます。ただ若年層は戻ってこないでしょうね。
【2010/09/11 17:00】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

それ、もっと考えて貰いたいです。<電波の有効利用
>広隆堂さん

>1970年代の電波行政の失敗例

行政に携わっているおエライさんについて言うならば、ぶっちゃけ文系の人が幅を利かせており、理系の、それも電波工学を修得した人は隅の方に追いやられているんじゃないでしょうかねぇ。

>岐阜と和歌山は増力で混信することが明白だったにもかかわらず

それどころか鳥取からも電波が飛んでくる始末ですからねぇ。ぎふチャン本局とWBS本局がそれぞれ5kwでBSS鳥取局は1kwですか。それぞれ夜間は1kwと500wくらいにするのが丁度良いかもしれませんね。
「昼間1kw、夜間500w」の話については、初めて知りました。有難うございます。

>最大公約数的な解決

これこそ手抜きの極致なり。
「親局をそこそこに抑え、中継局でカバーする体制を組む」やり方こそ正論だと思いますが、それではカネがかかるので出力増強という手段に出たのでしょうな。
このやり方で行くなら、例えばぎふチャンの場合、岐阜の本局を1kwに減力する代わりに関とか郡上八幡に(何故かここには民放の中継局はRadio80しか無い)中継局を設置するという事が出来る筈です。WBSなら和歌山の本局を1kwに減力すれば十分かもしれません。

でも、そのやり方で岐阜県内はともかく、愛知県とか三重県でぎふチャンを混信無く聴く事が本当にできるのだろうか?WBSやBSSとの混信が無くなる代わりに殆ど聞こえなくなるって事になっては何にもならないですからね・・・。
一度試してみるべきだと思います。
【2010/09/11 22:09】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: それ、もっと考えて貰いたいです。<電波の有効利用
>「昼間1kw、夜間500w」の話
 社史を見ると載っていますよ。ちなみに東海ラジオの社史で知りました。つボイノリオ氏の著書によると、1kw時代は一宮でも受信が厳しかったそうです。もし、減力するなら、岐阜・和歌山共に3kw、鳥取は500wが理想的じゃないかと思います。

>ぎふチャンの場合、岐阜の本局を1kwに減力する代わりに関とか郡上八幡に中継局を設置する

 いかに県内の難聴地域を無くすかが課題ですね。私が知る限り、
・国道156号沿線:郡上市全域、白川村
・国道41号沿線:川辺町~下呂市焼石、及び隣接する白川町・東白川村
・飛騨地方:下呂市~高山市~飛騨市神岡の国道41号沿い以外の地域。
・その他:瑞浪市、恵那市山岡・明智
あたりはかすりもしませんね。最低でも郡上ぐらいは設置すべきです。

 実は岐阜放送、昭和40年代に多治見と郡上八幡にラジオ中継所を設置したいということを、杉山社長(当時)がなぜか岐阜市議会で述べている資料が岐阜市史に残されています。ですから、これはすでに40年越しの話なんです。
 中継局設置には少し前まで国から補助金が出ていたようで、東海管内でも静岡放送が水窪・佐久間など現在の浜松市天竜区の旧町村エリアにラジオ中継局を複数設置した前例があります。岐阜放送でも神岡局は補助金を使って設置したそうです。でも、その後が無く県内に難聴エリアが相当数残っています。「県内、県内」が口癖なのにカバーできない矛盾です。

>そのやり方で岐阜県内はともかく、愛知県とか三重県でぎふチャンを混信無く聴く事が本当にできるのだろうか?
 正直、このリスクは生じます。減力すれば名古屋での受信は困難を極めることでしょう。
 今の岐阜放送は初代岐阜放送が東海ラジオに吸収されてしまった背景から、東海ラジオ及びCBCの傘の下で生きていくことを前提とされているので、いかに県域局として電波を上手に飛ばすかという技が求められたのですが、残念ながらこの局には優秀な技術屋さんがいなかったようです。
 手っ取り早い手がアース線です。CBC岐阜局の電波が飛ぶのもアース線のおかげです。ところが、今の曽我屋送信所は沼地であったのに、圃場整備で干上がってしまったという説があります。したがって、事情の良いエリアへ移設しかないと思います。財政的な余裕は全くないと思いますが。
 岐阜の局はすべて送信位置が悪いです。もしできるなら、岐阜放送テレビ・岐阜FMは揖斐郡池田町の池田山、岐阜放送ラジオは揖斐郡大野町下座倉(揖斐川・根尾川合流点)が理想的だと思います。
【2010/09/23 10:33】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

いつになったら全県カバーできるんだ?
>広隆堂さん

>1kw時代は一宮でも受信が厳しかったそうです。
そうですか。木曽川を越えただけでこうなるとはね。
やっぱり3kwくらいになると丁度いいかもしれません。

>いかに県内の難聴地域を無くすか
郡上八幡へ観光に行く際はいつも国道156号を利用しますが(東海北陸道なんて通行料金が高くて使う気になれん)、美濃市を過ぎると東海ラジオでさえまともに聞けませんので、ぎふチャンなら尚更です。
瑞浪市というのは意外です。南部の陶地区とか北部の日吉地区なら分かりますが、中心部もダメなのか。多治見と恵那の両送信所の丁度中間地点に当たりますが、意外な落とし穴があったようです・・・。これは白川町・東白川村についても同様です。
やはり最低でも郡上八幡に中継局を設置すべきですね。そしてその際には白川町と白川村の方面に指向性を持たせれば、と思います。

>なぜか岐阜市議会で述べている
???
普通述べるなら岐阜議会でしょうが。まさか、県議会では埒が明かないから市議会に諮ったんじゃないでしょうね。

>SBSの中継局
補助金を上手に利用して設置しましたが、それでも難聴地域が結構あります(静岡市の南アルプス山中の地域とか伊豆半島南部方面とか。下田にSBSラジオの中継局が無いというのも不思議だ)。

>東海ラジオ及びCBCの傘の下で生きていくこと
首都圏内の東京以外にあるラジオ局、及び近畿圏内の大阪以外にあるラジオ局に比べると、ぎふチャンはこういったハンデを背負っています。もしラジオ東海(=初代岐阜放送)や近畿東海放送が名古屋に「奪われる」なんて事が無ければ、こんな目に遭わなくても良かった訳でして・・・。そうなれば、東海地方のラジオ業界も今とは全く別の展開を見せていたでしょう。

>財政的な余裕は全くない
局舎移転とかテレビの地デジ対応とかで、カネ使っちまったからなぁ・・・。

>池田山・下座倉
上加納山とか曽我屋よりもこちらの方がよっぽど良いでしょうが、そうすると名古屋の放送局が黙っちゃいませんからねぇ・・・。

こうやって書いてみて思った事。

何かにつけてぎふチャンは政治力といいますか、交渉能力が弱い。
もうちょっと上手く立ち回れないものか、と感じました。
【2010/09/26 21:58】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/759-3da219ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)