名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

デパートでの地酒めぐり(京都編)
 日本酒にハマってからは、地方へ行きますと酒蔵や酒屋さんを巡りたいのですが、土地勘も時間も無い。そういう時に便利なのがデパートです。デパートの酒売り場の力の入れ方は、同時に百貨店が地域に根差しているかどうかのバロメーターだったりします。
 京都へ行く際も、デパートを訪ねました。



 必ず地元のお酒が並んでいるので、聞いたことの無い銘柄との出会いが旅の思い出をより濃いものにしてくれます。


 こんな銘柄も「ハンチョウ」って、TBSで流れていたドラマのタイトルじゃないですか。しかも、ロゴも同じ。版権とか大丈夫なの?ラベルを見ると「佐々木酒造」の名が。これで点と点がつながりました。京都市内にある佐々木酒造は俳優の佐々木蔵之介さんの実家なんですね。酒が情報を伝えてくれました。
佐々木酒造公式サイト:http://jurakudai.com/web/index.html

 ちなみに、京都の百貨店の日本酒充実度ランキング。
1位:伊勢丹
2位:大丸
3位:高島屋
 伊勢丹は立地的に電車(特に新幹線利用者)向けなのか小瓶の日本酒(地酒)の揃えが良く、しかも冷えていたのがポイント。後発店故に強みを発揮している。大丸も品ぞろえでは伊勢丹と変わりないが、通路がやや狭く落ち着いて見られなかったのが惜しい。「京都銘酒」コーナーが良い。1位と2位は僅差。
 高島屋は上位2つに比べるとやや劣る。売り場が狭いのに、1升瓶中心のラインナップ。内容はパッとしませんが、試飲のオバちゃんがしこたま飲ませてくれたので1本お買い上げとなりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

近所の大型酒店に「聚楽第」という酒があって、昔から何も考えずに飲んでました。それが佐々木酒造のメインレーベルだと知らずに。

あそこの酒蔵、二条城の近くの予備校から図書館に行くために歩いているときにその脇を歩いていました。今は伏見以外の京都市(近年合併した旧京北町を除いて)では2~3軒しかない酒蔵だそうです。
それに、この正月にフジテレビの特番で島田紳助等がアポ無しで訪問していましたよ。
【2010/09/04 18:52】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

商魂逞しい
地方のデパートの日本酒売り場巡りですか。以前金沢へ旅行に行った折にも、地元の某デパートの地下に売り場がありまして、その品揃えの豊富さに圧倒されました。こちらも金沢市近郊の鶴来が酒処として有名だそうでして、そこの酒を買って美味しく戴いた事があります。

>伊勢丹・大丸・高島屋

やっぱりそうなりますよね。それにしても試飲のオバちゃんが客に呑ませる姿、目に浮かびます。これくらい商魂が逞しくなければおまへんわ。

>佐々木酒造

佐々木蔵之介さんの実家が造り酒屋であるという事は知っていましたが、まさか酒宴、じゃなかった主演ドラマのタイトルを日本酒の銘柄にして売り出すとは、恐れ入りました。しかもHPを見ると、「戦国BASARA弐」のロゴ入りの「聚楽第」まであるとか・・・。
いやはや何と商売上手な事か。そういや聚楽第は太閤秀吉の邸宅でしたっけ。
【2010/09/05 21:41】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/761-8bd941d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)