名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場の電力不足対策
20110616005609.jpg
 真夏の電力不足への不安が浮上するなか、サマータイムを導入する企業が増えていますが、今度はシエスタを導入する職場も現れました。しかも、お役所の岐阜県庁が導入です。(画像は中日新聞2011年6月15日朝刊より)
 シエスタとはスペイン語で「昼寝」の意味で、13~16時を休憩時間とするものです。今回岐阜県庁は13~15時の2時間を休憩時間とし、夏場の電力消費のピークとなる時間帯の電力消費抑制を図るのが狙いとか。記事によれば奨励とのことですので強制ではないようです。

 これで窓口サービスが18時まで1時間延長されれば「行政サービスの向上」となりますが、そのような話まで進んでいるような感はありません。また、仮に1時間残業となると、職員の帰宅時間はこれまでより2時間遅れることとなり節電効果が薄れるほか、超過勤務手当も消えるは帰宅も遅くなるわでライフサイクルにも影響が出る可能性もあります。まぁ、公務員はこれぐらいの泥かぶれやとも思いますが。
 でも、民間企業(特に営業職)ですと毎日のサービス残業は標準装備ですから、シエスタはあると助かります。最近では「朝活」に積極的な職場も増えており、職場への拘束時間も拡大傾向にあります。前に在籍していた会社では、私も毎日シエスタしてました(といっても1時間弱でしたが)。実体験で言うと、シエスタすると午後から夕方にかけての仕事の集中力が上がります。そのおかげで、夜遅くまで職場で軟禁状態でも耐えられたわけで(でも体壊して、その会社は辞めちゃいましたけどね)。

 今回のシエスタをはじめ、サマータイムや休日・夜間操業は、それぞれの導入企業で考えたうえでの判断でしょうし、一定の節電効果や電力の有効活用を実現するのでしょうが、その陰で従業員を相手にしている商売をされている方にとっては、頭の痛い問題も浮上することでしょう。
 例えば、飲食店ではランチタイムを15時まで延長せねばならず、12時台のようなピークを緩和することはできても、お客さんの波が延々と止まらなくなり店員さんの休憩時間が確保し難くなり疲労が蓄積されてしまいます。また、営業時間を延長することは同時に電力を消費することでもあります。企業や官庁が「何%電力消費を削減しました」と宣言したところで、そのすぐ脇の商店で電力を従前より多く使っている様では、トータルでは少なくても根本的に節電とはなっておらず、その宣言の効力は半減します。
 企業城下町など工場地帯の商店は更に深刻で、これまで土日は確実に休めたのが木金に変更になることによって、家族の生活リズムが大幅に変わってしまいます。生活のためとはいえ、企業のご都合に振り回される被害者が多いように感じます。
 光があれば影もある。今年は、いろいろな面で厳しい夏になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/924-a1174e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。