名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年ドラフト会議回顧
 今年のドラフト会議で我らがドラゴンズが指名した選手は以下の通り。

1位 高橋 周平   内 東海大甲府高
2位 西川 健太郎 投 星稜高
3位 田島 慎二 投 東海学園大
4位 辻 孟彦    投 日体大
5位 川崎 貴弘  投 津東高
6位 宋相勲     投 韓国・信一高

 高橋周平の抽選で見事にアタリを引いた高木守道次期監督。本当にお見事でした!守道さん、さすがに喜びを「普通です」と言いきれなかったところ、想定外の結果だったと思います。なんせ、ドラフト展望なんてやっているほど暇じゃなかったはずですから。球団主導による地元密着という球団の新姿勢がハッキリと出たドラフト、結果としては上々だったかと思います。
 1位の高橋は高校通算71本塁打の長打力だけでなく、安定したスローイングや軽快なグラブさばきなど守備面も光走攻守三拍子整った選手。2位の西川は無能OB・小●の後輩で無く、西川自身で頭角を現して欲しい逸材。3位の田島は愛知大学野球2部リーグからの選出。4位の辻は吉見の様に打たせて取るタフネス投手。5位の川崎は磨けば光る潜在性ある選手。6位の宋は福井工大福井高校の留学経験もあり、遅くとも4年後には日本人扱いとなるとか。韓国プロ野球の誘いを蹴っての入団。ドラゴンズ秘蔵の韓国ラインからの指名。

 他球団の指名選手で注目したのは、やはり日本ハムの大嶋。ソフトボールからの転身。球界全体で慢性的に不足している捕手確保の為に、ゼロから育てて行こうとする日本ハム球団の意気込みを感じる指名です。選手を育てる指導力の無い、ドラゴンズから見ると羨ましい話です。先日の都市対抗野球で完全試合を達成した選手を緊急指名するなど、今年のドラフト会議は日本ハム様々でした。

 最後に、今年最大の注目だった菅野の日本ハム1位指名について。日本ハムは慣習を蹴散らして良く指名したと思う。菅野、これがドラフトなんだ!プロ選手になる者が縁故で所属球団を決めるなんて、プロになる身として恥ずかしくないのか!身内がすべて巨人なんて、自分で自分を縛りつけてどうする!誰の為に野球やってるんだ!菅野、お前の野球は自分の為でなく、一族の為なのか?政治家でもあるまいに、プロ野球版「華麗なる一族」か?そんなものは小説やTVドラマだけで十分だ!思いあがるな!!バカモン(怒)!!過去には長野や元木の例もあるがゴネて入団した選手は結果を残さないと、より厳しい批判にさらされることだけは忘れないように。逆に、巨人入団を希望しながら西武に指名されても、しっかりと結果を残した清原の様な例もあることを思い出して欲しい。嫌ならサッサと社会人に行き、再び巨人の指名を待て。まぁ、ゴネとるうちに選手としての旬が終わってしまうがな!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/997-5ee5368d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。