名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中京テレビ、笹島へ移転
DSCN8864_convert_20110517023752.jpg
 名古屋・八事の山の上にある放送局、中京テレビが2016年度中に名古屋駅近くのささしまライブ24地区へ局舎を移転することが明らかになりました。

【中京テレビプレスリリース】ささしまライブ24地区の土地取得について
http://www.ctv.co.jp/company/press/2011/p2011051101.pdf?rf=info

 局舎が手狭になったことや、営業拠点が都心の栄(テレビ塔の真横)にあり、制作拠点である八事との2元体制で効率が悪いことから、統合して効率を上げることが目的とのこと。
 統合といえば、今年7月24日に地上デジタル放送完全移行により、TV放送の電波送信が瀬戸のデジタルタワーに一元化され、中京テレビ局舎脇にある送信塔「東山タワー」は40年余りに渡る役割を終えます。つまり、八事に社屋を構え続ける必要性も無くなるわけです。
 そもそも、各局が都心部に社屋を構えるのに対し、中京テレビだけ八事だったのかというと、開局当時に名古屋テレビ塔には既にNHK・CBC・東海テレビ・名古屋テレビと4局の電波を送信しており、テレビ塔に送信装置を設置する余裕が無かったため、自力でタワーを建設する必要があったためです。
 丘の上から街中に移転した放送局の代表例に、千里丘から梅田茶屋町に移転した大阪の毎日放送の例がありますが、八事から笹島に移転して、中京テレビは更に飛躍できるのでしょうか。
DSCN8862_convert_20110517023856.jpg

 久しぶりに局周辺を散策してみました。

 山手通り・八事日赤の交差点から少し山側に入り、緩やかな坂を登ると局舎がお出迎えです。白く丸みを帯びた局舎が新館で、正面玄関はこちらにあります。現在は近く(四谷)まで名古屋高速があるので、名古屋駅からタクシーに乗れば30分ぐらいで来れるでしょうが、高速が無かった頃は渋滞にハマらずに行けたとしても1時間近く見ておかないと厳しかったかと思います。また、地下鉄を乗り継いでも都心からの所要時間は相当なものです。このニュースを聞いて一番安心するのは、ここへ通う芸能人や社員かもしれません。
 新館の先に見えてくる建物が本館。年季を感じる建物です。開局当時は、こんな小さな建物だけで放送していたのでしょうか。本館には現在は使われていない「CTV」のロゴが残っています。渋いですね。
DSCN8871_convert_20110517020650.jpg
 名古屋の街中、栄や金山、本山や八事などで「妙見町」行きの市バスを見かけます。実際に「妙見町」行きのバス路線は数路線あります。いったい、終着点の妙見町ってどんなところなのか。そこは、中京テレビの真ん前です。
 この道路沿いは普通の住宅街で、大学が密集しているので学生向けのアパートも多いエリアですが、一本裏通りに入りますととんでもないお屋敷ばかりのエリアです。そして、この辺りに住民は結束が強く、国道153号線パイパス建設をねじ伏せ、地下鉄建設にも厳しく言及し、電磁波が出るからと地上デジタルタワーを瀬戸に追いやり、地下鉄に並行するバス路線は廃止という名古屋市交通局の既定路線に反対し、名古屋で異例の地下鉄と並行するバス路線を存続に導くなど、なかなかの実績を残しています。まぁ、高額納税者の言うことは聞いておかないと後が怖いですからね。同じ昭和区でも私の暮らす下町とは大違いです。
DSCN8869_convert_20110517023417.jpg
 こちらは本館。中継車などもこちらに止まっており、何か中継の時はここから発進するわけですね。それでは裏手に回って、東山タワーの根元を訪ねてみましょう。
DSCN8904_convert_20110517015905.jpg
 東山タワーの根元には、小さな箱みたいな建物がいくつもあります。よく見ますと…
DSCN8860_convert_20110517024022.jpg

「FM愛知送信所」

 このタワー、中京テレビの他に後発局のテレビ愛知、更にNHK-FM、FM愛知、ZIP-FMの送信塔としての役割も果たしており、栄のテレビ塔と並ぶ東海地方の電波送信の要となっています。しかし、デジタル放送全面移行により、栄と東山の両タワーからのテレビ電波送信は終わります。残るFM局の送信はどうなるのでしょうか。中京テレビの敷地内で他局の電波送信が続くというのも、これまでの慣例とはいえ変な話です。栄のテレビ塔はデジタル完全移行後の予定は未定と聞いていますが、主無き送信塔であり続けるわけも無く、ひょっとすると栄への移転とかあるかもしれません。でも、それでは「テレビ塔」ならぬ「ラジオ塔」になっちゃいますが。
DSCN8878_convert_20110517020104.jpg
 今年7月24日からは、中京テレビの敷地内に別会社のFMラジオ専用の送信所となる東山タワー。その行方にも注目です。
DSCN8867_convert_20110517023601.jpg
 2016年度の移転時には、また大きなリニューアルを仕掛けてきそうな中京テレビ。中京テレビ前の電柱に2つの図柄を見つけました。今でこそ、下の「チュウキョーくん」に取って代わられましたが、オールドファンにはやはり上の「U」マーク。唯一のUHF局だった時代があるため、中京テレビのことを「U(ユー)」と呼ぶ人もかつていました。名古屋中心に栄のテレビ塔と東山タワーの電波(親局)で受信していた地域で自宅に三重テレビや岐阜放送のアンテナが無い家は、テレビ愛知が開局するまで当時のダイヤル式テレビのUHFツマミ触る必要が無かったのです(私の家もそうでした)。
 かつては「お笑いマンガ道場」のエンドロールでも見られたUマーク。社章自体は現在も使用しているようですが、すっかり見かけなくなって久しくなりました。UHF局というとVHF局と違って、「後発局」「弱小局」イメージが拭えない放送局もある半面、独創性のある番組制作路線を貫いたことでハンデを乗り越えた中京テレビ。
 地上デジタル放送は、各局のチャンネルすべてがUHF。UHFがスタンダードの時代に入ります。UHFのパイオニア局だった中京テレビが、八事から笹島に移ってUHFの時代にどう対応するか楽しみです。
DSCN8894_convert_20110517014756.jpg
 ささしまライブ24地区(2011年5月15日撮影)。中京テレビはどこにできるのでしょうか。徐々にできつつある街、ささしまライブ。幹線道路が開通し、名駅地区と繋がると意外と化けるかもしれませんよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

地元の場合は愛知県内の7波全てUHFですので、デジタル時代が到来する以前からUHF時代でした。ダイヤル式のテレビの時も県内局を見る時はVHFのダイヤルはUに固定、UHFのダイヤルは50~62の範囲内で動かすというものでした。
【2011/05/18 06:29】 URL | ムーンライト東海道 #ze7WGCEs [ 編集]

EAST TO WEST
このニュースには正直びっくりしました。名古屋の放送局で、開局してからここまで大規模な移転という話を殆ど聞いた事がありません(せいぜいNHK名古屋放送局の移転か)から、これは興味深々ですね。

ささしまライブ24地区は現在はZepp Nagoyaとか109シネマズとかがありますが、ここに愛知大学の新キャンパスが開校し、更に中京テレビの新局舎がオープンするとなると、一気に活気づく事になりそうです。
2016年といえば、ヨドバシカメラの新店舗もオープンしますから、名駅・笹島地区は益々発展する事でしょうね。

そうなると、現在の中京テレビの局舎並びに東山タワーの処遇はどうなるのか。
局舎は引き続き中京テレビが何らかの形で使うのか、それとも取り壊して再開発するのか。
まだその辺りは不明ですが、それよりもFM局の送信所の方が気になります。
7月24日以降の東山タワーの所有者はどうなるのでしょうか。これがFMA並びにZIP-FMの共同所有に変更されるのなら何の問題も無いでしょうが、それが不可能なら送信所の移転もアリでしょう。でも、栄のテレビ塔を使うというのも少しヘンです。どう考えても東山タワーの方が標高が高いのにわざわざ低い場所へ移転するというのは如何なものかと。
ならば、かつてRADIO-iが使っていた瀬戸市の三国山山頂近くの送信所を活用するというのもアリでしょうが、出力が今の10kwではスピルオーバーになってしまいますし、それ以前に送信所が今でも残っているのかどうか。聞いた話では速やかに撤去されたそうですが・・・。
この問題、どうにかせねばなりませんな。
【2011/05/20 11:20】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

半世紀前は
名駅から八事まで市電で結ばれていたなんてもう信じられないでしょう。

それはさておき、「5時SATマガジン」のためにCBCまで中京テレビのスタッフが来てゲストの回収に待機していたなんて時代があったそうですが。

都心回帰ですか、朝日放送も堂島→大淀→中之島、毎日放送も梅田→千里丘→茶屋町を経験してるんですよね。
千里丘のスタジオ、目の前に名神高速、さらに中国道、近畿道ができたこともあり、新大阪駅や伊丹空港からはタレントさんを呼ぶのに便利だったそうです。

万博終了時、近鉄の車窓から荒廃した空き地が見えていましたが、JR、さらにはセントレアからのアクセスが容易ということがあってこちらが中心部になるのかもしれません。
その昔、名駅までコボリさんが「ベストテン」の中継に出て、CBCに戻るまでだけ「わ!ワイド」に代打起用があったそうですが。
【2011/05/20 18:49】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

東山タワー
>ムーンライト東海道さん
>ダイヤル式のテレビの時も県内局を見る時はVHFのダイヤルはUに固定、
>UHFのダイヤルは50~62の範囲内で動かすというものでした。
 豊橋中継局など、UHF単独地域はそうなりますよね。

>massanさん
>現在の中京テレビの局舎並びに東山タワーの処遇はどうなるのか。
 局舎は壊してマンションにでもしたら、売れそうな土地ですけどね。ただ、問題は東山タワーです。中京テレビが保有する必要性が失われることから、FM各局の共同保有及び管理に移行するのが現実的ですが、NHKを含む3社共有というのは複雑ですので、コストを考えると栄のテレビ塔へ移行した方が都合が良かったりしまが、NTTドコモや名古屋高速道路公社など一部企業も東山タワーを無線等の中継基地としている(タワーの根元に小屋があります)ことから、意外と権利関係が複雑なのかもしれません。

>どう考えても東山タワーの方が標高が高いのにわざわざ低い場所へ移転するというのは如何なものか
 テレビ塔に詳しいサンタ堀池さんのサイト
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/4826/wave3/nagoyah.html
によりますと、栄のテレビ塔が標高12m・高さ180m、東山タワーが最高部の中京テレビ送信位置が海抜221m、テレビ愛知が同208mとあり、その下にFM各局となりますから、FM各局の送信位置は海抜160~180m辺りとなります。したがって、仮に栄のテレビ塔の最上部を民放FM2局、その下にNHK-FMの送信設備を設置すると東山タワーと表面上の差は無くなります。ただ、送信範囲は若干狭まる危険性は感じますが。

>かつてRADIO-iが使っていた瀬戸市の三国山山頂近くの送信所
 昨年9月末の放送終了後、真っ先に撤去されたそうです。現在は更地になっており、聞いた話では囲いも厳重で近寄れないそうです。
【2011/05/21 16:26】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

Re: 半世紀前は
>名駅から八事まで市電で結ばれていた
 更に20年ほど前は避暑地だったそうですよ。ちなみに中京テレビの位置は同じ八事でもひと山向こうですね。

>「5時SATマガジン」のためにCBCまで中京テレビのスタッフが来てゲストの回収に待機していた
 名古屋の生番組をハシゴ出演するために、各局お抱えのタクシーが他局に乗り込んでゲストを待ち構える光景も、最近は見かけなくなってしましました。

>都心回帰
 名古屋の場合、栄と名古屋駅で分散しているため、名古屋のキャパシティではオフィス需要を満たすことができないことから、周辺地域の企業が都心へ回帰する傾向もあるようです。ところが、同時に名古屋から撤退する東京・大阪等の企業の数がそれを上回っているようで、近頃では名古屋の有名な高層オフィスビルですら、空室が目立ち始めています。これは別項で取り上げたいと思っています。
【2011/06/01 00:34】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/908-8e7d5573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。