名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「manaca」考1
 公共交通のICカード化が遅れた名古屋でも、ようやく来年2月11日より名古屋市交通局、名鉄などで「manaca」が使えるようになります。ところが、交通局と名鉄の発表には明らかな明暗が見られました。そこで、現時点での情報を元にその内容を分析してみることにします。今回は名古屋市交通局編です。

 現在の「ユリカ」では、2,000円及び3,000円券で10%、5,000円券で12%のプレミアが付いています。
 manacaでは、1ヶ月における市バス・地下鉄の利用金額合計によって、プレミアに代わるマイレージポイント率が変動するのが最大の特徴です。 その内容を表でまとめてみました。
大人用小児用ポイント還元率
2000円以上5,000円未満1,000円以上2500円未満10%
5,000円以上10,000円未満2,500円以上5,000円未満12%
10,000円以上15,000円未満5,000円以上7,500円未満12.5%
15,000円以上7,500円以上13%

(注意)利用金額合計は1,000円(小児用及び割引用は500円)単位とし、1,000円(小児用及び割引用は500円)未満の端数は切り捨て。

 名古屋市交通局の場合、特に地下鉄の定期券は割引率が低いことから、定期券の代わりにユリカを利用している人がいます。このような利用形態(1区特割きっぷを利用しない)の場合、月平均20往復利用したとしても従来の5,000円ユリカの割引率をそのまま引き継ぐことができるので、改悪にはならないとみられます。ただし、ユリカが購入時点でプレミアを保障されていたのに対し、manacaでは基準金額まで利用しないとポイントが承認されないうえ、利用金額の1,000円単位で下3桁は切り捨てという非情な足切りラインがあるので注意が必要です。
 また、月毎で利用実績を清算されることから、日が短い2月や盆と年末年始、更には長期休暇のある5月あたりは、この足切りラインで涙をのむ人が出てくるかもしれません。 例えば、1ヶ月の利用金額が4,800円の場合、下3ケタ切り捨てで4,000円でポイント換算されるので、ポイント還元率は10%(400円分)。確実に12%還元(600円分)であった従来に比べ、還元率は2/3にとどまってしまいます。

 manacaでは、従来の平日の昼間や土日祭日にプレミア率の高い昼間割引制度も継承されます。 地下鉄のユリカのプレミアとmanacaのポイント還元率は同じですが、市バスではmanacaのポイント還元率がユリカのプレミア(40%)に比べ改悪となりますが、代案としてユリカでは不可とされた乗り継ぎによる昼間割引運賃が適用されるようになるそうです。その内容についても表にまとめてみました。
区分大人用小児用ポイント還元率
市バス2,000円以上1,000円以上30%
地下鉄2,000円以上1,000円以上20%
 
(注)利用金額合計は1,000円(小児用及び割引用は500円)単位とし、1,000円(小児用及び割引用は500円)未満の端数は通常ポイント率の対象となる利用金額に合算します。また、利用金額合計が2,000円(小児用及び割引用は1,000円)未満の場合も同様。

「manaca」にはマイレージポイントが付きますが、これまで使われてきた「ユリカ」に比べ不利になることがある(名古屋市交通局の場合、名鉄の場合)と考えて良いかと思います。したがって、「ユリカ」などの従来からあるトランパス系カードを使い続けたほうがよいのかもしれません。現に、この情報が発表されてから、金券ショップで品薄状態になる店もあり、既に買い占めに入った人もいるようです。
 一応、ユリカ等のトランパス系カードの発売終了(積み増しを含む)は、「manaca」導入前日の来年2月10日ですが、2012年2月29日まで使うことができます。発売が終わってからも、約1年は使えますが、そこまで保管できるほどの保有は個人では難しいかと思います。
 交通局のポイント還元は、まだ許容範囲内かと思います。一方、名鉄は極端なまでの大改悪に入ってしまいました。その概要は別項で(続く)。

 (参考:名古屋市交通局ホームページ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/828-5861309b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。