名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年ぶりの「あさくま」
DSCN9379_convert_20110627021833.jpg 名古屋市博物館の見学後、参加者全員で近くにある「あさくま」桜山店に食事に出かけました。恥ずかしながら、「ステーキのあさくま」へ行くのは20年ぶりです。
 ステーキのあさくま。創業者の強烈なカリスマ性もあり、日進の赤池から東海地方一円に、まるでスーパーのように網の目のようなドミナント展開を実施し、そして関東へも店舗網を拡大、更には海外進出まで実現したあさくま。ファミレスが普及しつつある時代に、豊かさ食生活の象徴だった「ステーキ」で他と一線を画し、独自路線で一気に拡大した20年以上前の隆盛期を知っているだけに、その後の閉店ラッシュにより全盛期の何分の一にまで減らした現在の店舗網や噂にもならない現在の状況、更にメニューすらろくに表示されない素人並みの公式ホームページには寂しさを感じます。数年前から、中古厨房機器販売の会社「テンポスバスターズ」の傘下に入り経営再建中だというから驚きです。
20110627020248.jpg これ、東海地方限定ネタでしょうが、子どもの頃は「あさくまで外食」というと、小躍りして喜ぶぐらいのちょっとした贅沢でした。30歳以上の方なら、ご記憶にあるはずです。ワゴンに乗せて運ばれてくるステーキ。紙ナプキンを膝の上に載せたり、襟元に挟み込んで食べたり。慣れないナイフとフォークを持って、いかにも「贅沢しとるな」って思った記憶が蘇ります。
 昔のあさくまというと、山小屋をイメージした重厚な店舗外観と薄暗い店内。劇ウマのコーンスープ、なぜか名物のもろみそ(=金山寺味噌)、食後にもらえるハッカ飴など、独特のあさくまワールドが炸裂していたのをよく覚えています。ステーキ店というと、このイメージが定着してしまい、後発の「ブロンコビリー」や「びっくりドンキー」あたりのチェーンも、この路線を踏襲しているのが非常に興味深いところです。
 現在もコーンスープやステーキソースは一部のスーパーで売られているので手に入るのですが、近くにありながら足が遠のいてしまった「あさくま」。私には過去の存在になっていました。
20110627020246.jpg
 では、メニュー表を開けてみましょう。

 えっ、一番安いのが1480円?「980円とか、3桁のメニューはあらへんの?」「まだ昼の1時やで、昼食に1,000円以上かけて大丈夫?」「アホ、身の程知らんかい!」などと心の叫びが次々と聞こえました。「いやぁ~参ったなぁ、ハハハ。」と顔が引きつるのを他の参加者にバレないように必死に抑えながら誤魔化し、次のページに逃げ込みます。
 しかし、驚くのはステーキといえば肉の質で勝負すべきなのに、ステーキのメニュー欄で一番最初に「オーストラリア牛」が出てくるところ。一番最初に出すということは、あさくまが一番推しているメニューということですよね。いくらサーロインやテンダーだろうが、ヘルシーなオーストラリア牛ですからねぇ。あさくまが転落してきた背景がこういうところからも垣間見られる気がします。
20110627020244.jpg
 なんだ、あるじゃないですか。リーズナブル部門。
20110627135009.jpg
 子どもの頃、我が家があさくまで食べられたステーキの選択肢は「和風ハンバーグ」「学生ステーキ」「お子様ステーキ」の三択でした。お子様ステーキは小ぶりのステーキとデザートに火を噴く花火を突き刺したアイスクリームが出てくるのが特徴でした。やはり注目は、あさくまのロングセラーといって過言ではない「学生ステーキ」。学生さんはお金はないかもしれないけれどスタミナをつけなければならない。そんな学生さんをあさくまは応援するために学生ステーキをつくりましたという感じの能書きで売り出していました。焼くと真ん中が少し盛り上がり量が多そうな気がする肉でした。合い挽き肉をチョップして練りこむとメニュー表にありますが、実はこれは合成肉。でも歯ごたえのある肉で美味い美味いといいながら子どもの頃は食べたものです。2000年ごろまでは一部のスーパーでも冷凍食品売り場で買えたのですが、最近は見かけなくなってしまいました。そして驚いたのは、「学生ステーキ」が「学生ハンバーグ」に名称変更していました。食品表示の厳格化で、この肉が「ステーキ」という名称で売れなくなってしまったのでしょうか?でも、サイコロステーキと名乗る合成肉が現在でもスーパーで売られています。この裏事情も気になるところです。
DSCN9381_convert_20110627021922.jpg
 私が注文したのは、やっぱり学生ハンバーグです。出席者7名で唯一でしたが、やはり、あさくまといえば学生ハンバーグ。これを食べずしてあさくまは語れません。年甲斐もなしに、あんた34歳だろ?とツッコミが飛びそうですが、別に良いじゃないですか。「青春18きっぷ」で全国を行脚する高齢者もたくさんいるのですから。
 700円加算でサラダバーとドリンクバーの飲み食いし放題コースがあったので、こちらを選択。1,480円もの豪遊となってしまいました。しかし、メニュー表に「終売」の表示の多いことや、限定数量完売したのに、平気でメニュー表に挟み込むだらしなさ、更に「2時半以降、サラダバーへの新たな補充は行いません!」の宣言など残念な点が目立ちました。バイキングなら、ある程度の廃棄リスクぐらい考慮するのは当然だと思うけど、本部の指導(または廃棄ロスの多さが本部からの指摘対象になる?)だと思うがお客に節制を求めるのは筋が違うと思うよ。

 20分ほどして、ステーキがやってきました。
 まずは、T君が注文したサーロインステーキのランチ、1,980円也。
DSCN9380_convert_20110627021855.jpg
 出席者の大半が注文した和風ハンバーグ。
DSCN9382_convert_20110627021954.jpg
 そして、出てきました、学生ハンバーグ。昔と変わりません。ステーキソースをかけて、硬い肉を切りながら食していきます。ホント、懐かしい。この味でした。肉汁がほとんど出てこないカッタイ肉。20数年ぶりに食べたので、感動もひとしおでした。子どもの頃はこのステーキで大いに感動できたのだから、あの頃は夢があった時代だったなぁ。そして、ピュアだったな、オイラ。

 子どもの頃は「いつかはサーロインステーキ」なんて言っていましたが、結局外食でサーロインステーキを食べたのは、社会人になってから接待で連れて行かれた時に仕事で2~3回食べただけです。
 食生活も肉中心の欧米化に変貌していく時代から、飽食の時代を経て健康志向が重視されるように時代が変わってきました。恥ずかしながら私もメタボですし、年齢のせいか肉を意欲的に食べなくなり、徐々に魚へシフトするようになってきました。
 かつては東海地方における外食産業の雄だったあさくま。時代の波に乗った先はどこなのか。20年ぶりの訪問から、いろいろな思い出や課題を考えさせられながら、あっという間に3時間ぶっ通しの食事会は終了しました。

 あさくま、次に行くのはいつになるだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:焼肉・ステーキ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/928-d476777f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。