名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

東海テレビ「セシウムさん」放送事故3
20110810095604.jpg
 収拾の気配が無い、東海テレビの放送事故問題。JA全中などJA系列にとどまらずCMスポンサーの撤退が相次ぎ、放送事故が発生した情報番組「ぴーかんテレビ」についても、打ち切りを視野に入れた検討に入っていることが明らかになりました(画像は読売新聞8月9日より)。
 CMを撤退する理由としては、今回の放送事故による(不祥事企業への出稿による)企業イメージへの悪影響を考慮しているところが多いようですが、同時に情報番組からアニメの再放送になってしまったことで視聴者層が変わってしまったため、宣伝効果が薄いことからCMを流す必要性が無くなってしまった企業もあると思われます。

 今回の事故で東海テレビの対応には疑問点が残ります。まず、岩手への謝罪に社長ではなく常務を行かせた件。トップマネージメントで無い段階でアウトです。事の重大さを理解していない軽率な判断であり致命傷となりました。経営に甘えがあります。また、公式サイトに掲載された謝罪文も、社内検証が半日で終わったとみられる記載もあり、今回の件の(法人格であれど)当事者・責任者として本当に反省しているかが不明瞭で、当事者と見られる外部のCG制作会社に転嫁するつもりではないかと勘繰りたくなります。
 また、「ぴーかんテレビ」の代替で放送されているアニメ枠でのCMも、AC(公共広告機構)がほとんど流れず、番宣や東海テレビ主催のイベントやコンサートなどの宣伝で充当されています。以前、豊橋で暮らしていた頃、静岡第一テレビのCM飛ばし事故があって、一時的にCMがゴッソリ抜けたのを実際に見たことがありました。市場規模の違いはあれど、事件発覚から数日間は悲惨なものでした。しかし、東海テレビでは報道等で全国に流れた8月5日を除いてAC連発など目立った兆候は見られません。確かに今回の事故による損害は計り知れず、イベント収入もその穴埋めとして使わざるを得ないでしょうが、早くもそんな切り返しをするのは他人事の様ですし同時に隠ぺいでもあるのかと思いたくもなります。
 いずれにせよ、東海テレビの体質が良く分かった事例ですね。

↓8月9日の中日新聞朝刊社会面の下に小さなお詫び広告が載っていました。↓
20110810095747_20110810104541.jpg
 このまま番組打ち切りになる可能性もあるかと思うと残念な話です。また、番組を打ちきればそれで問題が解消するのでしょうか。この業界のことですから氷山の一角だと思いますが、1人の心無い行動が、何の罪も過失も無い出演者・番組制作スタッフ・社員・会社、そしてスポンサーや視聴者にまで影響を及ぼそうとしています。
20110811151419.jpg
【2011.08.12追記】
 『中日新聞』2011年8月10日夕刊によると、「8月5日午前、常務らが岩手県庁に謝罪に行ったが、岩手県知事は不在だった」という記載があります。緊急事態とはいえ、このクラスへの面会は事前にアポを取るのが基本ですから、おそらく知事不在を知って社長は盛岡行きを回避していたのではないか、岩手県知事とJA岩手県連をセットで回り謝罪行脚は1度だけで済ませたいという発想だったのではないか、という疑問を感じます。
 そうなると、常務達が訪れたJA岩手県連への対応は何だったのかという疑問も浮上します。偵察だったのでしょうか?「とりあえず、謝罪」だったのでしょうか?最も風評被害を受ける危険性が高い農業関係者に対して、東海テレビは県庁との間に格差をつけていたということじゃないでしょうか。
 このようなトラブルの場合、トップが何度でも飛行機で盛岡へ謝罪行脚に行くのが当然ではないでしょうか。内部検証の陣頭指揮という理由は内弁慶に終始しただけであって、岩手県側には何の言い訳にもなりません。企業のトップの行動として最悪のシナリオであり、自ら傷に塩を塗ってしまった格好になってしまいました。

 東海テレビ放送(名古屋市)の情報番組「ぴーかんテレビ」で、岩手県産米のプレゼント当選者について「怪しいお米 セシウムさん」などと不適切なテロップが流れた問題で、子供服メーカーのミキハウス(大阪府八尾市)がすでに同番組へのCM提供を打ち切り、愛知県護国神社(名古屋市)もスポンサーから降りる方針を決めたことが8日、分かった。
 ほかに少なくとも4社が同番組へのCM提供を当面、休止することを決定。東海テレビへのCM休止の動きはこれまで農協関連団体に出ていたが、民間企業にも拡大した形だ。
 東海テレビは、問題が起きた翌日の5日から、「ぴーかんテレビ」の放映を見合わせ、アニメの再放送などを流している。東海テレビは同番組のスポンサーのリストを公表していないが、ミキハウスは毎週金曜にCM提供してきたことを認め、「打ち切りは問題の発生当日に即断し、謝罪に来た局担当者に強く抗議して伝えた」としている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000170-yom-soci
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:本日気になったネタ - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/958-9214a3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)