名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

生活保護をめぐる報道と実態
DSCN7769_convert_20110917232209.jpg
 2011年9月16日、NHKスペシャルで「生活保護3兆円の衝撃」という特集が放映されました。
 本来、生活保護という制度は、病気や障害・高齢などが理由で働けない人の生活を守るための制度ですが、最近では就職難や解雇・派遣切りが多いために、まだ十分に働くことのできる世代の人までが受給するようになり、制度そのものが歪んでいるという事情をから生活保護制度がどうあるべきかを取り上げていました。地域によっては最低賃金で働くよりも、生活保護の支給額の方が多い地域もあるそうです。
 全国で最も受給を受けている人が多いのは大阪市で、特に日雇い労働者の多い釜ヶ崎(あいりん地区)を抱える西成区役所では、支給日に開庁するや否や受給者がなだれ込んでくる映像や25歳や28歳で生活保護を受ける人と就職させようとする大阪市職員の苦闘、生活保護を食い物にする暴力団や医療機関、そして生活保護により無料で受診し処方された薬を闇で売りさばく生活保護受給者などを取り上げていました。
DSCN7772_convert_20110917232652.jpg
 ここ数年、年末に大阪へ出かけることが多く、その際に西日本最大のドヤ街「釜ヶ崎」も歩きました。昨年12月30日の画像を交えながら少し思うことを書きます。
 冒頭の画像はJR新今宮駅前にある「あいりん労働福祉センター」。職安(職業安定所)があるため、毎日職を求めて労働者が集まってきます。1階はこんな感じ。何枚か撮影していると、脇に止まっていた手配師とみられるワゴン車からけたたましいクラクションを鳴らされました。この街、興味本位でカメラを構えますと非常に危険です。この街の労働者と明らかに合わない黒塗りの高級車が我が物顔で走っています。暴力団事務所も多いそうです。
 路上では各地で集めてきた新聞や雑誌をはじめとする「よろず屋」さんが商いをしています。街は朝から飲み屋が営業していて、仕事にあぶれた人が日中から酒を飲むため酔っぱらいが多く、路上で寝ている人も。物価は非常に安く、千円札1枚あれば1日過ごすこともできます。そういえば、少し前に殺人で指名手配されていた男がここに潜伏していたという報道もありましたね(その男は逮捕されました)。
DSCN7773_convert_20110917232916.jpg
 ホームレスがとにかく多いこの街にも、昔から暮らす一般住民の方がいます。したがって、公園もちゃんとあるのですが、下手に公園を開放するとホームレスに占拠されてしまうことから、せっかく整備した公園も整備を行った大阪市の手によって何十年もの間封鎖されています。じゃ、子ども達はどこで遊ぶのかというと、地域内に「こどもの家」という施設があって、地域の子ども達はここで遊ぶのだそうです。ところが、それでも屋内ですので遊ぶにも限度がある。今年、地域の人が大阪市と交渉して、封鎖された公園を再整備してもらい、地域住民が管理することを条件に一部を四半世紀ぶりに公園が住民の手に戻ったというニュースを少し前に見ました。
DSCN7774_convert_20110917233254.jpg
 独特の匂いがする釜ヶ崎のゴチャゴチャした街の中に、まるで要塞みたいに聳え立つ大阪府警西成警察署。過去に何度も暴動が発生していることから、周囲に厳重な鉄柵を構えるところは明らかな暴徒対策と見られる外観です。
 釜ヶ崎では、そこらじゅうに監視カメラが設置されています。防犯対策という名目もありますが、本当にこれが防犯に役立っているかは大いに疑問です。おまわりさんって、立っているだけでも抑止力になるんですけどね。この街では警察が地域との関係を断っていることを象徴しています。


 釜ヶ崎の街で唯一、ポカーンと空を眺めることのできるのが、この通称「三角公園」。マスコミがこの地域で何かあると、いつもこの公園の絵が出てくるほど、釜ヶ崎を象徴する公園です。公園では路上生活者向けに炊き出し支援が行われ、街頭テレビもありテレビ目的に集まる人もいるようです。そのテレビもなぜかVHFアンテナしかなく、地デジ全面移行後はどうなっているのやら。
 公園の脇では、労働者同士で殴り合いをしていました。何が原因でこうなったのかは不明ですが、一方が頭から血を流しても誰も止めません。すると、誰が呼んだのか救急車がやってきてケガ人を収容していきます。この街では日常的な光景の様です。
 一方、三角公園の一角では違法賭博が行われていました。参加者を取り囲むように怖い人が周囲を見張っていたのですぐにわかりました。3年前、この公園の外周をラジオを聴きながら散策していると、見慣れない奴だから警察関係者と思われたのか、賭博関係者が一斉に散り、怖い人に三角公園から道路2本先の商店街までしばらく尾行されたこともあります。


 この街を歩いて気づく点は年齢層が高いこと。事情があって、一時的な出稼ぎのはずが永住となった人も多いことでしょう。労働者のなかにはもう雇用されない高齢者も多いようです。
 路上生活者について、「彼らを救済すべきだ」という意見と「自己責任の問題」という意見があります。どちらも部分的に正しいと思います。しかし、ここまで背景も構造も複雑化してしまうと、これを解決する手段を簡単に見い出し実践することはできないかと思います。でも、私を含めて「できる限りのことは自分でする」という意識を常に持ち続けることが大切ではないかと思います。今回の番組でエビスビールを飲む、生活保護受給者の姿に怒りを覚えました。私ですら、スーパードライを諦めて、最近は発泡酒で我慢することが増えたというのに。
DSCN7777_convert_20110917233425.jpg
 また、暴力団に限らず生活保護費を収入の当てにしている人も多いのがこの街の特徴です。この地域ではドヤ(簡易旅館)を中心に「福祉(=生活保護)歓迎」や「福祉を受けましょう」という看板が良く見られます。つまり、税金によって確保されている生活保護費をあてに入居させようと考える人も多いわけです。
 連帯保証人がいらないというのは、部屋を借りる上で有利そうに見えますがウラもあります。まず、連帯保証人を立てない代わりに保証委託料(通常は賃料1ヶ月分)を請求されます。家賃引き落としの場合、毎回事務手数料がかかり、更に契約更新時に再び保証委託料を請求されます。したがって、長期にわたり暮らすとなると予想以上の出費を伴うこともあります。
 番組でも放映されましたが、生活保護者が医療費負担のないことに着目し、本来不要な薬まで処方して医療費を不法に請求している実態や、
薬剤師資格のない受給者が薬の闇売買をしている実態は、原資が税金である生活保護費が無駄に投入されている証です。

 また、25歳や28歳で生活保護費を受給している若者の実態にも怒りを感じました。20代なら、バイトの掛け持ちや派遣社員など、この雇用難でも引く手あまたです。一人で暮らすだけの収入は何とかなるはずです。就業している人だって、休日や夜間を利用してい副業している人だっているというのに。
 大阪市役所も就職支援をしているそうですが、7,000件余りの対応に対して、就職にこぎつけたのは200件余りの実情。一生懸命行っているはずですが、この職員の実態はどうなっているのやら。ちなみに、愛知県に隣接する某県が行っている就職支援事業では、アドバイザーや求人を集めるスタッフを派遣社員で賄っていました。これでは、若者の就業は進みませんね。

 番組を見ていて残念だったのは、この問題についての提言が求職者の「選り好み」論と「就業意欲」という点に集約されていた点。求職者を職業選択を「甘え」として切り捨てる相変わらずの上から目線では、何の解決にもなりません。以前、この問題を求職者の「甘え」と言い放ったのは、某人材派遣会社の社長でした。芦屋のお嬢様で何の苦労も無しに人材派遣会社でピンハネ業務を行う氏とこの現状は理解できるはずがないのです。NHKの優秀なスタッフも同様で、そこまでの境遇になった経験はないでしょうから、理解できないのでしょう。
 この問題について考えるなら、非正規就業の環境と、その生活の厳しさを問題視してほしい。その底辺まで視野を確保できるかで変わるはずです。しかし、そこまでして真剣にこの問題に取り組む人が決定的に不足しているのが、実は最大の問題ではないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

西成潜入レポ、大変参考になりました。高齢化が進んでいるようですが、数年後に彼らが鬼籍に入ったら激減するのでしょうか?
ちょっと前に同居の妹を虐待死させて逮捕された20代のバカップルは、生活保護者でしたが、どう見ても健常者でした。給付の基準には私も怒りを覚えます。
10年程前に私は仕事でミスを犯して会社を退職、転職先が見つかるまでしばらく渥美半島にある自動車工場で働いていました。そこには東北や山陰の僻地での就職難により、家族を養う為に愛知まで来て派遣で頑張る若者が沢山いて、私のような腰掛け派遣は恥ずかしく思いました。あれから景気は更に悪化していますので、彼らのような本当に困っている人達の現状が気になります。
【2011/09/18 14:54】 URL | 通行人 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
>通行人さん
>高齢化が進んでいるようですが、数年後に彼らが鬼籍に入ったら激減するのでしょうか?
 必ずしも、そうはならないかと思います。流入する数は多少減るかもしれませんが、今後も職を求めて集まり続けることでしょう。行政が「あそこなら職があるかもしれない」と大阪や名古屋への切符を手渡している様な実態がある限り。

>就職難により、家族を養う為に愛知まで来て派遣で頑張る若者が沢山いて、
>私のような腰掛け派遣は恥ずかしく思いました。
 通行人さんも随分御苦労されているのですね。私も数年前、失業期間中に名古屋市内の某工場で派遣工員として勤めたことがありますので、そのお言葉良く分かります。地方から出てきている人や所帯を持っている人は、守らねばならないものがありますから、仕事に対するモノの考え方が少し違い、「これが仕事」と割り切っている方が多いですね。「他にも仕事がある」とサッサと辞めてしまう都市部の労働者とは違いますね。私は工場未経験で入ったので、工場独特の環境に慣れないことばかりで大変でした。
 私の通っていた工場は、現在もフリーペーパーに毎週の様に求人が出ています。社員登用とか書いていありますが、派遣工員(2~3年)→期間工員(直接雇用・3~5年)→契約社員(2~3年)という登用システムで正社員登用されるまでは当時最短で8~10年と言われていました。しかも一旦不況になったら、その時点でキャリア形成が崩壊する。つまり、這い上がれないシステムだったんです。聞いた話ですが、その工場はリーマンショックの時に派遣と期間工員のすべてを解雇していたそうです。そのため、生産が復調しても人員確保ができなくなったために自社募集に踏み切ったらしいです。

 賃貸不動産業界で営業をしていた頃、派遣工員さんの部屋斡旋を随分行いました。派遣の方は関西の方が多かったです。派遣会社による借り上げもあったのですが、派遣工員さんに部屋を選ばせて家賃は派遣会社持ち(ただし、上限あり)というケースもあり、後者の場合はそこそこ高額な賃料物件でも築年の浅いものなら簡単に契約が取れ、それで厳しいノルマも助けられていました。派遣工員のお客さんには、いつも「解雇された時を考えて、まずは30万程度の貯蓄を。そして、自己契約で部屋を借りてみては?」と勧めていました。「えらいセールストークやな」と笑われるお客さんが多かったのですが、その後のリーマンショックで大半の方は派遣切りにあったようです。そのなか、あるお客さんから「派遣先を解雇されて部屋を追い出されたが、アンタの言う通り小金を確保し、ボロアパートを確保して助かった」とお礼を頂いたことがあります。その前に私は不動産を退職していたのですが、そのお客さんとは現在でもメールでやり取りするお友達です。
【2011/09/23 12:32】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/842-14512cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)