名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はやぶさ帰還カプセル」in名古屋
 今年、日本を感動の渦に巻き込んだ小惑星探査機「はやぶさ」。その帰還カプセルが名古屋で展示公開されるということで、10月14日に名古屋市科学館へ急行しました。
SSCN7165.jpg
 観覧には入場整理券が必要ということで、なんとか午前中の券を手に入れようと気合入れて行きましたが、名古屋市科学館へ向かう市バス車内で東海ラジオ「源石和輝モルゲン!!」を聴いていると、中継に出かけた福本アナが「8時過ぎで行列は50名」と報告。予想以上の少なさに拍子抜けする。名古屋人はイベントの出足が極端に悪いのはお家芸。土日は激混み必至と思い、敢えて初日を選んで正解でした。
SSCN7152.jpg
 8:20、現地到着。行列の人数を数えながら最後尾に急ぎます。
SSCN7153.jpg
 私も136番目に並びます。午前中の入場整理券を間違いなく手に入る位置につき、ほっと一息。
RSCN7154_convert_20101016025451.jpg
 行列の先頭には東海ラジオの福本アナ(マイク持った白シャツの人)が取材中。ちなみに、今回の取材は東海ラジオが一番乗り。続いてメ~テレ・テレビ愛知と続きました。
RSCN7157_convert_20101016025612.jpg
 現着が遅れたCBCは9時近くになって、慌てて収録を始めました。あっ、中西さんだ。こういう収録って、1発勝負かと思いきや、リハーサルがあるようで、リハーサル→本番という感じでCBCはサッサと済ませていました。
SSCN7155.jpg
 9時になって、入場整理券の配布が始まりました。整理券は金庫に入っていました。結構厳重ですね。
SSCN7156.jpg
 無事に開館直後の9:30分からの入場整理券をゲット!!
SSCN7158.jpg
 定刻の9:30に科学館が開館。少しずつ館内に入場します。しかし、1回の入場数が多いため、しばしば入場規制がかかり、「はやぶさ帰還カプセル」との御対面には10分ほどかかりました。
 カプセルの予想以上の小ささに驚き。大気圏突入時の猛烈な抵抗を受けながらカプセルの外観は焼けただれることも無く、磨かれたのかと思うほどきれいだったのは驚きでした。7年間60億kmもの壮大な旅から戻って来た最高技術の結晶と帰還までの感動のドラマ、そして、未知なる新物質の発見(?)が詰まっているかと思うと感慨無量でした。
 カプセルを見た後に地下2階で「はやぶさ」の記録VTRの放映を見ました。「はやぶさ」からカプセルが切り離され、大気圏突入で光となって消えていく「はやぶさ」本体を尻目に地球へ戻っていくカプセル。「はやぶさ!おかえり!ヒューヒュー!!」と叫ぶJAXA職員の言葉に感動しました。
SSCN7159.jpg
 「はやぶさ」記念グッズも大量にあり、こちらも盛況でした。しかし驚いたのは、館外に出てみると行列が無い。どうして?平日とはいえ、この盛り上がりの無さは正直ショックでした。きっと、土日はこの反動ですごいことになると思います。
 「はやぶさ帰還カプセル」を見て歴史の証人になりませんか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/791-f84c5f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。