名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

高岡・氷見行軍(中)
 6月18日に行きましたお出かけ報告の続きです。
DSCN9241_convert_20110804011458.jpg
 氷見市の海鮮館を訪れました。全国でも珍しい漁港施設内にありフィッシャーマンズワーフと道の駅を併設した施設で、富山湾のきときと魚介や水産加工品が買えることで賑わっていました。
DSCN9224_convert_20110804010507.jpg
 やはり、メインはこちら。
DSCN9228_convert_20110804010751.jpg
 何と言っても、富山湾の鮮魚が主役です。
DSCN9240_convert_20110804011350.jpg
 この時期は岩牡蠣も生で食べられました。身が良く引き締まっています。
DSCN9230_convert_20110804010900.jpg
 そして、富山湾の顔といえば、やはりブリですよ!! 今回店頭に並んでいたは、やや小ぶりのガンドブリ。「ガンド」。初めて聞く名称です。ブリは出世魚ですので、体調や重さによって名称が変わります。更に、
関東では「ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ」
関西では「ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ」
北陸では「コゾクラ(ツバイソ)→フクラギ→ガンド→ブリ」
という具合に地域で名称も異なるのが特徴です。ハマチに至っては養殖モノ全般を指すケースもあるそうです。
 お店の方に話を聞くと、やはり旬の冬場を過ぎるとブリも脂がやや抜けた小柄が多いとか。ガンドというのは、北陸地方独特の名称ですね。富山ではフクラギやガントがよく出回るのだとか。
DSCN9227_convert_20110804010609.jpg
 鮮魚の丸物はどうもという方には、刺身パックもありました。醤油が別売りで20円。近場のスーパーでご飯を調達できれば、立派な定食です。構内には食事できるスペースもあって、切りたての刺身を味わう人の姿もありました。なぜなら、食堂の刺身定食は軒並み1,800円コース。これなら、名古屋でも十分に堪能できる値段です。別に氷見まで来て食べるレベルではないのです。
 海鮮市場のお店の方は、大変愛想の良い方ばかりでした。トビウオとアジを購入。刺身で食べましたが、鮮度の差ですね。非常に美味しく頂きました。
 一応、併設している道の駅といえば「きっぷ」ですが、この駅では販売されていませんでした。海鮮市場のテナント収入でどうにでもなるから、1枚160円の切符でちまちま売り上げを稼がなくてもいいのでしょう。道の駅としての機能はほとんどありません。たまにありますね。物販があてにならないからと明らかな補助金目当ての道の駅。
 1つだけ苦言を言うと、事前に情報を得ていましたが、事務員の女、無愛想過ぎ。そんな態度で氷見港遊覧船の客にも応対しているのだろう。氷見ブランドにあぐら書いている醜態を見せていただきました。魚あっての氷見。立派なのは自然の恵みであって、アンタは別に偉くも何ともないんだよ。観光でメシを食う身の態度とは思えません。こういう奴らが地域ブランドをダメにするんだよ。
DSCN9231_convert_20110804010958.jpg
 海鮮館の食堂の価格にオカンがキレたので、すぐ近くの魚市場にある海寶という店で食事です。ネット上では氷見ではここばかり出ていました。きっと、氷見市内で魚を食べさせる店があまりないのでしょう。漁師街では、よくある話です。
DSCN9236_convert_20110804011110.jpg
 刺身定食(1,100円)
DSCN9237_convert_20110804011232.jpg
 かぶす汁定食(1,400円)

 正直な感想で言うとハズレでした。地元のホテルが経営しているようですが、刺身にサプライズ無し。しかも、魚市場内なら鮮度で売らなアカンのに刺身に防腐対策のレモンを入れないで欲しい。刺身がレモンの酸で焼けてしまうし、鮮度悪そうに見えてしまう。あら煮は小骨が多い上に塩しか味付けしていないのか(味噌の味がしない)薄味です。味付けの濃い地域に住んでいる身としては物足りませんでした。また、氷見米と能書きをたれてくれるのはいいけど、ご飯が少なく1,100円出した割には物足りなさを感じました。やはり、冬場に比べると内容が悪いのかも。

 海鮮館で刺身パックを買って、スーパーでご飯を調達し、車内で食べるのが理想的と感じました。それなら、定食の6割ほどの値段で刺身を満喫できたかもしれません。また、観光地化されていない近くの新湊(富山湾沿いの街)にした方が正解だったかも。ネームブランドがありますから、地元で消費するより東京や関西に出荷した方が値が数段跳ね上がるからでしょうか、地産地消として根本的に魚を食べさせてくれる店が少ない街という印象を持ちました。
DSCN9252_convert_20110804011724.jpg
 この日は天気が悪く、雨晴海岸から見る立山連峰は拝めませんでした。ついでにJR氷見線の撮影をしようとしたら、親父がキレそうでしたので断念し、高岡市内へ向かいます(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:富山県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

氷見はどちらかというとうどんが有名ですね。

フィッシャーマンズワイフの魚は本当に美味いです。
その昔、某作品の「巡礼」がてら、最初に寄ったのがここでしたけど、魚はホントに美味しい。また行ってみたいと思わせるほどですよ。

・・・無愛想な人は知りませんでしたけど(苦笑)。
【2011/08/11 00:41】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

Re: タイトルなし
>氷見はどちらかというとうどんが有名
 確かに氷見のうどんは美味いですね。物産展で何度か買って試してみました。今回は親を連れていましたので、「ここまで来て、うどんとは何事か」とキレられそうでしたので、ハズしてしまいました。

>フィッシャーマンズワイフの魚は本当に美味いです。
 どうしてもブリや白エビに目が行きがちですが、アジやトビウオなどの魚も質が高く美味かったです。魚を商う人達も愛想が良く、伊勢志摩方面の様な商売っ気の荒さも感じないので、買いやすいのもポイントが高かったですね。
 また、地物だけで勝負しているのも魅力です。愛知県某所の鮮魚市場の様に甘エビとかマグロとか、どう考えても地物じゃないモノを平気で並べる市場が最近は「品数多くて人気」と報じられてしまうのが、少し残念な気がします。
【2011/08/13 04:42】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/948-6727fccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)