名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

名古屋港の水上バス
DSCN9609_convert_20110824021739.jpg
 名古屋市のリニア・鉄道館のある金城ふ頭から名古屋港を結ぶ水上バスがあることをご存知でしょうか?一応、中日新聞でも報道はされましたので周知はされているはずなんですが、Web上でも情報が乏しいので一度乗ってみることにしました。
 名古屋港の一番先端にある金城ふ頭の欠点は、公共交通機関があおなみ線1本しかない点です。かつては、地下鉄築地口駅及び名古屋港駅から市バスが出ていたのですが、あおなみ線開業時に市バスの路線は野跡駅までで打ち切りになってしまいました。したがって、名古屋駅へのアクセスは良くても、栄や金山へのアクセスは乗り換え必須となり、利便性が悪くなってしまいました。あおなみ線・金城ふ頭駅前にパンフを持った係員がいまして、乗船場所を教えてもらい、7月10日に行きましたリニア・鉄道館の帰りに利用してみました。
DSCN9607_convert_20110824020626.jpg
 リニア・鉄道館から徒歩10分、あおなみ線金城ふ頭駅から徒歩5分ほど、あおなみ線の高架が切れた先を少し進んだ左手が乗船場所です。この水上バスは名古屋にある堀川の遊覧船などで実績もある名古屋の会社「東山ガーデン」の運営だそうです。中日新聞の報道では常滑フーズ株式会社という名前が出ていましたが、おそらく東山ガーデンの関係会社とみられます。リニア・鉄道館の閉館時間から少し時間を潰して、金城ふ頭17:40発の最終便に乗り込みます。関係者の車両とテントだけの簡素な即席船乗場でした。切符を買おうとテントに近寄ると、「そのまま船へどうぞ」とのこと。どうも、運賃は船内精算の様なので、さっそく船に乗り込みます。ここまでで運賃等の案内一切なし。私はパンフで事前に「運賃700円」と聞いていたので良かったのですが、本当の一見さんや飛び込み客にとっては回らない寿司屋みたいで不安になります。
DSCN9611_convert_20110824022044.jpg
 17:40、定刻通りに出航。お客さん8名。日曜日の夕方、目の前のリニア・鉄道館は大賑わいなのに寂しい限りです。行きと帰りで同じ経路を使うなんて、乗り物好きにとってはできるだけ避けて通りたいはずです。そんな乗り物好きが集まっているはずなのに、お客さんが集まらない。完全なPR不足ですね。
 出航してからしばらくして、金庫箱を持った係員が一人ずつ運賃を徴収に来ました。この便は8名だからいいですが、満席の77名乗船の場合は、所要時間の20分で徴収できるのか不安になりました。
DSCN9618_convert_20110824022351.jpg
 運賃を支払い、船上に出ます。この船、船室の2階がデッキになっていまして、潮風を受けながら名古屋港の風景を眺めることができます。せっかく船の乗ったのですから、潮風をしっかり浴びておきましょう。
 名古屋港の遊覧船自体は、1986年から金鯱の外観をしたユニークな遊覧船が就航していましたが、2010年に引退していたそうです。思えば、就航当初に乗った記憶があります。それ以来、20数年ぶりの名古屋港遊覧です。
 あの頃、目の前の伊勢湾岸自動車道名港中央大橋はありませんでした。名港西大橋だけ普通の有料道路として先行開通していた頃です。
DSCN9621_convert_20110824022957.jpg
 この船でないと見えない風景がたくさんあります。貴重な写真を何枚も撮りました。
DSCN9627_convert_20110824023428.jpg
 20分ほどで名古屋港ポートビル前に到着です。到着前に乗客は全員船室に集められます。接岸作業での安全対策の為と見られます。
DSCN9631_convert_20110824023714.jpg
 名古屋港ポートビル脇の乗船場。
DSCN9632_convert_20110824023914.jpg
 ここから、いくつもの航路が発着している様ですが、ごちゃごちゃしていてよく分かりません。掲示方法要再考です。どうも、名古屋港遊覧船も一日3便残っているようです。また、ここから、船見町のブルーボネット(中部電力が造った自然庭園)への船もあります(よく考えたらブルーボネット、まだ未訪だわ)。
 ガムテープが張られたところをよく見ますと…
DSCN9633_convert_20110824024349.jpg
 過去帳入りした航路です。名古屋港~四日市航路、ありましたね。全国各地でリゾートホテルを経営しているセラヴィリゾート泉郷の子会社である、セラヴィ観光汽船が経営していた航路で、同じセラヴィ系の企業が名古屋港イタリア村を経営していたことから四日市~中部国際空港航路の支線として土日祝日のみ2往復運航されたものの、よっぽど暇で酔狂な人しか乗らない航路でした。更に片道1690円もの高額運賃のため、四日市行くなら名古屋駅まで出て近鉄に乗った方が安いと相手にされずあっさり廃止。しかも、船会社が倒産で廃止、名古屋港イタリア村も経営破たんという悲しい末路でした。
 名古屋港~中部国際空港、そんな航路もあったんですね。名鉄電車乗りゃええがや!!の声であっさり廃止されたのでしょう。港区の人ぐらいしか乗らないでしょうね。記憶ないもんなぁ。

 陸上ルートで金城ふ頭から名古屋港まで公共交通で行くとなると、あおなみ線と市バスを乗り継いで約25分、430円(manacaがあれば350円)。水上バスは所要時間約20分、乗り換え無しで更に名古屋港遊覧のオマケ付き。これがプラス270円で可能と思えば、決して割高とはいえないと思います。
 光と影のある名古屋港の航路、金城ふ頭と名古屋港を結ぶ貴重な航路です。水上バス、何とか軌道に乗るといいですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
それでもなお
『名古屋人』の心理から考えれば。270円上乗せでも「高い」でしょうね。

あおなみ線が流行らないのがその証左です。
例えば、あおなみ線近くに住んでいる人が栄へ行く際・・・。
客「一本で行けんのはわかるけど、名駅で乗り換えないかんのに、何で地下鉄より高いの?同じくらいの金額にできんかね?」→関係者「ムリ」
客「だったら遠ても高畑から行くわ!」

カネに関しては嫌というほどシビアですから。かくいう私も20円違うだけで名駅へはJRで行っています(岐阜へ行く場合も同様。逆に豊橋へ行く際は名鉄で・・・と金額だけで決めているフシが)。

全く同じにすることはムリでも、数十円違いにできれば、(私のような極度のケチンボ(爆)以外は)魅力を感じて乗るんじゃないのかしらと思う次第。
【2011/08/26 00:41】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

Re: それでもなお
>『名古屋人』の心理から考えれば。270円上乗せでも「高い」でしょうね。
 ポートビルのあるガーデンふ頭側施設の来場者数が名古屋港水族館以外は厳しいようです。リニア・鉄道館の盛況を対岸の火事の様に指くわえているだけではいけないので、ガーデンふ頭側へ誘導することにより「周遊」させようとする思惑もあるようです。
 ただ、水上バスの運行を土日祝日限定にしているところ、リピーターは原則無いものと考えているようです。

>あおなみ線が流行らない
 リニア・鉄道館開館後、週末の利用者数が増加しているそうです。ただ、これは一時的ですので、抜本的な解決策とはならないと見ています。 

>客「だったら遠ても高畑から行くわ!」
 このパターン、荒子など中川区内で多いようですね。乗り継ぎを考慮すると、高畑まで行って地下鉄乗った方が便利というケースが実際にありますので、ある程度は仕方ないでしょう。あおなみ線は名駅への乗り物と割り切ってしまうのも一考かと思います。

>私も20円違うだけで名駅へはJRで行っています
>(岐阜へ行く場合も同様。逆に豊橋へ行く際は名鉄で
 私は月1~2回岐阜へ行きますが、岐阜へは急ぎの時を除き原則名鉄です。というのは、名駅及び金山の金券屋で回数券のバラ売りがあり、JRが420円に対し、名鉄は400円だからです。名鉄は金山でも同額なので重宝します。名鉄は座れる、これもポイントです。
 豊橋はかつては名鉄オンリーでしたが、豊橋往復切符の登場でJRにシフトしつつあります。JRは名古屋市内各駅から利用できるのがポイントです。
【2011/08/31 12:33】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

天保山のような雰囲気が
観光船は発着していますが、定期航路が消えてしまった天保山みたいです。
1988年頃はひっそりしていたのですが、1990年に海遊館ができ光景は一変し、1994年には空港ゆきの高速船ができたことも同じです。

その東側には大阪市の連絡線があり、こちらは通勤客のみならず、海遊館とUSJを結ぶお客さんで賑わっています。
ただし、「無料」ですが。
【2011/09/03 17:54】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

Re: 天保山のような雰囲気が
>天保山みたいです。
 よく考えるとそうですね。

>大阪市の連絡線があり、こちらは通勤客のみならず、海遊館とUSJを結ぶお客さんで賑わっています。
 大阪臨海部の渡船は地域交通の足として定着していると聞いております。

 水上交通というのは、本当に地域に密着してナンボの交通機関だと思うのです。ただ、気象条件や川や海の状況によって運休することもあり、橋を架けてほしいという要望が噴出します。ところが、橋が架かると往来が劇的に便利になる半面、船に代わり地域を結ぶバスに地元住民は目もくれずクルマに乗り換え、いつしかバスも消えてしまい、公共交通空白地帯が広がってしまうのも大型河川や臨海部でよく見られます。悲しいですね。

 東海地方では昨年、衣浦湾を挟んだ知多半島の半田から西三河の碧南を衣浦海底トンネル経由で結ぶ、貴重なバスが廃止されました。元々は西尾や安城から中部国際空港を結ぶ空港バスでしたが、利用者が少ないことから区間利用を解禁したところ、半田~碧南間は利用者がそこそこいたというのに無くなってしまいました。
 今年の春には木曽川と長良川に残る貴重な渡船が姿を消し、その模様を弊ブログでも取り上げました。特に海部郡から海津にかけてのエリアは公共交通空白地帯で、名古屋から比較的近いというのに地域発展が阻害されているのは、ゼロメートル地帯や穀倉地帯である他に、公共交通網の無さが影響しているのだと思います。特にこのエリア、コミュニティバスは普及しているので隣接自治体同士で連携して路線を結べばいいのにと思いますが、今の行政関係者の多くは公共交通を理解するどころか、乗った経験すら希薄であるため、粗製乱造で空気ばかり運ぶコミュニティバスを生み出してしまうのです。
【2011/09/08 00:30】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/966-e2c8fb63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)