名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減税日本、中折れ。
 年収800万円への議員報酬半減で最も困っていたのが、まさか減税日本議員だったとは。本当に情けない、話になりません。会派内で唯一の前職議員という重要なポジションで、新人議員の教育係でなければならないというのに、バカかお前は!則竹議員は民主党市議時代から、はぐれ議員状態だったため議院運営に参加できなかったことから、寄らば大樹で減税日本に飛び込んだだけかもしれませんね。
 名古屋市議会が改革路線に乗るかと思いきや、理事は辞職願い出すわ団長は辞職と減税日本のゴタゴタは深刻で結束力に乏しい組織ですね。元が民主党とはいえ、こんな中折れ癖まで似て欲しくありません。所詮、蛙の子は蛙なのか?
 かねがね減税日本で気になるのは、各議員は河村市長の3大公約の推進以外に個人マニフェストの実現を目的にどんな活動をしているのかという点です。市政報告会はおろか、ブログ・twitterの更新すらしていない議員の多いこと。あの横井市議のマメなブログ更新を少しは見習ったらどうでしょうか。専業議員を批判していたというのに、蓋を開ければ減税日本も専業議員の多いこと。正直なところ、市議としての個人活動についてはノープランじゃないかと懐疑的になってきました。減税日本に求められているのは議会改革、既存政党に睨みを効かせてナンボだというのに、逆に丸め込まれて議会を旧態依然に戻し、市民の期待を大きく裏切っています。
 繰り上げ当選が減税日本だから、勢力変化も無いので安泰とか思っていたりして。しかし、中区でトップ当選だった議員がこんな形で辞職では、中区の有権者はガッカリでしょうね。中区は西区・北区や中村区の様に古い住民が多いから意外と保守なエリアです。次回どうなるのでしょうね。

 新人だからとか、慣れてないとか、理由にならんぞ!甘えるな!死ぬ気で市政改革せよ!!

則竹市議が辞職 政調費不適切処理で引責
 名古屋市議会の減税日本の則竹勅仁市議(45)=中区=は6日、自身の公約違反と政務調査費の不適切処理の責任を取り、議員辞職した。中村孝太郎議長に辞職願を提出し、受理された。則竹氏は、減税日本議員団長を辞任、会派離脱を表明していたが、公約違反に続き政務調査費問題も明るみに出て、議員辞職に追い込まれた。
 会派の中心人物の一連の不祥事で、河村たかし名古屋市長が代表を務める減税日本にとって失点となった。減税日本新人の済藤実咲氏(32)が繰り上げ当選する。則竹氏は6日朝、減税日本市議団の会議で「(辞職が)最大の責任の取り方。短い間だったが、おわびをもってお別れさせていただきたい」と述べた。
 河村市長は記者団に「残念どころじゃない。魂の一つが欠けたような気がします」と語った。則竹氏は河村市長の衆院議員時代の秘書を経て、03年に民主党公認で初当選し3期目。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000044-mai-soci
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
やってられないわ
「木乃伊取りが木乃伊になる」とはこの事を言うのでしょう。
全くお話になりませんな。どうせ反河村派からのチクリでもあってこのような事態になったのでしょうが、ヘタレであるばかりか全くのノーガードであったとは・・・、イヤハヤ甘ったれにも程があるわ。

今の世の中、どの政党もロクなもんじゃねえよね。中央・地方を問わず。
やはり日本には政党政治はそぐわないのかな、と考えたくもなりますが、これも自民党による一党独裁政治があまりにも長すぎた悪影響なのでしょう。自民以外の政党は自民を倒すのに精一杯で、いざ自分達が主権を握った時の準備とか覚悟なんか出来ていやしない。
で、有権者はといえば政治の動きに無関心すぎて何にも考えていやしないし、よって有権者をよく吟味して投票するなんて出来る訳が無い。

原発じゃないけど、日本人の脳味噌はもはやメルトダウンし切っているのでしょうね。
【2011/06/07 21:32】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

中区の有権者として一言
始めまして。いつも拝読しております。時々(内容違えど)私が書いたのと似たようなネタで記事が挙がってくると、地元ゆえのシンパシーを感じております(苦笑)。

さて、私はその中区の有権者だったこともあり、今回の件でいてもたってもいられず書いております(いずれ記事に書くつもりではいます)。
『河村1区』でもある中区なので、その愛弟子(右腕)だった則竹元市議に傾くのも当然の話です。その河村の右腕、ある種見本にならんといかん議員がこんなことをしでかしていたのは許すことはできません。例え親のためにやった、親孝行的な行為だったとしても。

で、今回の件は「実は首が回りませんでした」と言ってるようなものですね、文中でも触れている通り。

正直今回の件で、また市議会をリコールさせたい、また河村市長のリコールさえも求めたい気分です(恐らくリコールから1年は再リコールができないはずなので、秋くらいまでできないはずです)。元々ポピュリズムバリバリの人だったこともあって、個人的には一票を投じたくない(実際投じなかった)人ですね。
余談ですが、それゆえに、先の県議会選挙で減税と自民しかない選択肢は、私にとっては『踏み絵』みたいなものでした。で、マシだと思った減税を選んだら、こうだもの・・・。
【2011/06/09 00:28】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

腐敗
>massanさん
>これも自民党による一党独裁政治があまりにも長すぎた悪影響なのでしょう。自民以外の政党は
>自民を倒すのに精一杯で、いざ自分達が主権を握った時の準備とか覚悟なんか出来ていやしない。
 この55年体制が、数の論理だけで政治家が政治を理解せずに政治を行う、うわべだけの低レベルな政治
体制にした元凶だと思います。民主党も減税日本も「慣れていない」と言い訳して逃げてしまっています。
 55年体制からの脱却が、政治を取り戻すきっかけになるはずです。

>アレックスさん
 こちらこそ、はじめまして。

>例え親のためにやった、親孝行的な行為だったとしても。
 このカネに手をつけたら自分の首が締まってしまう、この程度の危機管理すらできなかったので
しょうかね。中区の有権者を失望させた罪は重いですね。
【2011/06/11 01:00】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/918-45e564ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。