名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

図書館広域利用縮小への動き
 図書館の話題を連投します。今回は悪いニュースです。
 自治体の財政難の影響が公立病院など医療分野や福祉の分野に影を落としつつあります。この動きは例外なく図書館にも及ぶようになって来ました。

市外の利用者貸し出し禁止

 茂原市八千代の市立図書館が、4月から貸し出しを市民と市内の在学、在勤者に限ることを決めた。同市周辺の長生郡には公立の図書室はあるが、規模の大きい図書館は同市にしかなく、市外からの利用者からは「地域の現状からぜひ、市外者への貸し出しを継続してほしい」との声が出ている。
 同図書館は1954年に開設され、蔵書数は約12万6千冊。これまでは市内外の居住を問わず、登録して図書館カードをつくれば、本を借りられた。県外の利用者もおり、出張で立ち寄った際にカードをつくったケースもあったという。
 貸し出しを制限する理由について、鎗田文雄館長は「図書の購入費も制限され、職員の削減もある中で、市民サービスを優先したい」と説明する。

引用元:http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000001101190001

 「図書館の本は自分の暮らす自治体の図書館しか借りられない」なんて話は、多くは思い込みや昔話です。隣町の図書館でも本が借りられる、このサービスを「広域利用制度」といい、東海地方の図書館でも随分普及している制度です。
 本の予約や購入リクエストができないなどの制約はありますが、本が借りられるというサービスは大変ありがたいものです。ところが、今回の千葉県の公立図書館のように、財政難などを理由として広域利用制度の廃止するケースは今後波及する可能性があります。
 この図書館の利用実態を詳細まで調べたわけではありませんが、多くの市町村立図書館の場合、他の自治体在住者が登録する比率は多くても2割弱で、貸出にまで至る数は更に少なくなりますから、他の自治体住民により地元住民が貸出サービスで弊害を受ける(=本が常に貸出中で借りられず予約が必要)ということは極めて稀です。
 私、「東海地方の図書館探訪」というサイトの作成を行って(最近は開店休業中)おり、東海地方の図書館のサービス比較を行っているのですが、図書館利用者登録で地元以外の住民で半数以上を占めたのは、愛知県の旧美和町(現あま市)の図書館が東海地方で唯一でした(現在は合併により半数以下になっていますが、依然高い数値をキープしています)。ただ、美和町図書館の書架がスカスカだったわけではなく、逆に懐の広い図書館であると評価しています。
 茂原市郊外の市町村の図書館整備が遅れていることを指摘するのも大切でしょうが、周辺地域からの往来も多い拠点都市の図書館でこのようなサービス縮小が行われるのは非常に残念です。悪しき前例とならないよう願うばかりです。こんな行為も地域の絆を断ち切る遠因となりかねないのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:図書館 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
25年ほど昔の話
京都市中央図書館は、市民、通勤通学者以外の貸し出しが禁止でした。
予備校に行っていると言って貸し出しカードを作ってもらいましたが。

その後どうなったかは知りません。
【2011/02/05 19:26】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

Re: 25年ほど昔の話
> 京都市中央図書館は、市民、通勤通学者以外の貸し出しが禁止でした。
> 予備校に行っていると言って貸し出しカードを作ってもらいましたが。

 京都市は数年前まで利用者カードを共通化しておらず、20数館ある図書館がそれぞれで貸出カードを発行しており、当時京都在住だった知人はコンプリートしようとしたそうです。
【2011/02/12 01:05】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


なにか寂しくなるような暗い話題ですね。
地方都市の些細なことのような気もしますが、根は深刻な事態ではと思います。
文化的な恩恵より、現実的なことのみ優先されるような国民が主流なのでしょう。
【2011/03/15 11:55】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/840-477fc339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)