名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各務原市の「本の街」構想
 素晴らしい構想が動き出しました。岐阜県各務原市が図書館事業の大幅な拡充を中心に「本」をテーマとした街づくり構想を明らかにしました。そもそも、ある程度インフラが整備された街なら、そろそろ生涯学習など住民の福祉増進に重点を置く時期に来ているかと思います。特にベットタウンなど郊外都市は尚更です。都市への人口回帰が顕著になっており、その引き留め策としても有効です。ただ、この事業はハッキリ言って金食い虫です。したがって、財政難などを理由に踏み出せない自治体が少なくありません。しかし、今回の各務原市の試みは勇気ある一歩として注目してよいかと思います。
DSCN7894_convert_20110125223921.jpg
1月7日岐阜新聞朝刊より

 本を中心とした街づくりとなれば、その核となるのは図書館です。各務原市中央図書館は、現在でも岐阜県内でも十分にレベルの高い図書館ですが、これをリニューアルするとのことで、更なるレベルアップが期待されます。また、鵜沼地区にある児童書中心の「もりの本屋さん」も増築・拡充されるとのこと。各務原市は他に分館1つと合併した旧川島町から継承する「川島ほんの家」もあります。各務原市の図書館は貸出資格規制も無く、他の自治体在住者でも本の貸し出しサービスを受けることができます。更に駅からも近いことから、鉄道の延長線上にある岐阜市や美濃加茂市・犬山市あたりからの鉄道利用者も通勤・通学ついでに寄り道するなどの利用も十分想定できます。

 本来、郊外都市、特に拠点都市への通過点に当たる地域の図書館は、通過するだけの人に街へ寄ってもらうための施策を考える必要があるのですが、どうしても住民のことしか考えない近視眼的姿勢になりがちで、本来発揮すべき機能や魅力を十分に発揮できず、他の自治体住民から見れば「都市化したけど閉鎖的な街」などのマイナスイメージを与えかねないわけです。県及び市町村立図書館は、その街の公共サービスが最も身近に映る場所であり、「図書館は街を映す鏡になっている」と言っても過言じゃない時代です。

 本の街・図書館の街として生涯教育レベルの高い街として地域起こしを進めて欲しいと思います。各務原市、期待しています。
 

各務原市は4月から本を中心とした町づくり事業「本の街 かかみがはら」を始める。2011年度の一般会計予算案に事業費約3億円を盛り込み、大規模な古本市の開催なども計画。将来は古本の町として有名な英国の田舎町ヘイ・オン・ワイと並ぶ「本の街」を目指すという。
 森真市長が6日の年頭記者会見で明らかにした。市によると、新年度は既存の事業を含めて計46事業を計画している。開館20年目を迎える市立中央図書館を全面改装し、事業拠点として、利便性の向上を図るほか、幼児・児童向け図書を集めた施設「もりの本やさん」を増築する。絵本などを新たに5千冊程度増やし、三世代交流スペースも設ける方針だ。
 市内の小中学校での全校一斉読書や、幼児・児童向けに歌などを織り交ぜた「絵本ライブ」、英語絵本の読み聞かせ、文学講座など本と触れ合う機会を増やす事業も考えているという。
 そのほか、春と秋の年2回、市民公園周辺で大規模な古本市を計画する。昨年11月に市が試験的に開いた古本市には、市内外から約3千人が来場した。市の担当者は「市民が古本を持ち寄る『一箱古本市』のような青空市をイメージしている」と話す。
 市は本を中心とした町づくりのモデルとして、英国ウェールズ地方のヘイ・オン・ワイを挙げる。人口は約1500人だが、1960年代から、古本を核とした町づくりを進め、現在は年間約50万人が古本などを目当てに訪れるという。
 森市長は「ヘイ・オン・ワイはロンドンから約3時間かかるが、各務原市は名古屋から約1時間だ」と述べ、来訪者の増加にも期待する。

引用元:http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000001101070002
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:図書館 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/852-a70e498f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。