名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝まで生ナゴヤ!
 混迷続く河村名古屋市長と名古屋市議会の問題。12月8日深夜にメ~テレが田原総一朗氏を司会に3時間の生討論番組を放送しました。正式なタイトルは『田原総一朗が斬る!河村ナゴヤを大討論』。完全に「朝まで生テレビ」のパクリです。
SSCN7711.jpg
出演者は以下の通り(敬称略)。
【名古屋市長】
河村たかし
【名古屋市議】
民主・鎌倉安男(守山区2期53歳)、自民・藤沢忠将(南区4期41歳)、
公明・金庭宜雄(守山区2期50歳)、共産・鷲野恵子(西区5期52歳)
【パネラー】
片山さつき(参院議員)、中田宏(元横浜市長)、鈴木望(NW河村市長/元磐田市長)
児玉克哉(三重大学教授)、坪井ゆづる(朝日新聞編集委員論説委員)
【司会】 
田原 総一朗
【進行】
星恭博 深津麻弓(メ~テレアナウンサー)
SSCN7713.jpg
 序盤は各論陣が意見を被せ合い、議論が成立しない無法地帯に。片山さつき吠え過ぎ。河村側を批判し過ぎ。鈴木氏にも攻撃を仕掛けるが、磐田市長時代に減税しなかった理由を鈴木氏は「市民は磐田で減税しても浜松で消費してしまう。」と発言。田原がこれに同意していたものの、減税効果は経済の活性化であって地域内商店の赤字補てんではないはず。商業対策は商店主の問題であって、商売にまで行政が加担する必要は基本的にない。それなら地域振興券で良いはずなのであって、減税を募金に回せと言った河村市長同様、やはり減税の先についてのノープランぶりを露呈。
SSCN7712.jpg
 更に市議会リコール署名の集め方など、もう終わった話を延々と議論する状態にイライラ感が募り始めました。署名はもう終わったもの。そんな方法論の議論は当面名古屋では必要ない議論です。
SSCN7716.jpg
 そもそも今回の番組では、中央のジャーナリストに名古屋の現状が理解できているのかという疑問があり、中田宏さんの説明があって、ようやく収拾する状況でした。中田さんが熊本でのテレビ収録の為3時過ぎに退場したのは残念(熊本の仕事の方が先約で、伊丹空港までクルマ移動とのこと)。
SSCN7714.jpg
 今回の討論では、市議がこれまでの報道や世論などから一気に反論するものと思われていましたが、正直がっかりでした。番組開始直後から民主・共産の両市議が反論を繰り返しますが、その内容のひどいこと。
 民主市議は、「名古屋版事業仕分け」を提案しながら市長が否決したと散々批判しながら、「事業仕分けの試算はまだ実施していない」と発言し、パネラーがドン引き。
 共産市議は議員報酬半減について、「第3者機関を通じて議員報酬800万を含めて協議する」と発言。しかし、これは時間稼ぎして議員報酬を確保したいだけだろう。そもそも、第3者機関も結局は選管同様、ご都合機関にするつもりじゃない? 更に多選批判についても「仕事ができれば良い」と発言。ドン引きでした。
SSCN7715.jpg
 自民・公明の市議は放送開始後1時間、一言も発言が無い始末。日当稼ぎか?と思わせるダメっぷリ。自民市議は後半、少し頑張っていましたが。少しカラ回り気味でした。
 公明市議については、番組スタッフからカンペでも出たのでしょうか。1時間15分後に田原に「何か言いたい?」と振られて初めて口を開きました。公明市議の時だけ外野のヤジが無かったのはカンペのおかげか?と勘繰りたくなるほどの内容。更に職業議員であることも告白しドン引き。
 名古屋市議の連中は、オール与党体制のぬるま湯につかっていたので、普段から議論したことが無いのでしょう。あまりの体たらくぶりに仕事してない給料泥棒って言われても仕方ないレベルでした。眠たいのに出てやっている程度の意識だったのでしょうか。せめて、番組に出るのなら議論のやり方くらい勉強しとけよ。
SSCN7717.jpg
 そして、河村市長も後半は防戦一方のグダグダでした。どうして、予算を決める大事な2月に選挙しなきゃいけないのか。絶対に避けられない質問だというのにまともに答えられないのは大変残念でした。河村さんがいけないのは、ノープランじゃないかと思われる部分が多過ぎることです。今回の出直し選挙やグダグダになってしまった地域委員会など、言い出すだけ言って中身はスカスカどころか実質白紙状態というケースが多すぎます。これでは揉めるだけで事業が進行して行かないのです。
 河村市長、最後の一言は「市民革命やったるでよう!」でした。ただ、今後も口だけならオオカミ少年ならぬオオカミ中年として逆風が吹いてしまうことでしょう。そろそろ、ちゃんとやってくれ!頼みますよ!
 結構、大事な時期にこんな特番をぶち上げたメ~テレ、よく頑張りましたね。
 まずは取り急ぎ、速報でお伝えしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
オール野党体制
結局の所、地方自治は与党も野党もみんな一緒、そこに河村名古屋市長とか田中元長野県知事のような従来のやり方とは一線を画した考え方を持つ人が首長になると、その構図がクッキリと浮かび上がってきます。
こんな体たらくの連中が名古屋市政を牛耳っているとは、何たる事か。これで名古屋市民が覚醒しなければ、いよいよお終いだわな。
市長も市長で、まぁちぃーと頑張ってもらわなあかんわぁ。頼むでよぉ。

>メ~テレ、よく頑張りましたね。
他のテレ朝系列各局でも、この手のパロディ企画ってありましたでしょうか。もしそういう企画があったら、田原氏はその度に出演するのでしょうね・・・。
【2010/12/19 18:48】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: オール野党体制
 名古屋市長選挙は石田さんの出馬で混迷の度合いが強くなりました。選挙区(愛知6区)を放棄してまで市長選に挑むべきなのか。国政での実績も道半ばで放棄することについて、犬山・小牧・春日井などの選挙区有権者に対する配慮があったのか、後継者はいるのか?(民主党では選挙区にマルチでこけて、昨年の参院選で落選したた元職がいますが)もし補選で自民に取られたらどうするのか?疑問が多すぎです。
 ノープランの多い河村さんも問題ですが、名古屋と縁のない石田さんが名古屋市長として何がしたいのか、方向性がどちらもブレてるんですよね。民主党市議団や愛知県連の混迷ぶりは、今回の選挙では致命的だと思いますが。

>他のテレ朝系列各局でも、この手のパロディ企画ってありましたでしょうか。
 私はよく知りません。ただ、局アナやお抱えコメンテーターの安易な司会起用は、選挙結果によっては今後の取材などで支障をきたすリスクがあると考えているようで、中央から論客を呼ぶのは単なる箔付けではなく、リスクヘッジという側面もあるようです。
【2010/12/25 04:06】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/827-419447cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。