名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

古代メキシコ・オルメカ文明展
DSCN9376_convert_20110627111839.jpg
 6月26日、定期的に集まっているグループからお誘いをいただきまして、桜山にあります名古屋市博物館に出かけました。メインはこの日が最終日の展示「古代メキシコ・オルメカ文明展-マヤ文明への道-」。この種の展示で異例の1300円という高額入場料ながら、ご好意により無料招待券を頂いたため観に行くことができました。Kさん、ありがとうございます。
 古代文明、メキシコ。正直なところ関心の薄い分野です。そういえば、名古屋市はメキシコシティと姉妹都市関係にあるよなという程度の認識しか私にはありませんでした。そういう時こそ、新しい発見があるものです。今回は国内の博物館に限らず、本国メキシコから展示用に運ばれた貴重な展示物もあり、なかなか唸るものがありました。館内はもちろん撮影禁止ですので、博物館で手に入れた宣伝用パンフを元に、少しご紹介します。

 オルメカ文明とは、マヤ文明をさらに前、紀元前1500年頃(今から3000年ほど前、日本でいうところの縄文時代後期)に南北アメリカ大陸を首の皮一枚でつなぐメキシコから隣国のグァテマラにかけてのメキシコ湾岸地方に突然あらわれた新大陸最古の古代文明で、マヤ文明など中米古代文明の美術様式や宗教体系との共通点が見られることから、新大陸の「母なる文明」と呼ばれているそうです。
20110627020212.jpg オルメカ文明を代表する「オルメカヘッド」と呼ばれる高さ約1.76mもの大きさを持つ巨石人頭像や、マヤ暦が刻まれた石碑をはじめ、ヒスイなどの玉製品、彩色土器、土偶など貴重な原始美術品を約130点が展示されていました。
 オルメカ文明のすごい点は加工技術の高さ。巨大な石を彫刻し、土造りのピラミッド神殿などを築く建築技術や、ヒスイなどの宝石を精緻に加工する技術には圧倒されます。3000年のときを経て、いまだに光り続けるヒスイの宝飾には驚かされました。また、表情豊かな土偶や石像にも癒されました。更に驚くのは、この地に暮らした人々はベーリング海峡を渡って来たモンゴロイドだそうです。どうやって移動したんでしょうね。
 そして、2つの暦を合わせる独特の「マヤ暦」。そのマヤ暦による「世界の終末」が2012年12月20日過ぎ。実は来年なんですよ。もう、何が起こってもおかしくない時代、太古の昔に既に予見できたとすれば、恐るべしマヤ暦。
20110627020236.jpg
 現地からは運ばれてきたオルテカヘッドの実物には圧倒されました。運ぶだけでも大変な石を精密に加工しています。そして、もう一つの目玉はヒスイの仮面。「複製ちゃう?」と言いたくなる位の精密な加工が施されています。木や椰子なのどの殻をくり抜くお面は多いが、3000年前の技術で硬いヒスイをどう加工したのか、特に穴をくり抜く技術や、目・口・鼻の部分の微妙な丸みの加工・研磨技術が大いに気になる。

 展示で最も多いのが、一番多かったのが石碑の拓本。さすがに石碑を引っこ抜いて名古屋まで運ぶなんて無理な話です。しかし、写真でなく「拓本」なのは、風化などによって写真では見逃してしまいがちな細かな模様や情報を見逃さないという意味では有効な手段です。驚くのは、その拓本の採取を担当したのは日本人の伊藤さんで、展示物のほぼすべてを一人で担当されています。
DSCN9378_convert_20110627120952.jpg
 今回の展示、大変貴重であることからメモ帳を片手に解説文を写したり、展示物をスケッチする姿も見られました。その筋の方にとっては、相当貴重な展示だったようで、私が見に行った時間帯には、メキシコ政府関係者も名古屋市博物館員と共に展示を視察する姿も見られました。
 会場内には実寸大のオルメカヘッドのレプリカをバックにやジャガーマントつき頭飾りをつかって自由に写真が撮れるコーナーもありました。こういう企画、個人的には大好きです。子どもに混じって大人気なく、早速、筆者もオルメカヘッドをかぶって記念撮影!
 お土産コーナーにはメキシコの特産品やオルテカグッズ、ヒスイなどのパワーストーンなどの販売もありました。
 今回の展示は日本メキシコ交流400年の記念事業として、全国を巡回して行われており、今年1月から3月までは北九州市、次に名古屋で4月から6月まで行われ、その後は7月から9月まで鹿児島で、そして10月から12月に東京で開催されるそうです。お時間があれば、ぜひご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/929-5f1fb81c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)