名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら、輪中の渡し船1
tosen.jpg 名古屋から岐阜県へ行く場合、圧倒的多数の方は電車かクルマで行くかと思います。ところが、「岐阜県へ船に乗って行く」なんて言われたら、あなたはどう思いますか? 多くの人は「ついにあいつは狂ったか?」と笑うことでしょう。しかし、実際に愛知県と岐阜県を結ぶ渡し船(渡船)が2011年3月末まで3航路存在していたことをご存知でしょうか。しかし、その渡船は市販の地図はおろか、東海地方在住の乗り物好きのバイブルである、かの有名サイト「路線図ドットコム」にすら掲載されていない超マイナーな乗り物でした。
 3つのうちの1つは、一宮市と羽島市を結ぶ「中野の渡し」。これは現地へ見に行ったことがあります。そして、残りの2つは愛西市と海津市を結ぶ「日原渡船」と「葛木渡船&森下渡船」。これ、実は恥ずかしながら知りませんでした。実は今回、その愛西市と海津市を結ぶ2つの渡船航路が2011年3月末で廃止となるという情報を2月に知りました。下調べしていくと、この渡船が輪中地域の重要な交通機関としての歴史に限らず、地域が洪水からの克服を目的に先祖代々の土地を犠牲にした地域の歴史にも触れることができました。更に地図を広げてみると、名古屋から海津町への最短ルートだったりします。しかも、渡船を渡り終えて15分ほど歩くと、この地域で有数の源泉かけ流し日帰り温泉「海津温泉」があるじゃないですか!!これはいい!ということで、最初で最後の乗船にチャレンジということになりました。
 ところが、この渡船乗車計画をひっくり返されるトラブルに巻き込まれまして、この渡船に影を落とす問題にも斬り込んでいく必要が出てきました。怒り心頭でこのレポートを書かねばならなくなった顛末も併せて、3月19日に訪ねた模様を2~3回程度のシリーズでまとめていきます。

DSCN8518_convert_20110404035256.jpg
 今回の旅の起点は、名鉄津島線の藤浪駅です。津島のひとつ前の駅で名古屋駅から電車で30分ほど。駅舎や駅前広場は大変立派なんですが、駅は無人駅で自動改札機も2台しかない、非常にアンバランスな駅でもあります。
DSCN8520_convert_20110404035439.jpg
 ここから愛西市の巡回バスに乗り込みます。バスといっても実際はワゴン車です。ただ、愛西市の巡回バスは運賃無料!ちなみに今回のお目当てである渡船も運賃無料ですから、名古屋から目的地の海津温泉までたったの440円で行くことができる(岐阜県側の渡船場から海津温泉までには海津市のバスがあるが、歩いていくこともできます)のです。同じ名古屋市内でも440円で行けない地域があるというのに、コストパフォーマンス炸裂なのも魅力的です。ただし、渡船場の近くまで行く便は1日2本しかありません。
 藤浪駅から乗ったのは私と地元のクセの強いオバちゃん。「どこから来たの?」「どこで降りるの?」「何が目当てなの?」と尋問の様な質問攻めに遭いながら10数分、オバちゃんが降りると今度は運転士が日頃のバス利用者について裏話を語りまくり。巡回バスの利用者は常連さんばかりでクセの強い人が多いなどの話がこれまた10数分。愛西市の人がそんな人ばかりだとは思いませんけどね。
DSCN8522_convert_20110404035703.jpg
 この巡回バスは地域の老人福祉センターに風呂(温泉?)があるそうで、運賃無料であることから高齢者を中心に重宝されているそうです。ただ、田舎の人はバスに乗る習慣や機会そのものが少ないことから、公共交通の利用方法自体がわからない人が多いです。今後、運転免許の返上などで公共交通の利用でトラブルは増加すると思います。高齢者に多いですが自分の情報の飲み込みが悪いのに、逆ギレして大声出せばゴリ押せると考える人が増えています。巡回バスレベルとなると利用者は常連さんばかりですから、運転士さんも結構大変なんだそうです。

 運転士に渡船乗り場に近いバス停はどこかと聞くと、葛木渡船に近いのは「戸倉町」、日原渡船に近いのは「塩田町公民館」ということなので、日原渡船に近い塩田町公民館で下車。

 「そこの角曲がって、まっすぐ行くと行けるから」

と運転士がいうので、その言葉を信じて進みます。
 周辺に渡船場の標識・看板は一切なし。田んぼの中を歩くこと5分ほど。なぜか堤防の上に家屋が集まっている集落の向こうに渡船乗場を発見しました。
SSCN8681.jpg


DSCN8523_convert_20110404035820.jpg
 渡船の姿は無く、出航しているようでした。どうも、廃止の一報が新聞で伝えられたところ、乗船目的に訪れる地元の人や観光客が各地から集まっているようです。皆さん、渡船の為に狙って来ているのです。本来、渡船なら日の出から日没までならいつでも乗れそうな気がしますよね?しかし、ここは事情が違うのです。
 なぜなら、この渡船は週に3日(水曜・土曜・日曜)しか運航されていないのです。また、ここまでの巡回バスが日曜日運休のため、公共交通で縦断するためには水曜日か土曜日しかアプローチがかけられないのです。更に岐阜県側の渡船に乗るには海津市役所建設部に乗船の2日前までに電話予約が必要なのです。渡船の乗るにもテクニックが必要で、木曽川・長良川を横断するのも並大抵のことではなく「渡れるものなら渡ってみろ!」状態です。したがって、私も半月以上前から入念に日程調整してきたわけです。
DSCN8525_convert_20110404035955.jpg
 別の角度から番屋を撮影。普段は2人の船頭さんが運行時間中は常時待機しています。
DSCN8526_convert_20110404040126.jpg
 番屋に架かっていた掲示。幼児の単独渡航、泥酔者・家畜・爆薬の持ち込み禁止とあります。また、河川許可票にはには、この渡船が県道津島海津線の一部であることが明記されています。この渡船が無料なのも、県道の一部だからです。
DSCN8527_convert_20110404040253.jpg
 番屋前で待っていると弥富から来たというオッサンが通りかかり、渡船についてウンチクを語り始めました。こちとら半月前から文献チェックをやってるから分かってるよ、そんな話、なんて思っているうちに対岸から船がやって来ました。いよいよ、日原渡船に乗り込みます!(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/885-d3d818ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。