名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この猛暑をどう乗り切るか
 東海地方の梅雨も明け、本格的な夏が始まりました。日本有数の酷暑地帯である東海地方は今年も各地で最高気温を競い合う日々が続くことでしょう。しかし、東日本大震災による電力問題から、今年は例年に無い「節電」という新たな課題を前にして、いかに猛暑を乗り切るかという問題は避けて通れず真剣に向かい合わねばならない状況になっています。

 節電の象徴として、電力不足を理由に冷房の設定温度を上げる動きが広がっています。このきっかけとなった「クールビズ」という考えが定着したのはここ数年の話。24℃だった冷房設定温度は26℃を飛び越え、今年の「スーパークールビズ」とやらで設定温度を「28℃」にしてしまいました。
 28℃というと、少し動いただけで暑さを感じてしまう温度です。街へ出てみても名古屋の地下鉄は暑く、駅にホーム冷房が無い駅が大半(仮にあっても送風が止まっている)ため、電車を待つだけでも拷問状態の場合が多々あります。また、涼しいといえば図書館ですが、図書館へ飛び込んでも冷房設定温度が28℃とやらで、館内も送風がほとんどないことから、体感気温が逆に上がる一方で滝の様な汗を流す羽目になることも珍しくなくなりました。どこ行っても暑い。本当に困っています。
 TVニュースの映像を見ていると、節電モードでエアコンを使わない年配の方は決まって「私達は耐えることに慣れていますから」などと精神論の様な話をする姿を何度も見ましたが、熱中症などで救急搬送されるのは年配の方が圧倒的に多かったりします。もはや、猛暑は天災のレベルになりつつあるのです。

 クールビスによる設定温度「28℃」とは、どの程度の気温なのか。そして、冷房設定温度として設定した根拠とは?

 これは労働安全衛生法という法律の「事務所衛生基準規則」というものに事務室の環境管理についての規定がありまして、
>(空気調和設備等による調整)
>第五条 事業者は、空気調和設備…中略
>3 事業者は、中央管理方式の空気調和設備を設けている場合は、室の気温が十七度以上二十八度以下及び
>相対湿度が四十パーセント以上七十パーセント以下になるように努めなければならない。
参考URL:http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-2/hor1-2-36-2-0.htm

 その上限が「28℃」とあるために決まったようです。しかし、28℃って室内では相当厳しいラインだと思います。
 私、室温28℃設定の職場にいるのですが、パソコンや蛍光灯からの放熱、そして職場にいる40名の呼吸などで気温が上がる一方。毎日、午後には30℃を突破してしまいます。つまり、エアコンがエアコンとしての役割を果たさなくなっているのです。ここ数日、午後になるとバテるようになりました。
 それでもいるんですよね。「冷房が寒い」と平気で言う人が。いったい、どんな体調管理しているのやら。「お前、一年中ジャンバーでも着ていろ!!」と言いたいところですが、出かかる言葉を必死に抑えている毎日です。おそらく、その人は重症の冷え症なんでしょうが、一部の人の為に大勢のメンバーがバテバテで過ごす職場、ちょっとした拷問部屋になっています。

 そこまでして、耐えるべきなのでしょうか。きっと、今年は熱中症に起因する犠牲者が爆発的に増えそうで心配です。その心配は自分にも回りかねません。中部電力は電気の供給については必要量を確保し計画停電を回避すると宣言しているのですから、一般市民は無理に冷房を抑えることによる2次災害を回避することも考えるべきかと思います。
 電力会社は逆にこれで乗り切ってしまうと、原発は本当に不要であることがある意味証明されてしまいますので、意地でも電力不足にでも追い込もうとしているかもしれませんから、注視せねばなりませんが。
 だから、「28度に設定厳守」ではなく「状況を見極めて逐次設定温度を修正する」柔軟な姿勢が必要ではないでしょうか。いたずらに耐えるのではなく、せめて室内に温度計を置くなどして暑さ対策を講じるべきだと思います。

 余談ですが、クールビスより冬場のウォームビズ(暖房温度設定)は数段楽なものです。暑さは服を脱ぐぐらいでしか対策がとれません。したがって効果は限定的ですが、冬場のウォームビズは着膨れすれば相当な効果があるからです。前述の「事務所衛生基準規則」では「17度以上」と記述されているものの、「ウォームビズ」では「室内温度は20度(政府機関は19度)」と設定されています。クールビズでは「規則」と同じなのにウォームビズではやや甘めの設定なのが不思議でしょうがありません。過剰な冷房自粛を冬場の暖房自粛に回して欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

東京の暑さ、特に夜は、ここ数年熱帯よりかなり暑いようです。
大阪や名古屋等の大都市も同様で、シンガポール・クアラルンプール・バンコクなどの大都市よりも暑く感じるようです。
熱帯の都市はエアコン、昼はガンガンに寒いくらいにかけていますもの。
日本を離れて熱帯へ避暑へ行こう。
【2011/07/13 05:43】 URL | 熱帯へ避暑 #- [ 編集]


そういう時は家電屋へ逃げます(笑)。
下手すりゃ、試遊できる・立ち読みできる・家電を見て回れる・ネットサーフィンできるでほぼ1日過ごせます(爆)。

・・・まぁ、店員から白い目をされかねないので、やりませんけど、その気になればやる人はいそう。
【2011/07/14 00:26】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

街中に避暑地はあるか
>熱帯に避暑さん
>東京の暑さ、特に夜は、ここ数年熱帯よりかなり暑いようです。
>大阪や名古屋等の大都市も同様で、シンガポール・クアラルンプール・バンコクなどの大都市よりも
>暑く感じるようです。
 都市の気温については、そういう報告もありますね。日本の都市部は臨海部まで高層ビルを建ててしまったため、東京では浜風が遮断されてしまい夜間の気温低下がうまく機能しないそうですね。「猛暑も人災」と言うこともできるかと思います。
 避暑の旅に出られるならいいですが、海外逃亡はおろか北海道など国内の避暑地にも行けないとなると、結局は日常社会の中でいかに猛暑と向き合うかを考えねばならないですね。

>アレックスさん
>家電屋へ逃げます(笑)。
 なるほど。私もマッサージチェアを目的に時々行っています。ホントに買う奴いるのかと思う、30数万もするマッサージチェアで気持ち良過ぎて眠ってしまい、店員に起こされたこともあります(笑)。気持ちいいので引き続きと2回目突入したくなるのですが、指圧しすぎが体に支障をきたす場合があるようです。先日、2回(約50分)やって猛烈なダルさに襲われたことがありました。
 あと、私はショッピングモールのフードコートを逃げ場所にしています。やかましいので、耳栓などの装備が必要ですが、本を読んだり音楽やラジオ聴いたりするにはいい環境です。最近は警備員が見回りに来るところもあり、スーパーでパンとジュース、又は寿がきやがあれば氷でも買って、不法占拠で無いことをアピールしながら暑さをしのいでいます。こちらは座れる、これが最大の魅力です。これ、高齢者でもできる避暑の方法だと思います。
【2011/07/15 00:02】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/936-8a2c119d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。