名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

観光バス転落事故から見えること
20111009075203.jpg
 愛知県瀬戸市で観光バスの転落事故が発生しました。運転士死亡・岐阜県瑞浪市立稲津小学校の児童・教職員合わせて39人重軽傷という大事故となりました。今回は、この件を少し考えます(画像は2011年10月8日中日新聞朝刊岐阜県向け社会面より)。
 観光バスは愛知県長久手町のモリコロパークへ向かう途中に発生。岐阜県瑞浪市稲津は瑞浪市街から山1つ隔てた南側にある地域で、今回の移動工程も、稲津小学校から最短経路で有料道路を使わない県道66号線(多治見恵那線)で土岐市の駄知・下石を通り、多治見市笠原町を縦断して県境を過ぎてすぐの国道248号から瀬戸市八草経由で向かうつもりだったのでしょう。

 私も現場を何度も通ったことがありますが、緩やかなカーブで下り坂で勾配も決して急ではなく、道幅も歩道は無いものの観光バスと普通車ならすれ違い楽々できる広さ。ましてや運転士は勤続20年ということもあり、プロドライバーならスピードの出し過ぎなんて初歩的なミスでカーブを曲がりきれないなんて絶望的なミスを犯すとは到底思えず、速報映像を見る限りブレーキ痕が無かったので、最近の事故で有りがちな低血糖昏睡・てんかん発作などか思いました。検視の結果クモ膜下出血ということが判り、事故を起こす直前に意識を失っていた可能性が高いと見られます。
 児童に死者が出なかっただけ本当に奇跡だと思います。小学1年生ということもあり、PTSD対策として精神的ケアが必要だと思います。一方、今回亡くなった運転士もお気の毒な気がします。バスの運転士業務は、思った以上に激務かつ不規則勤務が多いと聞きます。最近はツアーバスの大事故も相次いでおり、価格競争の激化による弊害が思わぬところにも影響を及ぼしており、本来、乗客の安全と生命を預かる運転士も賃金が上がらない一方で体力的負担は重くなる一方です。
 今回の件では運転士は事故を起こす前の2日間は非番だったそうで、バス会社が点呼の際に異常が無かったというバス会社の証言は正しいと思います。クモ膜下出血を点呼の席で発見できませんからね。呂律が回っていなくても、寝ぼけている程度でスルーされてしまうかもしれません。警察など第3者により、バス会社の労務管理等で捜索して労務管理は正当なのかを調べ上げる必要があります。安易に運転士を責めることはできないかと思います。

 クモ膜下出血という病気は前兆現象があるものの、その発見はMRIなど専門的な検査を受けないとわからないことも多く、前兆現象で激しい頭痛があっても頭痛薬を飲んでその場をしのぎ、倒れて初めて病気を知るというケースが多いそうです。多くの企業の場合、健康診断を受診できますが、受診してもガンや脳疾患を発見できるケースが確率的に低かったりします。
 その根本的原因は、検査費用の高さ、そして検査受診機会の格差です。受けたいけど受けられないという潜在的患者は相当数に及ぶはずです。でも、お客さんの生命を預かる仕事ですから、多少の人件費をかけてでも運転士など、こういう性格の職業に就かれる方には、3ヶ月~半年に1度程度の定期健診実施や日々の厳重な健康管理に十分に配慮して欲しいと思います。そして、価格のために安全を疎かにする企業体質を改めるなり、市場から退出させるなりの規制をかけてほしい。安全もカネ次第というようでは、今後も更に交通機関・交通事業者への信頼は失われかねません。

 今回の事故で、事故直前にバスはガードレールを擦り付けていたというバス乗員の証言もあります。これは運転士が無意識状態のなかでも何とか事故を回避しようと体が反応していたのかもしれません。
 児童の一日も早い回復を祈りつつ、運転士のご冥福をお祈りします。

 愛知県瀬戸市で7日朝、岐阜県瑞浪市立稲津小の1年生らが乗ったバスが市道脇に転落した事故で、愛知県警は同日、検視の結果、死亡した運転手の荻野光康さん(52)=岐阜県中津川市=の死因は内因性のくも膜下出血と発表した。県警は荻野さんが事故直前にくも膜下出血を発症し、意識を失って運転不能になったとみて調べている。事故では教員2人が重傷、教員1人と児童36人全員が軽傷だった。
 県警によると、児童は全員がシートベルトをしていたという。現場にブレーキ痕はなく、乗車していた50代の男性教諭も調べに「急ブレーキや急ハンドルはなく、そのままの速度で転落した」と話しているという。荻野さんには膝の擦り傷以外に目立った外傷はなかった。
 一方、瑞浪市の稲津小学校には7日午後3時50分ごろ、治療を終えた児童のうち15人が保護者らに付き添われて戻ってきた。次女が乗っていたPTA会長、水野靖隆さん(41)は「娘の顔を見て安心した。楽しみにしていた社会見学でこんなことになるとは」と話した。学校は同日夜、体育館で保護者を対象に説明会を開いた。
 バスを運行した北恵那交通は記者会見を開き、天池則之社長が「このような事故を起こし申し訳ない」と謝罪。荻野さんについて「技量があり、乗客への気遣いを忘れない人だった」と述べた。同社によると荻野さんは90年入社のベテラン。7日朝の点呼では健康状態に問題はなく、休日もとれていたという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111008-00000001-mai-soci

DSCN0381_convert_20120516225234.jpg
【補足】2012.05.14
 岐阜新聞2012年3月17日朝刊によると、国土交通省中部運輸局による監査により、北恵那交通は安全衛生法で深夜業務に携わる従業員には半年に1回の健康診断を受診させる必要があるにも関わらず、貸切バスの運転手に年1回しか実施していなかったことが明らかになりました。また、昨年8月には市内を運行する路線バスの運転手が立ち寄ったトイレでくも膜下出血を発症して救急搬送されたため、ダイヤ通りにバスを運行できなかった事故もあり、その事故でも中部運輸局は文書警告を行っていたそうです。中部運輸局は道路運送法の違反があったとして、3月16日にバスを運行した北恵那交通に車両3台を計110日間の使用停止とするなどの行政処分を行いました。
 脳疾患というのは簡単に見つかるものではなく、それに起因する事故は偶発的に起こる危険性があるのは事実ですが、それを防ぐために従業員に対する健康管理の徹底は、旅客輸送業においてサービス品質を左右する重要な要素です。今回、地域に根ざした歴史ある事業者がこのような基礎的な従業員管理を怠っていたのは重大な問題です。失った信頼を取り戻せるように、社内管理体制の徹底をして欲しいと思います(画像は2012年3月17日岐阜新聞朝刊より)。
【引用元】岐阜新聞公式サイトより
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20120317/201203170957_16525.shtml
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この事故には正直驚きました。私も瑞浪方面に行くには、わざわざ国道19号へ出ずに笠原や下石・駄知を経由しますし、その時に今回の現場を通ります。
この道路がそんなに危険な箇所だとは思いません。強いて言えば冬の時期(特に降雪時)にスリップに注意するくらいですか。ここは、蛇ヶ洞川という小川に沿った僅かな平地の周りを山がぐるりと取り囲んだ谷底にありますから、冬は瀬戸市の中心部より気温が低く、よって道路の凍結が起きやすく、加えて降雪時には積雪しやすい面があります。だからこれからの時期は慎重な運転が肝心ですし、勿論スタッドレスタイヤは必需品です。

今回の事故の運転士はクモ膜下出血で亡くなられたそうです。
北恵那交通という、東濃地域では東濃鉄道と並ぶバス会社が運転士の運行前点検とか健康診断を怠るなんていう事は到底考えられません。但し、その健康診断時にMRIとかいった専門的な検査が行われていたかどうかは分かりません。これからはそういった検査も必須になるでしょう。これはもうゼニをかけてでもやらねばならない。
でも一番肝心なのは普段からの心掛けじゃないでしょうか。タバコの吸い過ぎ、酒の飲み過ぎ、ストレスの溜め込み、睡眠不足といった因子が発症の元になりやすいですから、そういったものに普段から気をつける生活をしていくべきでしょうね。
我々とて例外ではありません。
【2011/10/13 10:19】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

稲津小学校教諭の判断
>バス会社が運転士の運行前点検とか健康診断を怠るなんていう事は到底考えられません。
>但し、その健康診断時にMRIとかいった専門的な検査が行われていたかどうかは分かりません。
>これからはそういった検査も必須になるでしょう。これはもうゼニをかけてでもやらねばならない。
 企業の健康診断ですから、バリウム飲んでレントゲン撮影辺りが精々でしょうね。私、企業の健康診断にはかねてから疑問を持っています。なかには産業医を確保している会社もありますが、定期的に通うわけでもありませんし、世話になることも極めて稀です。したがって、健康診断も慣例化した通過儀礼のようになっているように感じます。

>一番肝心なのは普段からの心掛けじゃないでしょうか。タバコの吸い過ぎ、酒の飲み過ぎ、
>ストレスの溜め込み、睡眠不足といった因子が発症の元になりやすいですから
 そうですね。個々での健康管理。これが一番大切ですね。

 今回の事故では児童の死者がゼロだった背景には、稲津小学校の教諭が生徒全員にシートベルトの着用を指示していたことが大きく作用しています。自動車の後部座席へのシートベルト着用は、まだ発展途上で定着率が悪いように感じますが、今回の件を機に後部座席でのシートベルト着用が拡大すれば良いと思います。 
【2011/10/30 12:36】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

北恵那交通の運転士
この北恵那交通という会社 昨年 転落事故の少し前に まだ30代に入ったばかりの運転士さんが くも膜下で倒れて まだ入院中と この若い運転士の奥様が 先日言ってました。 わずか数ヶ月の間に二人の運転士さんが くも膜下とは 相当ストレスが 強い会社なんでしょうか?
【2012/01/22 18:12】 URL | 坂本地区住人 #- [ 編集]

Re:北恵那交通の運転士
>坂本地区住人さま
>わずか数ヶ月の間に二人の運転士さんが くも膜下とは 相当ストレスが 強い会社なんでしょうか?
そうかも知れません。余程過酷な状況の中でドライバーは勤務せざるを得ない、そんな風になってしまっているのでしょう。
これはもう、以前広隆堂さまが書かれたように、「警察など第3者により、バス会社の労務管理等で捜索して労務管理は正当なのかを調べ上げる必要が」あるでしょう。そうしなければ第三・第四の犠牲者が出かねませんよ。
【2012/01/23 22:09】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: 北恵那交通の運転士
>坂本地区住人さん
>わずか数ヶ月の間に二人の運転士さんがくも膜下とは
>相当ストレスが強い会社なんでしょうか?

 若い運転士さん、お気の毒ですね。この件に限らず、悪いことは重なることもあります。部外者である以上、社内の事情はよく分かりません。ただ、既にmassanさんがコメントされていますが、バス運転士という職業はかなり激務であると聞きます。路線バスなら早朝と夕方・夜間のみで昼間は中休みというで拘束時間がやたら長いシフトが存在したり、貸切バスなら来る日も来る日も違うルートで長距離運転が待っているそうです。したがって、バス運転士は離職者も多く、業界全体で慢性的に不足しており、北恵那交通に限らずバス事業者各社が一年中求人広告を出しているわけです。
 北恵那交通で私が気になるのは、社内統制や運転士の士気の問題。この10年程で中津川から撤退したJR東海バスと濃飛バスの路線を受け継ぎました。地元在住者を筆頭に転籍者も当然いるはずですから、運転士の士気を維持できたのか、そして営業範囲の拡大に現場が対応できていたのかという点で気になります。
 社内の健康診断はどの企業も同じようなもので、特に脳疾患は見逃されやすいのでしょう。したがって、オフを利用して個人で受診せねばならないようです。しかし、乗客の安全を守るはずの運転士の健康管理について、少し細部まで法令化できないものかと思います。

>massanさん
 事故直後に本社の捜索が行われましたが、その後の報道が無いところ、書類上の問題はないものと見られます。ただ、労働環境はキツイところなんだという印象は拭えないですね。
【2012/01/31 13:41】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

印象に 残った運転手さんでした
とても印象深い運転手さんでした。
と言うのは 一度イベント参加で 観光バスを利用した時に 帰り 夕食をとりたく ガイドさんに お願いした時に 帰りが遅くなる 自分は早く帰りたいのに なんで 時間をとるのを了解するんだ!とガイドさんを怒っていたので 印象深い運転手となりました 予定時間内に 帰ってきたのに どうして あんなにイライラしていたのか ベテラン運転手 とありましたが バスのトランクに積んで行った イベント荷物が 一部破損 初めての破損でした 亡くなられた方を こう言うのは申し訳なくおもいますが 2日間 休み時間は携帯電話で 話ばかり あれから 北恵那交通に対しては あまり良い印象がないと言うのが 私の本音です
【2012/03/10 19:59】 URL | 客で乗りました #- [ 編集]

Re: 印象に 残った運転手
 状況が良く分からないのでいけませんが、

>帰り 夕食をとりたく ガイドさんにお願いした
 計画段階の旅行予定工程に入っておらず、突発的な思いつきで夕食休憩を追加したのなら、運転士が怒っても仕方ないかと思います。私も社内旅行で経験があるのですが、旅行行程が修学旅行並みの詰め込みスケジュールなのに、移動中はビール飲みまくりで道中はトイレ休憩続出で大幅に予定が遅れてしまったことがあります。冷静に考えると、これは予算を抑えようとする幹事と利益を出したい旅行代理店がゆとりのないダイヤグラムを組んでしまった、運転士に配慮の無いプランニングの失敗という見方もできます。

>帰りが遅くなる 自分は早く帰りたい
 これは運送業系に多い見解ですが、こういうことを表に出すようではダメですね。ただ、バス運転士は到着後に点検や清掃など作業もあって拘束時間が長いので、それを考慮していたのかもしれません。
【2012/03/18 16:21】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

健康診断
結局 この北恵那交通と言う会社 健康診断を 年に二回やらなくては いけないのを 一回で すませていたと 新聞で報道されてましたね
バス事故が多くなりました 今はどこも経営が厳しいですが 経費削減なのか はたまた知らなかったのか 疑問ですね
【2012/04/30 11:17】 URL | ブラックボックス #- [ 編集]

Re: 健康診断
>ブラックボックスさん
>結局 この北恵那交通と言う会社 健康診断を年に二回やらなくては いけないのを
>一回で すませていたと 新聞で報道されてましたね
 国土交通省中部運輸局の監査の結果、大変残念な結果となりました。仮に運転士本人が自己申告しても、医師ではない運行管理者に脳疾患であることが把握できるとは到底思えませんので、偶発的な事故に巻き込まれた被害者の皆さんには申し訳ないですが、本来はバス会社を安易に責めることはできず、運転士の健康管理も問われると述べたかったのですが、今回の事故では北恵那交通に重大な過失があったことが判明した以上、行政処分を受け入れねばなりません。
 旅客輸送は従業員の健康管理がサービス品質を維持するバロメーターであることを認識してもらい、二度とこのような事故を起こさないように社内体制を引き締めて欲しいものです。
【2012/05/15 03:01】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/989-d8d5bf65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)