名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学入試問題のネット流出騒動
 京大や同志社・立教など、有名大学の入試で頻発する問題のネット流出問題。

 私も副業の一環で試験監督のお手伝いをさせていただくことがあります。ちょうど今は年3回ある試験シーズン冬の陣(他に夏の陣と秋の陣があります)で日曜日になると、どこかでお手伝いしています。ただ、先日の某試験会場では、いつも本部室に引きこもる本部員のオッチャン達が頻繁に試験教室に巡回に来るなど、緊張感を感じる現場にもこの情報が影を落としていることを感じました。
 確かに試験官たちの緩慢ぶりを指摘する声もわかります。大学受験の場合、多くの試験官は教授などの教員です。理屈は立っても実社会では使えない人も多いこの世界の先生方、何十年教壇に立っていても、これを見抜く力があるとは正直なところ思えません。もっと、試験監督を外部から招聘すえばいいのにと思います(決してセールストークじゃありませんよ)。
 TVのニュースでは、巧妙化するカンニング道具の紹介がなされています。確かに机の上に携帯で撮影では一発でバレるはずです。しかし、スマートフォンを内ポケットに隠し持ったり、メガネの両脇にカメラが仕掛けてあってというのを見ると、試験監督を何人も配置しても発見できない危険性が高まります。ただでさえ、この時期は受験生が厚着してますからね。何なら、ドカドカに暖房をかけまくって受験生をどんどん脱がせるという手もありますが、大概「暑すぎる」と苦情になりますから難しいところです(それ以上にスーツの上着が脱げない、試験監督の方が地獄なんです)。
 そして、送信した情報を試験時間中にトイレへ脱出して、個室で確認するのでしょうか(多くの場合、試験官はトイレの入り口で待機で、中までは入りません)。今後は試験中に2度以上トイレ退場する人は要警戒人物としてマークとなるのでしょうか。また、トイレ退出者はボディタッチの強要とかあらぬ方向へ向かってしまうのでしょうか。
 どうも、劇場などでは携帯の電波を遮断する装置があるそうで、今後はこれが大学入試をはじめ、国家試験や資格試験の会場でも標準配備される時代になりそうですね。そもそも、中国や韓国で表面化しているのに、わが国では起こらないと思ってたのなら、その認識のズレを大きく批判すべきだと思います。そもそも、入試とは「記憶力」のテストという意味合いしかなく、この考え方は古い中国の「科挙」の時代からの影響で、不正行為の歴史もこれに付随しているところがありますから、時代に合わせて対処するしかないエンドレスの戦いだと思います。ただ、これを元に人間性で選ぶと言っても、記憶力テストで乗り越えてきた先生方の選ぶ受験者ですから、結局はその路線が軸で終わるのではないかという気もします。
 また、受験会場の収容人員も大幅に減らして、カンニングができないようにする必要もあるかと思います。教室も従来の倍ぐらいに分散させてみるとか。そうすれば、人が足りなくなるはずですから、その時は試験監督のお手伝いさせてください。いい仕事、しますよ(結局、セールストークか!)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/867-498fc071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。