名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市議会リコール署名縦覧
 名古屋市議会リコール署名が、署名の有効・無効の判断で揺れています。私も署名しながら、疑問票扱いとなり調査票が贈られる始末で、振り回されてしまいました。私の署名が有効に処理されているか確認をすべく、11月28日に昭和区役所へ行ってきました。
20101130003019.jpg
 会場は区役所3階の総務課窓口前。応対してくれた職員は同じ建物にある保健所の職員。職員が交代で縦覧の応対を行っていた模様。
20101130003038_20101130012312.jpg
 まず、受付票に今日の日付・住所・氏名を記入します。
20101130003048.jpg
 すると、3ケタのナンバーリングを押したオレンジの紙を渡されました。番号札のようなものです。日曜日の夕方でしたが、800番台でした。
20101130003053.jpg
 奥で職員がゴソゴソと署名用紙を探しています。
20101130003057.jpg
 その間、イスに座って待っていると、「番号札@@@番の広●さん」って感じで呼ばれます。
 ちょっと待て。あのさぁ、番号札持たせながら、名前で呼ぶって番号札の意味無いじゃん!優秀な名古屋市職員殿!

 私が心配していた点は3点。
 まずは、住所表記の問題。東区では「東区矢田」を少し前までの「東区矢田町」と書いた人が無効になる事態が報告されています。年配の人が昔のままで書いて無効というケースが多いようです。習慣を変えるって結構大変なことです。郵便でも届くのに、これが無効と言うのはおかしな話です。
 次に代理署名の場合。選挙のお手伝いをしたことがありますが、高齢者を中心に字が書けない人に対して「代理」で候補者名を書いて投票するケースがあります。これは公職選挙法上では有効なんです。今回の署名でも寝た切りの人や高齢者の人など、署名が困難な人に対して代理署名した場合は無効扱いになっています。しかし、拇印は代理できないはずであり、選管は当事者を訪問してでも調べるべきなのですが、「俺がルールブック」という態度で、都合の悪い署名を排除してしまったのです。
 最後は戸籍・住民票・有権者名簿における「氏名表記」が旧字の人の件。私、名字は戸籍上旧字なんです。ところが、旧字は画数が多い上に若者を中心に読んでもらえないことから、常用漢字(略字)を日常では使っているんです。だから、本来「廣・澤・眞・濱」などと書かねばならないところ、つい「広・沢・真・浜」と書いたら有効となるのか、実はここを最も心配していました。私が心配していたのはここです。

 署名簿は私が書いた紙だけを抽出して持ってきました。幸いにも私の署名は「有効」。ホッとしました。ところで、今回の署名でなぜ私が疑問票扱いになったのか職員にただすと、署名欄の裏面を見せて「受任者の住所・氏名が未記入の為」と説明してくれました。
 受任者欄は署名者にはわからない位置にあります。自発的に確認できた署名者はいないと思います。また、受任者を信用していた人も多いはず。そもそも、署名する側も運動に賛同しているのだから、わざわざ受任者に向かって「アンタ本当に受任者かね?」なんて、アホな質問をする者はいません。

 今回のリコール署名が、ほんの些細な記載や選管の読み取り方で、ことごとく有効票が無効に追いやられています。こんな不公正な判定が横行するようでは、今後の署名制度の在り方が問われることになるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/820-525657c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。