名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガッツポーズ事件の余波
20111109001626.jpg
 ドラゴンズナインに限らず、監督・コーチ、そしてファンまでを巻き込んでしまったドラゴンズ球団社長による「ガッツポーズ事件」が大きな波紋を呼びました。事の起こりは決めたドラゴンズがセ・リーグ優勝を決めた翌朝、10月19日のスポーツ紙で球団社長がドラゴンズが敗れた際にガッツポーズをしていたという、球団関係者からの情報として報じられたことに起因します。この情報を流したのは、日刊スポーツ・スポーツニッポン、そしてデイリースポーツです。この中で、唯一球団社長の実名を公表したデイリースポーツに対して、中日新聞社が抗議を行うという記事が大本営「中日スポーツ」に小さく掲載されていました(中日スポーツ2011年10月26日より)。しかし、まぁ、ひどい大本営ぶりでした。
 後に中日新聞幹部がデイリースポーツの発行元ある神戸新聞社へ直接乗り込んで抗議文を提出したとか。そして、デイリースポーツが謝罪文を掲載していたそうです。記事が11月7日発売の雑誌「週刊ポスト」に載っていました。同時に裏事情も少し掲載がありました。詳しくは雑誌をご覧頂くとして、この騒動を少し考えます。
 正直な話、坂井球団社長がドラゴンズの敗北にガッツポーズしていたか、していないかなどという水かけ論には全く興味ありません。しかし、球団社長たる立場の人がこんな情報を垂れ流される球団幹部の脇の甘さは指摘すべきでしょう。
DSCN9948_convert_20111109024802.jpg
 落合監督解任の要因の一つに観客動員の問題が指摘されています。しかし、その説を覆す証拠が出てきました。11月7日の朝日新聞名古屋本社版夕刊に1990年以降のホームゲームの観客動員数の表が掲載されていました。今シーズンのドラゴンズホームゲームの観客動員は214万人とはいえ、前年度比で2~3%の減少に過ぎません。これ、第2次星野政権下末期からの傾向で既に10年以上前からの減少傾向にあったわけです。この程度の観客動員の増減は監督がどうこうではないと思います。むしろ、球団とナゴヤドームの営業が星野時代の黙ってもシーズンチケットが売れた時期の間隔を引きづり続けている戦略上のミスです。しかも、落合政権下では8年間で2度も観客動員が前年比増を記録しており、今年の観客動員もチームの成績と落合監督の人気で減少を食い止めていたと考える方が現実的だと思います。
 また、今年の観客動員はナゴヤ球場時代とほぼ同じ。ナゴヤドームへの移転で「場所が不便」という指摘も根強いですが、こちらも統計から見る限りはさほど影響していないと見ることもできます。ただ、ナゴヤ球場は35,000人、ナゴヤドームは40,500人と収容能力差がありますので、ナゴヤドームは13%強の増強分を営業能力でカバーすべきなんですが、これをドラゴンズ人気だけで埋めようとした球団とナゴヤドーム側の怠慢により何もしなかったということを示している気がします。

 球団への失望感が日々高まっています。その兆候はドラゴンズ公式ファンクラブの会員募集期間の延長に象徴されています。継続会員の集まりが例年になく悪いという話を某中日新聞販売店の方から聞きました。私も今年に限っては更新を辞退することにしました。もともと、ファンクラブの会員サービスの悪さにはかねがね不満であったこと。次に入会期間の短さ。いつからでも入れるようにするのが本来のファンクラブ経営だというのに、単に事務作業が面倒なだけとしか思えないやる気の無さ。更に中日新聞非購読者から送料を徴収しながら、その配送は地元の販売店に行わせる点。東海3県下在住者にとっては、ほとんどボッタクリのレベルです。いつまでもドアラだけで誤魔化せませんよ。いい加減に改革を断行しないと。高木監督になっても、より厳しくなるだけですよ。まぁ、来シーズンだけはチケットばら撒いてでも動員するでしょうけど。なんでしたら、チケット回して下さいよ(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/999-4d0486f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。