名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

CBCロココロまつり2011
DSCN9813_convert_20110926004112.jpg
 7月29~30日に渡って名古屋栄の久屋大通公園で行われた「CBCロココロまつり」の模様をお届けします。私が訪れたのは30日、目の前にある松坂屋で岐阜県の物産展が行われており、同時開催されていた岐阜県の地酒まつりで地酒という名のガソリンを大量に投入のうえで挑みました。目標は北野誠さんとつボイノリオ先生です。
 イベントごとに撮影許可が下りたり下りなかったり。SKE48のイベントについて入場整理券100名とか、どう考えたっておかしい企画(これだけのイベントでキャパ100名のイベントって、企画自体が観客動員の読みが甘すぎ!)もありましたが、こちらは直前に乗り込んでも楽に見られるので安心です。今年も、肖像権対策として微妙にボカして撮影成功。結構大変なんですよ。この撮影。昨年よりは若干係員のガードが緩かったのは幸い。
 誠さんの際どいトークは今年は無し。関西の重鎮タレントT.Yの話や関西の歌手H.Mの話などベタ話が中心。これに浪速のモーツアルトT.Kの話があれば、誠さんのネタ御三家が揃うようなものです。サイキッカー歴17年の私にとって40分は短すぎるわ。無理矢理10分押したとはいえ、CBCよ、もう少し誠さんの枠を確保しろよ。来年は1時間枠を希望。
DSCN9831_convert_20110926004153.jpg
 誠さんのステージが終わると、つボイ先生のステージまで時間が合ったので、各ブースを訪問。グッズ販売や東北特産品販売は絶好調。危険なCBCヲタリスナーの撮影要請に応じるつボイ・小高のご両人。しかし、つボイ先生の駄菓子屋は最近ネタ切れ感を象徴している気がしましたね。大正製薬のブースに行くと、バイト君と一緒に「ファイトー一発!!」と叫ぶとリポビタンDが無料でもらえるので、2回ほど栄のど真ん中で叫んでタダでいただきました。
 番組ブースを回って気になったのは、河原崎達也さんのブース。最近は東海3県を歩いて路上ライブを繰り返す「歩けばわかるさ」なんて企画もやっていました。Tシャツなど専用グッズまであったのは驚き。噛んでしまうような名前のこのアーティスト。もともとは金山駅で路上ライブをしていた方だそうですが、CBCのお目がねにかかったようで、2~3年前からCBCで番組を受け持つようになりました。日曜の夜に放送されている「いくしかないだろう!」という番組は暑苦しく・古臭い番組ですが、ラジオ好きにはハマリやすい番組でもあります。音楽事務所の持ち込み企画である「一緒に歌お」や、どっかの社長の娘をタレント扱いして番組を持たせるなど、カネと利権にベッタリですっかりダメになった最近のCBCが、ローカルスターを発掘しようとするのは本当に久しぶりです。純地元の人材では20年前の「オーバーワーク(鉄崎・戸井・宮本の各氏)」以来じゃないかな。既に濃い取り巻きもいるのが気になりますが、もう少し期待していいかも。
DSCN9838_convert_20110926004311.jpg
 CBCロココロまつりのフィナーレを飾るつボイ先生のステージも始まりましたが、小高アナに「親方~~!」や「23歳発言」に大ブーイングを浴びせる濃いリスナーが若干名いた他は、危険なリスナー(昔はCBCリスナーに多かったが、いまや存在が絶滅危惧種レベル)も少なく順調に事は進みました。1時間枠だというのに前半の生ライブが20数分間も潰してしまい、幻の芸人テントさんの芸に濃さを感じながらも、肝心のつボイ先生トークが随分短くなってしまったのは残念でした。iphoneを使って少し遊んだ後、「金太の大冒険」「花のしゃべり屋家業」を栄のど真ん中で熱唱して終了となりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
直ちゃん
写真で見るとそう太って見えないのだけど
その顔・・・魔女やな。ここまで劣化するとは。
【2011/10/02 19:25】 URL | くっち〜 #JyN/eAqk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/981-53b406a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)