名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を鍛える
 2月16日の読売新聞に掲載された「いじめ、許さない」という特集で、プロボクサー内藤大助さんのインタビュー記事が大変素晴らしい内容ので、今回はこれを取り上げてみます。
20110217003024.jpg
 プロボクサーの内藤さん。実は、中学時代は7人の同級生からいじめを受けていたそうです。先生が内藤さんの名を伏せて「いじめを許さない」と怒鳴ると終息し、中学卒業と共に相手グループから離れていじめから逃れたそうです。この記事を読んでいると20年前の自分を思い出し、涙が止まらなくなりました。

 以前にも弊ブログで書いたことがありましたが、私も中学時代にいじめを受けたことがあります。名古屋から岐阜の山奥へ転校し、「よそ者」として徹底的な差別や陰湿な洗礼を受けました。中学1年の担任は「いじめられる方にも問題がある」と言い、中学2年の担任教師は「君が気持ちを吹っ切れば良い」と言い、共に一切干渉しないと宣告されました。誰にも干渉されない昼休みの図書室での時間を除けば、中学時代は孤独な日々でした。
 完全な人間不信に陥った中学3年の頃、当時の担任が私の話を聴いて下さいました。すると、先生は「たまたま運が悪かっただけ。世の中、こんな連中ばかりではない。高校でもう1度やり直してみなさい。」と諭してくれました。ただ、高校へ中学校のしがらみを引きずる事は避けたかったので、進路については「同じ中学校の人が誰も行かない学校へやって欲しい」という条件を付け高校を選択しました。偶然、山1つ向こうの高校が誰も行かないとのことで一発で決定。学校のランクは大幅に下げざるをえませんでしたが、悪しきしがらみを取り払うことで私も克服できました。
 私が一つ悔やむ点は、中学3年の担任が翌年の春に異動となったことです。これは私への配慮が生徒の高校進学に当たって地域のタブーを犯した(私が進学した高校は本来私の中学校からは進学させない取り決めがあったらしい)として問題となり飛ばされたという噂が流れ、私も実際に「お前のせいだ」と言われたこともあります。真偽は不明ですが、もし先生にお目にかかれることがあれば一度確認してみたいものです。

 新聞記事に戻ります。内藤さんは当時の相手について、こう語っています。
 今は「まだ、許せない」とも「もう許した」とも言いたくありません。「昔のことだからもういいよ」かな。
 これ、すごく良くわかります。私も貴重な中学時代を暗黒時代に追い込んだ、奴らへの怒りや恨みは未だ消えていません。また、克服するにあたって大きくアウトローしたため、本来得られた機会を逸したことも多数あります。これらの機会喪失について損害賠償を求めたいぐらいですが、今頃謝られても何の意味も無いのです。失った時間や遠回りした労力の還元はなされないのです。だから、いじめによる損失のリカバリーは生涯に渡って極めて困難なのです。
 私だって、当時いじめてくれた奴らを刺してやろうとか、奴らの家に放火してやろうとか思ったことはあります。何十年ぶりの同窓会で当時いじめられていた子が刃物を持って暴れて逮捕なんて話をたまに聞きますが、暴れたくなる気持ち自体は分かります。ただ、それを押しとどめるのは、その後の私の家族や奴らの家族など、無関係な人たちへの影響が私の果たすべき仇打ちの目的ではなかったことと、それより優先すべき事ができたためでした。それが増えて19歳で家を飛び出しずっと一人暮らし。今も別の意味で孤独ですが、当時の孤独に比べたら気楽なものです。
 あれから20年近くが経過しましたが、相手との関係の修復なんて今更できないと思う。私自身、実家のある集落に友達は一人もいませんし、なるべく顔を合わさないために実家へは夜にしか行かないし、昼間に実家の近所を歩くこともしません。もちろん、中学校の同窓会なんて絶対に行きません。「別に堂々としていればいい」と実家の母は言うのですが、私にとって20年前の傷が未だ癒えていないことを認める瞬間です。いじめの根は非常に深いのです。
 内藤さんは「心を鍛えた」と語っています。確かにいじめからの克服には他人と異なる精神的鍛錬を要求されます。そして、その原点はゼロではなく、マイナスからのスタートであることも重要な点です。要領やテクニック論だけで語れない茨の道ですが「きっと花が咲く」と信じて、いじめに苦しむ子ども達に立ち向かうのではなく、敢えて「逃げる」道を勧めたいと改めて感じます。逃げる道で心身を鍛えたことを今後の人生の糧にして欲しいのです。逃げるのは決してマイナスでも恥でもないのです。
 絶対に死ぬな。生き抜いて語り部となることこそ、いじめ問題の解決となることをよく覚えておいて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:"いじめ"問題 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/863-198d8347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。