名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

家電量販店業界の曲がり角
KIMG2191_convert_20150531115501.jpg
 家電量販店の業績悪化。エコポイントやらテレビの地上デジタル放送による半強制的な買い替えにより、5年~10年先までの需要を先食いしてしまったので、相当厳しい冬の時代を避けられない状況であるのは間違い無い点は、幣ブログでも何年も前から繰り返し述べてきました。
 そんななか、家電量販店最大手のヤマダ電機が大規模な店舗閉鎖を断行することが明らかになりました。遂にというか、やはりというか。ヤマダといえば「雑」。この一言がすべてを物語っていたように感じます。売場構成や陳列が雑、店員のレベルの低さ、電話かけても通じない、ただ店がデカいだけ、家電じゃダメだから洗剤や雑貨などドラッグストアみたいな売場になってたり。その他にリフォーム事業、最近ではソフトバンクとの提携など、手当たり次第に提携して生き残り策を模索しているイメージがありました。
 都市部の店舗でも客が少ないんですよね。週末に名古屋へ出かけますが、名駅のLABI名古屋なんてあの立地でガラガラですからね。店員の外国人比率が高く、明らかに中国人の爆買い客をあてにしているのが分かるほどです。
KIMG2194_convert_20150531115523.jpg
 しかし、驚きましたね。閉鎖店舗の一覧を見ていると北海道の稚内や中標津、岐阜県の郡上大和とか。エライ遠くや山奥まで店舗網を構築していたのですね。ここまで来ると量販店同士の競争から個人店まで相手にする消耗戦ですね。社員は近隣店舗に配置転換しリストラはしないそうですが、岐阜の郡上大和店の場合、最寄りの店舗が各務原か下呂。社員は引っ越すしかないですよね。パートの非正規労働者や工事・配送の請負業者もこれで仕事を失うケースもあることでしょう。また、北海道の場合はもっと深刻で稚内は旭川が最寄、中標津は釧路が最寄と100㎞以上離れており、消費者も故障時の修理などのアフターケアは絶望的な状況ですよね。
 地元の電気店も大型店により閉店に追い込まれていることから、頼むあてのない家電アフターケア難民が相当数出そうですね。私、営業で個人宅を訪問することがありますが、田舎へ行きますと高齢化による生活難に陥っている世帯が多いことに気付きます。電球1個交換できず、夜はテレビの明かりを頼りに生活してる人や、いつ電話してもつながらないので飛び込んでみたら、ベッド脇の子機が故障し、足が悪く電話機本体までの移動がおぼつかず途中で切れてしまうなど、家電製品を使う生活のスタートラインにすら立てない高齢者世帯が思った以上に増えています。買い物難民に次ぐ、生活難民の救済が急がれます。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

大阪都構想反対多数で幻に
osakatokousou.jpg
 大阪市を廃し、特別区を設置する大阪都構想住民投票は、惜敗率98%の僅差で反対多数となり幻となりました。
 私は大阪市民ではないので投票権も無く、結果をそのまま受け止めるしかないのですが、大阪府と大阪市による二重行政の弊害と地方議会の無駄、更には公務員天国を徹底的に排除する、近代自治の新しい形を模索する最初で最後のチャンスだったので注目していました。
 結局は今の生活、行政サービスの低下を懸念した市民の反応が開票結果に現れた気がします。興味深かったのは24区別の投票で、都心部や北部は基本的に賛成が多く、湾岸地域や南部では反対が過半数でした。繁華街とその他の地域、所得のある地域・無い地域など、地域特性がハッキリ出たと感じました。もともと、「〇〇区とくっ付くのは嫌だ」という意見が各所から出ていました。生活保護受給者日本一の区や在日外国人の比率が日本一の区もありますからね。自民党が関西で放映した都構想反対意見のテレビCMが特に印象的で、自分の税金が自分の街に反映されなくなるという主張は、別の意味で市民感情を煽ったのだと思います。しかし、自民・公明に加え、民主・共産も相乗りして反対を訴えたというのは、歴史的に見ても極めて異例の出来事でしたね。

 個人的には都構想は賛成だったんです。やはり、二重行政の弊害は改善すべきですし、地方公務員や地方議員の数も多すぎますから、人員整理するためにも都構想によって行政改革ができるということを示して欲しかったです。大阪都知事に権力が集中する問題がありますが、これは東京都知事と同じなのですから、さほどの問題とは思いません。
 今回、60%を超える投票率となりました。シルバーデモクラシーなんて言われていますが、これは賛成反対に限らず、大阪市政及び府政に対する有権者の潜在的な不満の表れによるものであり、高齢者や若年層がどうこう言う問題ではなく、自分の街に対する自治意識というより地域愛の高さが表れた様に感じます。
 橋下徹市長の政治家引退。市政について賛否両論でしたが、政治家としては有能だったように感じます。非常に残念です。

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

「清廉性」考
 来春、日本テレビにアナウンサーとして入社予定だった女子大生が、東京・銀座のクラブでホステスとしてアルバイトしていたことを理由に内定を取り消されたとして、日テレを提訴したというニュースがありました。
 採用を取り消した日テレは「アナウンサーには極めて高度の清廉性が求められる」との主張。アルバイト経験を理由にした採用取り消しは極めて異例です。
 今回の争点となるのは「アナウンサーの清廉性」と「ホステスの仕事の清廉性」です。許認可事業である放送局の社員として、特権的な立場を維持するためには社員の清廉性を守るのもブランド形成には必要でしょうが、あくまでアルバイトに過ぎない行為をまるで生業にしているような解釈で人を見る見識の無さには残念な思いがします。最近ではミスコンやタレント経験のある人が、有名大学を出たというだけで平気で女子アナになる時代だというのに。
 ホステスのアルバイトで採用取り消しするのなら、大人のDVDに出演していた名古屋大学出身者を女子アナウンサーとして採用していたテレビ愛知はどうなるのか?まぁ、この方も雑誌に載ってすぐに番組降板、テレビ愛知を退社したそうですが。
 一方、原告の女子学生にも一言ツッコミ入れたいのは、ミスコンやファッション誌「JJ」の読者モデルとして活躍していた様な人が、なぜアルバイト先がクラブのホステスだったのか。また、在京キー局採用の女子アナを目指すにあたって、その選択がリスクになりかねないことを考えなかったのか。更にそれを日テレに申告したのはなぜだったのかという点で、その行動自体は読みが甘くなかったのか。黙っておけば、しばらくは逃げ切れたことでしょうに。

 女子アナの清廉性って、何なんでしょうね。そんなこと言ったら、家柄とか実家の経済状況とかが影響するのでしょうか?岐阜放送みたいに自治体首長の娘という局アナもいますしね。そんなこと人材のコントロールをしないと維持できない放送局のブランドって、実際のところ大したことなさそうですね。
 名門大学・大企業に属することでブランド価値が形成されると考えている方が多いようです。しかし、傍から見ていると、それは他力本願で自分をぬるま湯体質に陥れるだけの成長を自ら否定する愚かさに思えるのは私の僻みでしょうか。ブランドやネームバリューが無ければ、自分自身にブランドやネームバリューを創造すればよい。型破りをするのではなく、自分自身を型にすれば良いのではないでしょうか。他人に頼るのではなく、自分でやる。未来は自分で築く。そんな気概を持って生きていきたいものです。
 清廉性。自分の保身目的に大看板の威光にすがろうとする、実にくだらない価値観だと思います。

【補足】
 この女性、日本テレビが不採用を取消し、採用することになったそうです。入社後、日テレ内部の洗礼にどう立ち受かっていくのか、気になるところです。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

御嶽山噴火
DSCN0130_convert_20141005152150.jpg
 9月27日のお昼前、長野県と岐阜県の境に位置する御嶽山が噴火しました。紅葉シーズンもあって、各地から登山に訪れていた方が多く、50名以上の犠牲者が出る大惨事となってしまいました。被害を受けた皆様にお見舞い申し上げます。
 噴火から1週間ほど。毎日営業先から噴煙を上げる御嶽山を見るのが日課となりました。岐阜県の恵那市・中津川市は御嶽山から直線距離で40㎞程ですが、気流や地形の関係で火山灰が飛んだり硫黄臭がするようなことはありません(画像は岐阜県恵那市長島町にて撮影)。

 噴石の中には軽トラック大のモノがあるなど、犠牲となった方の多くが噴石の衝突による外傷性ショックが原因の損傷死。噴火したのがお昼、火山性微動の発生から噴火までの時間が短かった不運、自然が相手だけにどうしようもないわけで、8合目まで容易に登れる観光地化した御嶽山への登山の容易さも被害を拡大させてしまった気がします。
 既にお門違いな風評被害が出ているようで、長野県木曽町や岐阜県側の高山市・下呂市が現場からの中継で紹介された都合で、宿泊客のキャンセルが相次いでいるそうです。飛騨高山や下呂温泉は御嶽からは随分離れていますけど、市町村合併で同じ町になってしまったことから、土地勘や地理情報のない人たちの誤解が変な方向に拡大しています。特に長野県木曽地方は今年の夏は南木曽町の土砂災害やJR中央線の運休で、名古屋・関西方面からの観光客が激減したこともあり、これから紅葉シーズン・スキーシーズンの観光が懸念されます。

 今回の報道で気になった表現が「心肺停止」という表現。これをなぜ「死亡」と表記しないのかという点が非常に気になったので調べてみました。確かに心肺停止状態から息を吹き返すケースは稀にあります。街中で倒れた人が心臓マッサージやAEDを施されたり、病院で強心剤を投与されたりするパターンです。ただし、それは迅速な措置を施すことによるものであり、その限界点と言われる72時間以上経過して、まだ生存の可能性を信じ続けさせることに疑問を感じていました。
 日本における心肺停止の状態とは、心音が聞こえない「心臓停止」及び「呼吸停止」の状態を指し、死亡確認にはこの2つに加え、「脈拍停止」「瞳孔散大」の4条件すべてを医師が診断し、宣言することで初めて確定するそうです。つまり、死亡を確認できるのは原則として医師だけということ。
 また、「死亡」という表現を容易に使わないもう一つの要因は、法律の問題があるためです。代表的なものとして、財産の遺産相続が挙げられます。相続は死亡と同時に自動的にスタートします。もし、「心肺停止」=「死亡」とすると、仮に心肺停止状態から蘇生処置により一命を取り留めても、心肺停止時に相続が開始され、その人の財産が配偶者や子供など相続人のものとなり、生還しても無一文になってしまう恐れがあります。また、死亡により健康保険が自動的に停止するので、心肺停止状態以後は健康保険のない状態になってしまい、それ以後の治療はすべて健康保険外の治療(=全額自己負担)になってしまいます。また死亡により戸籍が抹消されるので戸籍もなくなりますから選挙権も被選挙権もなくなってしまいます。だから、安易に死亡という表現を用いないわけです。

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

「蛇抜け」南木曽町土石流災害
DSCN0070_convert_20140915170429.jpg
 7月9日午後5時40分頃、長野県南木曽町読書の梨子沢で猛烈な降雨による大規模な土石流が発生。南木曽町によると、今回の土石流は梨子沢を中心に縦約250メートル、横約150メートルの範囲を覆い、住宅5棟が全壊し、9棟が半壊や一部損壊。中学1年生の12歳の男の子が犠牲となりました。
 7月21日、現地の様子を見に行ってきました。読書は南木曽町の中心部。国道19号は既に土砂の撤去作業も終了していましたが、松本方面へ向かう際、現場のすぐ脇には…
DSCN0069_convert_20140915170534.jpg
 そこには目を覆いたくなるような光景が広がっていました。
DSCN0068_convert_20140915170519.jpg
 JR中央西線の鉄橋も流され、復旧作業に追われる作業員の方々。
DSCN0061_convert_20140915170410.jpg
 木曽川対岸より撮影。梨子沢の右岸が徹底的に破壊されているのが分かります。
DSCN0059_convert_20140915170349.jpg
 画像手前の土砂の塊に注目。これが梨子沢の土石流。これだけの土砂が一気に押し寄せたわけです。
DSCN0072_convert_20140811001629.jpg
 国道19号の歩道には、片付けられていない土砂や流木が残っていました。
DSCN0074_convert_20140811001648.jpg
 JR中央西線の復旧作業が進められていました。
DSCN0078_convert_20140811001706.jpg
 JR中央西線は旅客に限らず、石油輸送という重要な貨物列車輸送があるため、その復旧は閉塞状態となる長野県にとっては一刻も早く必要なものでした。
DSCN0100_convert_20140811001942.jpg
 流木は下流まで流されているようで、現場から下ると所々で見かけました。
DSCN0090_convert_20140915170549.jpg
 集落内の撮影は自粛しましたが、土ぼこりが舞うなかで片付けに追われる地元住民の方々の姿が見られました。
 南木曽町は面積の9割以上が森林で、過去もたびたび土石流に襲われてきました。地元では「蛇抜け」と呼ばれ、教訓を伝える石碑があります。6人が犠牲になった1969年の土石流の後、梨子沢には砂防ダムが三つ整備されたが、10日の国土交通省の調査ではうち二つは満杯になっていたという。これが無ければ、もっと被害が出ていたと思うとゾッとします。
 南木曽町は山の谷筋に位置し、土石流の起こりやすい場所。土砂災害の繰り返しでできた地形ですので、地元住民の防災意識が高かったというのも今回の災害における注目すべき点と言えます。気象台の発表とか、自治体の避難勧告発令の問題を指摘する声もありましたが、結論から言えば「自分の身は自分で守る」。これを徹底するほかに手段はありません。

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

山の日
 5月23日の参議院本会議において改正祝日法が賛成多数で可決・成立し、2016年から8月11日を「山の日」という祝日が誕生することになりました。「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているのだそうです。これで、日本の祝日の数は16になります。
 そもそも、国民の祝日として「山の日」の制定を求める声が、日本山岳会をはじめとする山岳関係者や自然保護団体等からあったようで、2013年4月に政党の枠を超えた超党派の議員連盟「山の日制定議員連盟」が設立。6月上旬、海の日の翌日、お盆前、日曜日を祝日とする案の中から、盆休みと連続させやすい利点があるとしてお盆前の8月12日を祝日とする案が採用されるも、「日航機墜落事故が起きた日をお祝いするのは違和感を覚える」との声から1日繰り上がったそうです。
 
 ただ、思うんです。

8月に祝日は必要なんだろうかと。

 確かに6月と並んで8月には祝日がありません。「海の日もできたのだから、山の日もあって良い」なんて発想もありがちなのですが、8月の場合はお盆休みがありますから、「妙なところに飛び石連休作りやがって」というのが正直な感想です。ただ、山の日と盆休みの谷間となる8月12日が土日に絡むと、休日がつながりますので5連休なんてことも現実味を帯びます。

 ハッピーマンデー法や9月のシルバーウィークが普及し、休日の長期化が進んでいますが、正直なところ連休は3日あれば十分に感じるのは私だけでしょうか?休日があまり長いとお財布の余裕も無くなりますし、連休明けの仕事への負担が重くなります。休日の長期化は観光・レジャーなどへの消費を期待する経済界の意図もあるようですが、猛暑の中を外出するのも楽じゃなく、簡単に給料も上がらない庶民にとっては「早く連休終わってくれないかな」って声が出てもおかしくないと思います。

 今回の「山の日」法案は、自由民主党、民主党、日本維新の会、公明党、みんなの党、結いの党、日本共産党、生活の党、社会民主党の9党は共同で国民の祝日に関する法律の改正案を衆議院に提出したそうです。政治家もおかしいと思わなかったのでしょうか。

 もし、私が政治家なら絶対に6月に祝日を制定した方が国民のために思うのです。それこそ、祝日の名前は「雨の日」。雨はマイナスイメージと捉える人が多いようですが、「恵みの雨」「雨降って地固まる」など前向きな言葉もあります。
 雨は人間の生活に欠かせない存在であり、高温多湿の日本の気候から派生する文化も多数あります。もっと、雨について前向きに捉える視点があってもいいのではないでしょうか。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

公か私か、担任教師の入学式欠席問題
埼玉県の県立高校で、新入生の担任教諭4人が「自分のこの入学式に出席するため」という理由で入学式を欠席していたことが発覚し、「先生の職業倫理に反するのか」「教師にもワークライフバランスを認めるべきか」などと賛否は真っ二つに割れています。うち3人は女性教諭で、残る男性教諭は子ども2人の入学式が重なり、妻と手分けをする必要が生じたためだったとのことです。

 少し前までなら「職務放棄だ」「教師にあるまじき選択」「公僕としての意識が欠落している」などとメッタ斬りに遭うところですが、「教師は仕事のためにすべてを犠牲にしろっていうのか」「教師といえども私生活を優先する権利があるのは当然。そもそも年次休暇は定められた権利であり何ら問題ない」などと、擁護論が沸騰するところに時代の変化を感じずにはいられません。
 教師達は公務員ですから毎年20日分の有給休暇が与えられ、未消化の分は翌年に繰り越されるため、最大40日の有給休暇を取ることができます。通常、年休を取得する場合は教員が「休暇届」を出して受理される。これに対し、病気や忌引など特別な理由で欠席する場合は、理由を添えて「休暇願」を願い出る。今回も4人の教師達は事前に届を提出し受理されていたそうです。
 ちなみに、埼玉県には小中学生の子供を持つ教員の育児を推進する目的で、入学式や卒業式・運動会や参観などに休みを取得できる「子育て休暇」制度もあるそうです。つまり、この手の事態は想定されうる出来事だったといえます。新入学の子どもを持つ教員を新入生の担任から外すという選択肢もあったでしょうが、そこまで人事も柔軟なほど人員に余裕がある組織とは思えません。ただ、ぬるま湯の公務員社会では職務上の権利を行使しただけだといわれれば、それまででしょう。根本的には埼玉県の人事制度の想定が甘かった、これに尽きるかと思います。
 既に公務員華の時代が四半世紀続いています。個人主義の台頭が着実に公務員社会にも浸透しているようです。公の為に己を犠牲にする公僕の精神も、いまや身分保障という特権の下に埋没している気がします。

『大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをお詫びします。』
 
 高校生活の初日をこのような形で踏みにじられた生徒の心中は、決して穏やかなものではなかったことでしょう。いくら、副担任がいるとはいえ、生徒の担任教諭に対するイメージはマイナスからのスタートになったことでしょう。担任は生徒に初対面の場でどう説明したのか。職務より家庭を優先した教師に指導を受ける生徒の心中やいかに。
 残念ながらメディアからはその後の情報が流れてきませんでしたが、この学級で担任と生徒がいかにつながりを形成していくのか、非常に強い関心を持ちます。追跡するメディアやジャーナリスト、いないのでしょうかね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

STAP細胞論文問題に隠された科学界の病理
 4月9日、昼間に営業車でずっと小保方晴子氏の記者会見をTV鑑賞していました。
 メディアが騒いでいる「STAP細胞の存在」とか「論文の無断盗用・改竄・捏造の有無」とかはどうでもよく、科学的な真実への関心よりも「理研 vs 小保方氏」というロケーションで、この責任を理化学研究所(理研)が被るかどうかの1点にしか興味がありませんでした。
 「多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことを心よりお詫び申し上げます。また、責任を重く受け止め、深く反省しております」と、涙ぐみながら反省の弁を述べる小保方氏の姿は、まるで女優のようでした。そして、結局は理研が責任を小保方氏一人に集中させ、他の理研関係者は一切不正には関与していないというスタンスを取っただけ。仮に小保方氏が「改竄」や「捏造」を見逃した理研及び共著者の責任は重い。

 もともと、怪しいと思っていたんですよ。研究室は壁紙がピンクで、「収集癖がある」と「ムーミン」グッズがあちこちに。研究時には白衣ではなく祖母からもらったと割烹着を着用し、オフはペットの「カメ」の世話。その飼育場所は研究室で、土日も含めた毎日の12時間以上を研究室で過ごしている。完全にアニメのレベル。しかも、理研の予算は国民の税金で潤沢になってる事を思うと、国民の税金を私利私欲につぎ込みやがって、何が「リケジョ」だ。バカモン(怒)!って思ってましたよ。
 研究の世界では研究結果も重要ながら、それよりも大切なのは研究を続けるための予算確保だったりします。理研の場合、ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授率いる京大iPS細胞研究所へのライバル意識の現れが、山中教授以上に注目されるキャラクター・小保方さんを担ぎ上げる原動力になったのは間違いない。もはや、名誉のためなら手段を選ばない。そこに化学もクソもないのです。

 理研よ、責任を取れ。小保方さん、理研にしがみつかず、ハーバードでSTAP細胞見せつけてやれ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース