名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニア中央新幹線中間駅決定
 JR東海が2027年開業を目指す東京~名古屋間のリニア中央新幹線の中間駅候補地が発表されました。「各都県1駅」のルールでしたので、どこのできるのか気になっていました。

・東京は品川駅
・神奈川県は相模原市
・山梨県は甲府盆地南部
・岐阜県は中津川市西部
・愛知県は名古屋駅。

 今回、長野県内の駅設置候補地は発表されませんでしたが、飯田市郊外の下伊那郡高森町が有力だとか。
DSCN4772_convert_20110607192645.jpg
(2010年3月22日JR恵那駅にて撮影)

 私の準地元・岐阜県東濃地区もこの予定線上でしたので俄然注目していました。名古屋への距離間隔と首都圏への移動の効率性(=東京へ向かうのに方角を逆行する必要がない)を考慮すると、東濃西部(多治見・土岐・瑞浪)3市は市街地に限らず、郊外でも新たに駅を設置する用地も乏しいから、条件のよい東濃東部(恵那・中津川)を有力視していました。JR中央線との接続はある意味絶対条件ですから、それを考慮すると市街地化されていない土地の余裕がある美乃坂本駅付近(恵那農業高校付近から中津川インター付近)が絶好のポイントなんですよね。また、中津川市は東濃・長野県木曽・下呂温泉へのアプローチが可能ですので、駅勢圏も他の東濃各地域に比べても広く確保できますから、ビジネス利用に限らず観光利用もある程度確保できるかと思います。停車本数は1時間当たり1~2本程度でしょうが、決して、岐阜羽島駅や安中榛名駅の様なことにはならないと思います。

 ただ問題は、中間駅の整備には地上駅で350億円、地下駅で2200億円もの費用が必要で、JR東海側がその全額を自治体負担という姿勢を打ち出していることです。新幹線のために地域財政が悪化するようでは話になりません。これは、いずれ政府がJR東海を誘導するものと思われます。東京と名古屋しか駅のない乗り物は、通過地域の経済発展を阻害するものであり、そんな条件で建設を政府が認可するはずがありません。駅を自社建設するために東京都と愛知県だけは財政負担ゼロという不平等が許されるのでしょうか。ストロー現象で沿線地域が逆に衰退する恐れもあるというのに、弱者からは徹底的に搾取し強者だけに利益が集中する企業エゴを政府が認めるなら、この国はマジで終わりです。
 2027年、私は50歳です。その頃の日本はどうなっているのか。開通の暁には乗ってみたいものです。

JR東海は7日、2027年に開業予定のリニア中央新幹線(東京-名古屋)について、東京、愛知を除く沿線の4県に設置する中間駅の計画案を発表した。今後、自治体などと協議を進めるが、JR東海は中間駅建設費は全額自治体負担を求めており、交渉は難航が予想される。
 同社は1県1駅ずつの中間駅整備を予定している。沿線4県のうち神奈川県では相模原市、山梨県では甲府市、中央市、昭和町にかかる地域、岐阜県では中津川市を有力候補地とした。
 長野県は県南部の高森町周辺が候補地とみられていたが、県側の意見を今後聞きながら詰めていくこととした。
 発着駅については、東京がJR品川駅、愛知がJR名古屋駅と正式に決定した。
 建設の前段階となる環境影響評価(アセスメント)には年内にも着手する方針で、同社では中間駅設置をめぐる自治体との調整を早期にとりまとめたい考えだ。
 中間駅の整備には地上駅で350億円、地下駅で2200億円もの費用が必要で、JR東海側は全額自治体負担の姿勢を打ち出している。
 計画案で示された候補地は、在来線との接続が難しいとの見方もあり、自治体との調整は難航が予想される。
 リニア新幹線は、最高時速505キロで品川-名古屋間を約40分、品川-大阪間を約67分で結ぶ計画。大阪までの開業は2045年を予定しているが、沿線自治体からは延伸の前倒しを求める声が強まっている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110607-00000576-san-bus_all
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

いくら(一応)一民間企業が建設するとはいえ、建設費9兆円、そんな銭があれば東北へ回せと思っている人も多いでしょうに。
汽車ぽっぽが出来れば日の丸の小旗を振って万歳三唱というメンタリティは変わりませんね。
それでも乗ってみたいですか。
【2011/06/13 19:34】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

Re: タイトルなし
 途中駅の経済効果なんて限定的ですよ。リニア新幹線がこれまでの新幹線と大きく異なるのはこの点です。注目は甲府です。JR東日本との競合でどれだけ疲弊するか。品川~甲府だけでも先行開業すればいいかと思います。しかし、2027年に間に合うのでしょうか。ちょっと無理っぽい気がします。また、環境アセスメントの問題。地下水脈の破壊などの被害が心配です。
 国が建設「命令」を出したのも理解に苦しみます。JR東海が自己資本で建設を推進するのだから本来は「許可」であり、国も「頑張りや~」と無責任に旗を振るだけでいいわけです。国庫支出や沿線自治体の膨大な負担を強いるのであれば、しっかりと反対すべきです。
【2011/06/15 14:24】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/919-d7b7825d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。