名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADIO-iが消えてから2
 いつも、当たり前の様にあった放送局・RADIO-i(愛知国際放送)を失って1ヶ月が経過しました。少し思うことを少々。

 元IJの皆さんは次の一歩を踏み出しているようで、実績を評価され西三河地方のコミュニティFMで番組を始められた方も見えます。ただ、懸念された通り、リスナー側には「ラジオ難民」が発生し、ZIPやFMAに移ることなく、コミュニティFMやネットラジオ、遥か比叡山や生駒山にアンテナを向けた人、録音した番組をリピートし続ける人など、それぞれの模索が続いているようです。私も平日(水~金曜)深夜1時以降や、日曜夕方6時~夜10時頃まで時間限定のラジオ難民です。名古屋のコミュニティFM・MID-FM(76.1MHz)を時折聴くようになりましたが、深夜の音楽垂れ流しもやはり物足らないんですよ。この局もこれだけ注目を集めたのは、中村区のシャナナ時代を含めて初めてじゃないでしょうか?なんせ、新間ちゃんが出てるミニFMとして、極々僅かのラジオマニアに知られる程度で、名古屋市民ですら認知度が極めて低い放送局だったのですから。

 ところで、RADIO-iについての草の根運動があったことをご存知ですか? これは一部TVでも報道されましたが、放送終了10日前からネット上で署名活動も行われていました。ちなみに中日新聞は取材こそ行ったものの、肝心のネタを飛ばしてしまったとの噂。
https://ssl26.heteml.jp/clcserver/radio795/
 タイミング自体はやや遅すぎる感はありましたが、それでも千人ほどの署名が集まったようで、東海電気通信監理局に提出するとか。ただ、私は署名に参加しませんでした。個人情報云々じゃなくて、その方向性に疑問を持ったためです。
 サイト上には「免許返上に関しご再考願いたく」とありますが、免許を有する会社が興和の手にある以上、興和のさじ加減で何とでもなってしまうのです。興和が会社を清算をする方針である以上、これに変更させるのは容易じゃありません。今回の放送終了についても、お上と興和との間で一定の妥協点に至ったから終わらせることができたわけです。したがって、この路線を修正させること自体が大変なのですが、やるのなら東海電気通信監理局に興和から返上された免許を「一時預かり」としてもらった上で、継承を名乗り出た企業への譲渡を円滑に進める仲介人としての役割を担ってもらう方針転換しか期待できないのですが、署名側の文章を読む限り、そこまでの言及がなされていなかった(あくまで私の解釈ですが)ので保留した次第です。

 後継となるインターネットラジオ局「RADIO-iSCAPE」については、以前、弊ブログでも取り上げました。一部有志が機材を譲り受け、音楽を大事にする姿勢・コンセプトを継承するインターネットラジオ局で、DJを置かず、著作権の関係からイージーリスニング曲を中心に流し、インタビューなどはスタッフが聞き役になって進めていく計画とのこと。でも、それでは「RADIO-iらしさ」の継承ではないと懸念した通り話題になりません。
 個人スポンサーを募ったのは良いですが、「月額 2万円(税別)」では敷居が高くて集まらないでしょうね。出資者の特典として、

・放送の中のフラッシュコンテンツであなたの作品や発信したいものを御紹介します。(3~5回/日)
・あなたの活動(創作活動・個展・ライブ告知)を放送でアピールしていただけます。(1回/日)
・スポンサー様にはゲスト出演権がございます。(1回/月)

【ここまで、「RADIO-iSCAPE」(http://www.radio-iscape.jp)より抜粋】

 を挙げていますが、多くの個人出資者は個人名や番組出演を望んでいないと思うのです。純粋に番組と局を応援するだけなんです。1口株主方式で徹底的に敷居を低く、間口を広くしなければならないというのに、月額2万は個人はおろか、法人でも渋られてしまうかと思います。最終的に問われるのは営業力と事務能力。結果は後から付いてくるはずです。敷居を下げて、もっと動かないといけません。仮に月3,000円なら7軒集めたらいいわけで、この程度だったら出資者も集めやすいはずです。機動力がモノをいいます。

 一方、残ったZIPとFMAの10月改編にはガッカリでした。少しぐらい枠を用意するかと思いきや、その配慮はありませんでした。両局とも余裕が無いのでしょうが、6月の中日新聞報道で「仲間」なんて言葉を残しながら、それは建前だったということが証明されてしましました。
 例えば、ZIPなら病気療養中の鉄平さんの代打ぐらい、IJから起用しても良かったのではないでしょうか。

 これは名古屋の特殊事情の様ですが、かつてのミッキー安川さんの様に番組ではなく、パーソナリティ自身にスポンサーを付ける人が現れ、リスナーよりスポンサーばかり見ているパーソナリティも増えています。確かにスポンサーを引きつける営業力は大したものですが、パーソナリティ性の伸びシロが頭打ちで、近頃はボケも切れが無く、グダグダで単にやかましいだけの放送をしている某パーソナリティは、その能力で辛うじて番組を確保している状況との噂。そこまでして枠を確保するぐらいなら、各番組のクオリティを上げてからにしろよと言いたいです。ラジオ冬の時代は、今後更に厳しくなることでしょう。

 今後も何かあれば、書いてみたいと思います。あちこちに寄り道する、まとまりのない文章ですみません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント
あれから1ヶ月余り。
>「ラジオ難民」
まあ意地でもZIPやFMAに移るというのは「禁じ手」でしょう。だから、コミュニティFMやネットラジオに移るというのは私も同感です。
比叡山や生駒山にアンテナを向けるというのは、自分の持っているラジオのそれか、若しくはFM用のアンテナを接続して聴取しているという事なのでしょう。FM用アンテナでなくても、地デジ対応化で不要になったVHFアンテナを使ってもOKです(私は以前不要になった室内用のテレビアンテナを接続してFM放送を聴取した事があります)。それどころか、カーラジオでも場所によっては比叡山や生駒山から送信しているFM局が聴けたりもします。
そうでもして「居場所」を見つけないと、やっていられませんでしょうね。

>MID-FM
名古屋市民ですら認知度が極めて低いというのは、市民に役立つ情報をあまり流していないというのが一因だと思います。新間ちゃんの番組の中で東区の区役所や警察署の情報を流すコーナーがありますが、どうせなら市内16区に拡大してやれないものでしょうか(新間ちゃんの番組と限らず)。或いは名古屋市政の情報を流すなど、地域に密着した姿勢があっても良かろうと思うのですが。
名古屋という場所は、兎に角既存の民放局の勢力が強く、コミュニティFM局のやりにくい地域だと思います。FM DANVOはもうありませんし、MID-FMだってシャナナFMをリニューアルしたものでありますし。

>新間ちゃん
今でも元気でやっとりゃあすでなも。安心したわぁ。
昔の「ラジオ朝市」時代に比べると、やはり歳をとったせいか往年の勢いはありませんが、それでも名古屋弁とドラゴンズ愛は全く変わっておりません。
アシスタントに、「ラジオ朝市」時代にアシスタントを務めていたザ・ドーナッツが出ているというのも嬉しいですね。それぞれ結婚して家庭を持っているというのもあって、どちらか一方が出演している事が多いですけど。その当時大島康徳選手の応援歌をリリースしていたそうですが、もう一回ドラゴンズ選手の応援歌を出してみてはどうでしょうかねぇ。同姓の大島洋平でもいいけど、ここは一つブーちゃんでいくというのは如何かな(だって、こちらの方がしっくり来るんだもんw)。

>草の根運動&個人スポンサー
どちらも、もう少しやり方を考えろっていう感じです。詰めの甘さがモロに出ているように感じます。これではRADIO-iが浮かばれませんゾ。

>残ったZIPとFMAの10月改編にはガッカリでした
どうせそんなモノです。「やっぱりそうか。」としか思っておりません。

>今後も何かあれば、書いてみたいと思います。
>あちこちに寄り道する、まとまりのない文章ですみません。
いえいえ、寄り道大歓迎です。お気にになさらないで下さいませ。
(それじゃ先日の私の脱線してきた云々は何なんだ?矛盾しとるなw)
これからもRADIO-iの件については、腑に落ちるまでトコトン追求していって貰いたいです。私も、この件について未だに不快感が残っておりますので。
【2010/11/04 23:00】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


>比叡山や生駒山にアンテナを向けた人
そこはテレビのアンテナです。ラジオ関西は淡路島、KBSは京滋バイパス沿いの久御山町(おかけで伏見区~京田辺市はMBSが混信します:場内FMで再送信しますが、京都競馬場ではCBCの競馬中継の方がはるかにクリアーです)、他は信太山あたりに送信所があったはずです。詳細はういきぺでぃあで。

>免許を有する会社が興和の手にある以上、興和のさじ加減で何とでもなってしまうのです。興和が会社を清算をする方針である以上、これに変更させるのは容易じゃありません。
私はここまで興和がもたせてくれたことに感謝すべきだと思いますよ。さっさと逃げ出した中日新聞や地元財界こそA級戦犯では。

>ミッキー安川さんの様に番組ではなく、パーソナリティ自身にスポンサーを付ける人が現れ
彼自身が番組枠を買っていたのではないでしょうか。ここまでして何故に読売新聞はラジオ局を持とうとしたのでしょうか。

>近頃はボケも切れが無く、グダグダで単にやかましいだけの放送をしている某パーソナリティ
3日に自己満足放送をやった八事の出っ歯でしょうか。ちやほやだけする名古屋のラジオリスナー自体が問題だわ。まあ、局の人間は大枚もらってるから思考回路が麻痺してるけど。
【2010/11/05 17:33】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

ラジオ難民
>massanさん
>ZIPやFMAに移るというのは「禁じ手」
 そう思っている人もいるでしょうね。元々、FMA→ZIP→RADIO-iと流れてきたリスナーが多いのですから。他局へ流れる原因は既存局への不満があるからであって、今更戻れないリスナーもいたでしょう。

>名古屋という場所は、兎に角既存の民放局の勢力が強く、コミュニティFM局のやりにくい地域
 これは名古屋の弱点でもありますが、地域住民の連携が希薄なんですよね。逆にこれがドライで良いという人もいますが。コミュニティツールを作り・育てる風土がなかなかできない土地です。名古屋の場合、コミュニティFMが地域情報よりも前に、タウン誌発行企業による対立構造でもあったこともその背景にあるかと思います。

>くっち~さん
>そこはテレビのアンテナです。
 FMリスナーの動きの話で、αやCOCOLOの話です。FMリスナーがAMにはなかなか移動しませんよ。

>さっさと逃げ出した中日新聞や地元財界こそA級戦犯では。
 この辺りのやり取りには大変興味がありますが、根拠無き発言は問題となりますので、コメントは差し控えます。ただ、興和が万策尽きた結果の廃局とは思えないんです。どちらかと言えば計画的?

>八事の出っ歯でしょうか。
 その方ではないですね。最近は休日特集は聴かなくなっています。
【2010/11/05 23:23】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

横レス失礼します。
>くっち~さん
>詳細はういきぺでぃあで。
CRKの淡路島、KBSの久御山町はともかく、信太山に送信所は無かったと思います。大阪のAM局は堺・高石両市あたりに固まっていて、信太山のある和泉市からは若干北寄りにあります(間違っていたらごめんなさい)。

>何故に読売新聞はラジオ局を持とうとしたのでしょうか。
単にライバル紙に負けたくなかったからだと思います。朝日・毎日はおろか、産經や日経もラジオ局を持っているのだから讀賣も、という事でしょう。RFも「ジャイアンツLOVE」の放送局ですから尚更です。

>広隆堂さん
>名古屋の弱点
東京や大阪は名古屋とは逆にウェットですから、これはこれで良かったりもします。だから、「コミュニティツールを作り・育てる風土」が成立しやすいのでしょう。

>タウン誌発行企業による対立構造
旧DANVOも旧シャナナもタウン誌がバックについておりました。だから、これがこの不毛な状況に繋がっているのです。リスナーにとっては不幸な状況ですね。

>ただ、興和が万策尽きた結果の廃局とは思えないんです。どちらかと言えば計画的?
全く同感です。所謂「計画倒産」ってヤツですか。
【2010/11/07 14:05】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/798-9db37754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。