名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中津川市新図書館問題
20111003234811.jpg
  弊ブログでは過日に新図書館建設を巡り、推進派の市長と反対派市民の間で対立している岐阜県中津川市の模様を「図書館建設に市民が反対する街」というタイトルで5月に取り上げました。本来なら、岐阜県内有数の図書館ができるということで地元の期待が高まりそうなものですが、残念ながら中津川市では全く逆で大反対運動が起きてしまう不思議。建設を推進する市長と反対する市議・市民。どうしてここまで溝が深くなってしまったのか。自称「図書館探検家」として黙っていられなくなり、5月のブログでその背景について考えてみました。
 その後も名古屋に届く断片的な情報を頼りに、その行方を見守っていましたが泥沼化が進むだけでした。ところが、8月に入って新図書館建設問題で進展がありましたので、その経過を含めて再度取り上げます。
 双方の主張として以下のリンクをご紹介します。中津川市新図書館問題を知る参考にして下さい。
中津川市役所・新図書館建設事業
中津川のブログ人
20111003233624.jpg
 8月の時点で9月に行われる市議会で新図書館の建設契約について議案が可決される公算が高いことが判明し、この流れを止めるには市長をリコールする他に方法が無くなってしまったことから、8月末から中津川市の反対する党派を超えた市議を中心に、市民を巻き込んだ署名活動が中津川市内各地で1ヶ月間に渡り行われました(冒頭の画像は中日新聞2011年8月23日朝刊岐阜県版より)。
 中津川市は署名活動への動きが進む7月に突然図書館の名称を「創造情報館」と名称変更するなど、リコール運動への流れを牽制する動きを見せ始めました。
 ところが、署名活動開始直前に興味深い記事が出ました。中津川市が新図書館の建設費及び年間経費の試算を出したというのです。新図書館開館後の年間管理経費は、現在に比べ年間7,300万円増の1億6,300万円になるとのことで、当初の試算のいい加減さに反対派の勢いを付ける結果となりました。中津川市の対応もちぐはぐだったわけです。(画像は中日新聞2011年8月24日朝刊岐阜県版経済面)。
20111002231018.jpg
 一方、新図書館建設を推進する市長側も黙っていませんでした(画像は中日新聞2011年9月13日朝刊・岐阜県版より)。
20111003233620.jpg
 反対派による署名活動で私が疑問を持っていたのは、市会議員会派の主張する「住民の9割が反対」というのは本当なのかという点でした。5月の弊ブログ記事でも指摘しましたが、今年2月に市議会の会派が中津川市全世帯を対象に、新図書館建設計画の賛否を問うアンケートを行いましたが、反対と答えた住民が9割だったものの回収率はわずか22%と低調でした。これでは、新図書館建設に反対するのは市民の2割と見ることもできます。あれから半年、あの市民アンケートの声が本当に中津川市民の意識なのかという統計上の疑問を拭うことができなかったので、今回の署名活動での結果が非常に注目しておりました。

 ところが、この疑問は、その後の報道で打ち消されました(中日新聞2011年9月20日朝刊岐阜県版社会面)。反対派は市内在住の有権者の1/3である23,000人を目標に活動したところ、期間終了まで1週間前の段階で目標を突破してしまったのです。最終的には中津川市の有権者の半数近い32,000人余りの署名が集まり、新図書館建設の反対する人は22%どころじゃなかったことが証明されました。
20111002231022.jpg
 しかし、その署名活動のさなか、9月28日の中津川市議会で新図書館建設の契約についての議案が1票差で可決してしまう事態となりました。議会で可決すれば、仮に市長が交代したとしても既成事実として計画が独り歩きする恐れがあります。おそらく、建設推進派がリコール署名をまとめる前に議会で強行可決してしまおうという魂胆だったのでしょう。地方議会で会派による勢力構造がハッキリしていますが、驚くのは、何でも反対してくれる共産党も賛成しているのは驚きです。(中日新聞9月29日朝刊岐阜県版より)。
20111002231010.jpg

 9月30日、1ヶ月かけて集めてきた32,000人余りの中津川市新図書館建設反対署名が中津川市選挙管理委員会に提出されました。今後、中津川市選挙管理員会による審査が行われ、有権者の1/3を超える署名が認められるとリコールが成立します。
リコール署名といえば、昨年の名古屋市議会リコール署名で名古屋市選挙管理委員会が悪意ある判定を行って、リコール成立を意図的に妨害する行為を行ったことが記憶に新しいのですが、中津川市選挙管理委員会が名古屋市選挙管理員会の様な公平性を欠く判断がなければリコール成立の可能性が高く、住民投票でリコール賛成が過半数を超えると現職の大山市長は失職し、50日以内に出直し市長選を経て最終判断がなされることになります。朝日新聞は名古屋市議会リコール署名の時も良い記事を連発していましたが、今回もリコールの仕組みや選管の情報まで流しているのが興味深いです。(画像は朝日新聞2011年10月1日朝刊岐阜県版より)。
20111002231016.jpg
 図書館建設反対派にとって、今回のリコール署名はまだ序章に過ぎません。仮にリコールが成立しても、出直し市長選に図書館建設反対派候補を擁立する必要がありますし、そして仮に図書館建設反対派市長が誕生しても中津川市議会が新図書館建設計画を可決してしまっていることから、議会対策や建設差し止めによる建設業者等への違約金が発生する可能性が高くなる山あり谷ありの行程です。もし、新図書館建設計画の差し止めができたとしても、その後の市政に大きな遺恨を残しかねません(画像は中日新聞2011年10月1日朝刊岐阜県版より)。
 しかし、それを判断するのは中津川市民です。確かに市民の要望が高いと言われる「市民病院の医師確保」対策に力を入れるのも大切だと思います。都市部だって不足気味の医師。中津川市は市民病院の確保が大変で、相次ぐ休診で高度な医療を地元で受けられなくなり、わざわざ瑞浪や多治見まで通院している方もいると聞きます。自分の暮らす街に何が必要か、それは至急なのかそうでないのか、自分の街ことですから、中津川市民が話し合って最終決断をするべきだと思います。
20111002231013.jpg
 私の中津川市新図書館構想に対する見解は過日の記事で述べた通り、中津川市は1点豪華型の中央図書館を建設するよりも地域別に分館を設けた分散型での図書館整備が向いており、分館の整備により市民の図書館ニーズの高まりを待ってから最後に中央図書館の整備を行った方が良いと思っており、どちらかというと反対の立場にあります(画像は岐阜新聞2011年10月1日朝刊より)。
 しかし、反対派市議・市民の意見に若干の反論があります。まず、建設反対派の代案として「図書館建設するなら学校図書館を整備せよ」という意見がみられます。図書館に限って申しますと、この代案には致命的な弱点があります。それは学校図書館は児童・生徒しか利用できず、一般住民は図書館サービスを享受できない点であり、これは素人でも分かりそうな話です。
 また、署名活動の受任者をされた方のブログに、こんな記述がありました。

>…所詮は図書館ですからね。
>私は、造ったことはいいが、維持管理が出来なくて新しい本がなかなか購入できなくて、
>最後には「古本展示館」になるのではないかと…


 正直、大変残念な発言でした。公共図書館は図書を市民の知的共有財産とするために日々収集を行っているわけであり、蔵書年数の経過により蔵書が古書になるのは当然のことです。古書は利用頻度も下がりますが、希少性が上がるにつれて共有財産としての価値が見出されるのです。この方のブログは今回の新図書館建設問題を考える上で大変迅速かつ正確な情報が多かったのですが、著者が図書館について昔の貸本屋等と混同しているところがあり、その認識について少し疑問があります。
 この問題では推進派・反対派共に共通するのですが、図書館に対する知識や理解が根本的に足らないため、カネがかかる・かからないの話に終始してしまうのが非常に残念です。
 今後も中津川市新図書館問題の行方に注目していきたい思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/983-b8ba3abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。