FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

「テレフォン人生相談」の魅力
 せっかくだから、「テレフォン人生相談」を語ってみたい。

 人の不幸は蜜の味というが、こういう番組では相談者が不幸であればあるほど番組は更に面白くなるから因果なものだ。この番組が面白いのは相談者の個性。何でこんなことを真剣に考えているのかという思考回路の面白さ。そして、安易に相談者に同調するのではなく「問題は相談者自身にもある」という客観的な視点から、時には相談者を批判したり時には相談者を突き放してしまう司会者と回答者のリアルさである。名古屋では放送されていないが、他の地方で聴くTBSラジオ「テレホン身の上相談」とはこの部分で大きく異なると思う。
 一番好きなコンビは「加藤諦三&マドモアゼル愛」コンビなのだが、最近赤丸急上昇なのが「加藤諦三&大原敬子」コンビ。回答者の大原敬子が途中から仕切りだして「こう思いますが(司会者の加藤)先生はいかがでしょうか?」と切り返して来るようになった。オバチャン達には児玉清が大人気である。「児玉清&マドモアゼル愛」コンビだと、相談者が泣き出してしまうケースが非常に多い。また、相談に興味が湧かないと、すぐに回答者に丸投げしてしまう市川森一の展開も見所である。ちなみに、マドモアゼル愛先生がオッサンであるのは有名だが、加藤諦三より児玉清の方が年上なのは最近まで知らなかった。
 そういえば、雑誌によると日曜日に放送している「パネルクイズ アタック25」で優勝した19歳の公立大医学部生が、同番組予選の筆記試験で「カンニングした」と自身のブログで告白し大炎上したとか。賢い人に多いのだが、要領がよく結果を早く求める傾向が強まるとテクニック論でしか物事を考えることができなくなる場合がある。ただ、結果重視でその過程は問わないテクニック論の結果がカンニングとはあまりに短絡的で情けない。「アタック25」は長寿番組であり、最近では貴重な存在となった視聴者参加番組でもある。番組のプライドを傷付け、視聴者参加番組の根幹を揺るがしかねない行為に怒りを覚える。
 このバカ医学生、放送局の聴取では全面否定したそうだけど、平気でこんなことを書いてしまう倫理観のない奴には医者になって欲しくない。今後どうすればいいのか、「テレフォン人生相談」の児玉清に相談し三石由起子に罵倒してもらえ。そのとき、児玉清は彼にどんなアタックチャンスを与えるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

来年3月でTBSの「全国こども電話相談室」「全国おとな電話相談室」「ズバリ快答!テレフォン身の上相談(関東では「身の上相談」を番組そのものではなく番組内コーナーとして扱っている「大沢悠里のゆうゆうワイド」も来年3月終了予定)」が終わってしまうと、民営のラジオ局における電話相談番組はこの「テレフォン人生相談」と、「ヤンキー先生義家弘介の夢は逃げていかない」を残すだけとなってしまいます。
【2007/12/21 00:03】 URL | 快速急行中央林間 #x4qr718s [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/99-9fb89dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)