名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

瑞浪市・土砂崩れ事故2
 瑞浪市で発生した土砂崩れ事故は弊ブログで過日に述べた取り、窯業原料会社の不法投棄に起因する「人災」という最悪の結果で確定しました。今後、地域住民との補償問題へと話が進むことと思われます。流れた土砂から発がん性物質が検出されたそうです。既に一部は川に流出しているものと思われ、土岐川へ流れ込むと瑞浪市・土岐市・多治見市を経て、愛知県に入ると庄内川と名前を変え、春日井市や名古屋市へ流れていきます。その量はごく微量なんだそうですが、広大なエリアで流域住民に不安を与えています。いずれにせよ、エライことになってしまいました。
 この会社、40年ほど前から窯業原料(陶土)の不法投棄を行っていたそうです。そこに東濃地域の歴史を当てはめていくと、地域のパワーバランスを見ることができます。

 窯業の原料会社は川沿いに工場を設置するところが多いです。それは、川に水車を置いて陶土の加工をする動力源としていた頃の名残なのだそうです。しかし、機械化によって水車が姿を消すと、川は粘土や商品価値の無い原料の処分場と化します。かつては陶土の製造により流れ出た廃液で東濃西部地域で最も大きな川である土岐川の水は白濁し、昭和30年ごろからの高度経済成長期には「土岐川の白濁は美濃焼繁栄の証」と言われました。地場産業が発展しないと地域が発展しない。それは地域地場産業隆盛の陰で、土岐川の水質悪化により、東濃西部の街は上水道の水源確保を困難とし、最終的には土岐川の水利権を放棄して木曽川に水源を求め、現在の桁違いに高い水道料金を払わされるようになってしまったわけです。陶土工場の操業縮小・停止は地場産業に決定的なダメージを及ぼすことから住民も声を挙げられず、地場産業のために市民は犠牲を払ったのです。それが40年ほど前の話であり、今回の企業が犯した蛮行の歴史にも符合します。
 ただ、行政も重い腰を上げ、排水については大幅な規制を敷き、安易に排水を川へ流せなくなりました。適切に産業廃棄物として処理する企業がある一方で、今回の会社の様に事あるごとに少しずつ山林に不法投棄するケースもあったわけです。地域では公然の秘密であれど、雇用も経済力もある企業にモノを言えない地域の閉鎖性が、蛮行の末にこのような事故を引き起こしてしまったわけです。

 地元のことですので、ハッキリ言います。今回の事故で感じるのは、やはり岐阜県東濃地域のモラルや民度が他の地域と比べても著しく低く「階層性のムラ社会」のままであることです。「声の大きい者が発言権を得る」。今回も事故を引き起こした企業も、集落のど真ん中に鎮座して地域で実力のある方だったそうです。文句の一つでも言いたいけれど「角が立つから言えない」土壌があるのでしょう。

 土岐川の水質は陶土の流入減少や下水道の整備などで改善しているそうです。しかし、今でも土岐川の支流の更に支流の小川に行くと、早朝や雨上がりの日に川が白濁しているケースが見られます。その箇所は上流に陶土工場があることが多いです。他の河川と合流すると水も薄まり、わからなくなるのです。
 しかし、陶磁器産業も衰退し、陶土工場も閉鎖が進んでいます。これを機に市民の手でハッキリと意思表示したらどうなのかな。いつまでも行政任せとか陰口言うだけで終わることの無い様に、筋の通らないことにはハッキリとモノを言える社会に変えていかないと地域は変わらない。だから、これからも地域が存続していくためにも地域住民が個人でもモノが言える社会の形成が必要だと思うんです。「ダメなものにはダメ」と。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

瑞浪市・土砂崩れ事故
 8月19日、前日夜のゲリラ豪雨により、土砂崩れ災害が発生した瑞浪市釜戸町の様子を見てきました。土岐の自宅から電車で2駅なんです。
DSC_0652_1_convert_20170821111852.jpg
 JR釜戸駅前。駅前から道路が真っ白。異様な状況です。通行止めでしたが、歩行者は通行可とのことですので進みます。
DSC_0656_1_convert_20170821111941.jpg
 釜戸温泉付近。地元の方々による懸命な復旧作業により、釜戸町の県道421号線は何とか泥をかき出し通行可能に。
DSC_0657_1_convert_20170821112138.jpg
 しかし、生活道路である路地は夕方になっても手つかず。しかし、この泥の色、ネバネバで白いんです。山の土が流れ落ちただけなら、もう少し黒いんです。また、水分もすぐ抜けるはずです。それが抜けないどころか水が浮いている。いくら、東濃西部地域が3m堀ったら粘土層という地域ですが、明らかに異常です。一応、陶磁器零細工場の息子ですので、一発で分かりました。

「これは陶土(陶磁器製造用粘土)だ。」

 そうなると、これはゲリラ豪雨という天災だけで片付かず、「人災」という側面も浮上してくる可能性があるぞと。
DSC_0679_1_convert_20170821113402.jpg
 中央自動車道のがけ崩れ現場は、この画像右奥の林の向こうです。道路が無く地上からはアプローチできませんでした。そして、この正面の山の上に陶磁器原料となる粘土工場があります。
DSC_0674_1_convert_20170821133114.jpg
 拡大しました。粘土工場から流れ落ちた土石流は一部は中央自動車道へ落ち、他方は急勾配の小川を一気に駆け下り、
DSC_0670_1_convert_20170821113331.jpg
 土石流はカーブを曲がり切れず、竹藪を押し倒し、更に集落へ向かっていきます。
DSC_0677_1_convert_20170821133134.jpg
 土石流により歩道は埋没。通行できません。
DSC_0666_1_convert_20170821112226.jpg
 ガードレールもへし折られています。
DSC_0692_1_convert_20170821113428.jpg
 土石流は国道19号線のガード下をくぐり、釜戸町の集落へ。
DSC_0698_1_convert_20170821133154.jpg
 集落内は狭い平地に住宅が密集しており、一部は建物の下の川が流れています。
DSC_0695_1_convert_20170821113459.jpg
 県道の下をくぐれなかった土石流が釜戸温泉の脇であふれ、集落を襲ったそうです。
DSC_0653_1_convert_20170821111914.jpg
 川を曲がり切れなかった土石流が畑を覆っています。一面真っ白。
DSC_0661_convert_20170821112159.jpg
 作物は、ほぼ全滅だと思われます。
DSC_0681_1_convert_20170821113527.jpg
 中央自動車道瑞浪~恵那間通行止めにより、国道19号線は大渋滞。瑞浪~恵那間は通常なら30分ほどで行けるのですが、この日は2時間以上かかったという声も。
DSC_0685_1_convert_20170821113551.jpg
 名古屋から長野へ向かう高速バス。釜戸町到着時点で1時間半ほど遅れているようでした。
DSC_0688_1_convert_20170821113611.jpg
 高速道路は夜を徹しての復旧作業の買いもあり、34時間通行止めの後、8月20日朝8時に開通。大混乱の週末でした。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

「岐阜新聞」夕刊休刊へ
DSC_0623_1_convert_20170821112307.jpg
 岐阜県の県紙「岐阜新聞」が夕刊を9月30日付を最後に、10月から休刊にすることを発表しました。

 新聞の夕刊、読んでますか?個人的には日経新聞と中日新聞は読み物として成立しているかなと思いますが、他の新聞は物足りなさを感じます。新聞によっては読み応えが無い夕刊、ありますよね。毎日新聞とか。岐阜新聞も共同通信の配信記事ばかりで、独自記事だとウラオモテ1枚で収まる程度だったのは事実だし、朝刊に「夕刊既報」の記載が多く、記事を使いまわしていることから、当日はテレビのニュースで確認し翌朝新聞で再確認すればよく、速報性を夕刊に委ねて読む必要が無かったといえば、それまでかと思います。
 新聞業界での夕刊休刊は地方紙で増えています。ブロック紙でも中国新聞は夕刊がありません。全国紙でも産経新聞の東京本社版が休刊にしたのが有名です。東海地方では読売新聞が元々夕刊が無く、朝日新聞も名古屋本社版は土曜夕刊が休刊になりました。朝日新聞はその代替で名古屋本社版独自の紙面を朝刊に回してますが、内容の無さがひどくて何度も軌道修正しているところ、定着していないのかなと思います。

 時代の流れとして 「一定の役割を終えた」という判断理由は、いろんな業界で良く聞きますが、本音は違うところにあるのでしょう。朝日新聞によると、
>岐阜新聞の今年6月現在の発行部数は朝刊約17万3千部、夕刊約1万7500部。
>夕刊休刊の理由について、同局の担当者は「雇用情勢の変化で配達員の確保が
>難しくなり、部数の少ない夕刊の配達を続けることが販売店の負担になっていた」

 夕刊の購読率が1割。東海地方は夕刊の購読率が悪く、圧倒的シェアを持つ中日新聞でも夕刊の購読者は朝刊購読者の3割ほどらしいです。さすがに1割は厳しい。岐阜新聞の販売店から、夕刊配達が運営コストに見合わないから何とかならんか?って、突き上げでもあったのでしょうか?

 岐阜県の新聞シェアは中日新聞が60%、岐阜新聞は2番手とはいえ、県内シェア25%ほどだそうです。岐阜市とその周辺では岐阜新聞のシェアが40%近くあるそうですが、岐阜市から離れるほど中日新聞が圧倒し、岐阜新聞のシェアは下がってしまう傾向にあり、大垣市や各務原市で既に中日新聞がWスコア。私の暮らす東濃地方は愛知県の影響が強いため中日新聞75%、岐阜新聞は5%未満で、朝日新聞や読売新聞より少ないのだそうです(新聞屋さんの話)。だから、朝刊配達では中日の販売店は各家にスーパーカブが止まりますが、他の朝日や讀賣の配達員は10軒に1軒程度だから、スーパーカブで走りまくるわけですわ。ちなみに、うちの地域は岐阜新聞は読者が少ないので専売店ではなく、朝日新聞の販売店が窓口になっています。それで夕刊の購読率1割ですから、毎日従業員確保しても実際に配達するのは何部なんだってレベルだったのでしょう。岐阜新聞や岐阜放送は「郷土の新聞」と謳っていますが、東濃では地元の新聞と言えば「中日新聞」ですからね。「新聞に出てました」なんて話になると、その新聞は90%以上中日新聞であったりします。

 夕刊休刊に伴い、岐阜新聞の購読料は現行の朝夕刊セットの月額3,466円から朝刊のみの月額2,982円になるそうで、新聞屋さんの売上にも響くでしょうが、それ以上に運営コスト削減が優先されるほど、現場の状況が厳しかったのだと思います。中日新聞の朝刊のみの場合も月額3,000円ほど。記事の内容やチラシの量を考慮すると岐阜新聞の訴求力は「???」ですね。
 岐阜新聞は夕刊の内容を朝刊に凝縮するのは良いですが、せめて「社説」ぐらいは自前の論説委員で仕立てて欲しいです。岐阜新聞は社説を自前で仕立てるのは10日に1度程度ですからね(「地域の視点から」という記載があるのでわかります)。社説まで共同通信の丸写しでは、メディアとか報道機関なんて名乗る資格無いですよ。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

土岐市でのテレビ愛知受信3
 幣ブログではこれまでも何度か、土岐市でのテレビ愛知受信についての記事を掲載し、その度に皆さんから反響を頂いておりました。その度に感じるのは土岐市においてもテレビ愛知の需要が非常に高いことと、その代替的役割を果たすはずである岐阜放送の人気の無さ(失望感)です。私も土岐の街を歩いてみると、明らかにテレビ愛知受信目的かなと思しき、テレビアンテナの増設やアンテナの向け方が変則的な家が、ここ数年増えた気がします。

 土岐市でテレビ愛知を受信されていると思しきアンテナの設置例を撮影してきました。
DSC_0021_3_convert_20170820013114.jpg
 左2本は土岐南局(妻木)受信。右の大きなアンテナでテレビ愛知を受信している模様。ここまでしっかり投資してテレビ愛知を受信するこだわりぶりには感服しますが、ここまで豪華な設備は必要ありません(泉町河合にて)。
DSC_0008_4_convert_20170820013036.jpg
 少し見ずらい画像で恐縮ですが、土岐南局の方角よりやや西向きに大型のアンテナ1本を出して、テレビ愛知とその他の局をすべて受信している事例(泉中窯町にて)。泉町ではBSアンテナの向きとテレビ愛知(瀬戸)の向ける方角がほぼ同じに向けるのがコツです。
DSC_0023_3_convert_20170820013137.jpg
 上が土岐南局、下がテレビ愛知受信用です(泉町大富にて)。土岐市北部では最もスタンダードなテレビ愛知受信方法です。
DSC_0152_2_convert_20170820013251.jpg
 上がテレビ愛知受信用、下が土岐南局の受信(泉岩畑町にて)。集合住宅ではテレビ愛知専用アンテナのあるマンションが増えていますね。「テレビ愛知が見られます」というだけで入居率が上がるかも。
DSC_0029_3_convert_20170820013204.jpg
 定林寺の土岐局を受信する地域では、テレビ愛知専用アンテナを別に設置しないと受信できません(肥田浅野朝日町にて)。
DSC_0034_3_convert_20170820013227.jpg
 テレビ愛知の良好な受信は適度な高さと高性能アンテナの併用が鉄則です(土岐津町土岐口津路町にて。)

 メールで頂く質問で多いのは、「土岐市でも、どの地区なら受信可能か」というものです。いちいち、お宅を訪ねて聞いていないので家々のアンテナの向きや車載TVでの受信推測でしかないのですが、土岐市の場合、テレビ愛知をアンテナで受信できる可能性はだいたいこんな感じかと思われます。
(※なお、このデータについての損失が発生した場合、当方では責任は持ちません。データの活用は自己責任で。)
【◎:楽勝で受信できる】
 泉町の中央道から北側全域、泉町定林寺・泉町河合、泉町大富地区のうち、JR中央線から北・泉公民館から東のエリア。
 テレビ愛知の送信を行っている瀬戸から山を越えた電波を受信しやすいので、土岐市でも最も受信しやすいエリアです。
【〇:受信できる】
 泉町久尻地区の中央道から南の全域、泉町大富地区のJR中央線から南、土岐津町土岐口津路町、土岐口中町から北、土岐津町高山(土岐川以北)、土岐ヶ丘、肥田町浅野の旧国道19号沿いエリアのうち、浅野交差点より西。下石町西山。
【△:その他】
 下石陶史台は共同受信設備にテレビ愛知専用アンテナがあり、団地内では見られるそうです。
【?:不明】
 肥田町浅野で受信できるのに、土岐津町高山(土岐川以南)で受信している家庭が皆無。
 下石町・妻木町はテレビ愛知専用アンテナを立てている世帯がほとんど無く、妻木小学校付近にわずかに確認できる程度で詳細不明。山越えた多治見市笠原町までは完璧に受信できるのだが、市境の山が壁となり、電波がかなり弱い。
 肥田町浅野交差点より南、駄知町・曽木町・鶴里町細野は受信不可と思われる。
 肥田町肥田旭ヶ丘団地で土岐南局(妻木)方角よりさらに西へ向けたアンテナが数軒あり、山の上であることから受信の可能性はあるかと思われるが詳細不明。
 鶴里町柿野では中津川へアンテナを向ける世帯が多いが、一部瀬戸にアンテナを向けている世帯がある。

 テレビ愛知の受信にお困りの方、参考になさってください。詳しい情報をお持ちの方、教えてください。

テーマ:テレビ東京系 - ジャンル:テレビ・ラジオ

大型療養連休
 ご無沙汰しております。
 4月下旬から原因不明の高熱が出まして体調不良だったのですが、ワークシェアもろくに無い職場のため代打を立てられないことから、仕事を休むこともできず強行しておりましたが、ついにダウンしまして病院直行。体温測ると38.0℃。医師に「点滴打って1週間は療養してください」と言われるも、「現実的には無理でしょうね?」と察してくれました。山の様な抗生物質をもらい、栄養剤を滝のように流し込んで辛うじて強行しましたが、5/1に風邪をこじらせダウン。翌2日は気力だけで何とか完了させました。

 結局、連休の一番良い期間を寝込んで過ごす最悪の大型連休となりました。朝11錠、昼5錠、夜9錠と薬だけで小腹が膨らむぐらいの投薬。4日から少しずつ外出を始めましたが体力が戻らず、2時間ほど歩いただけでダウン。結局6日まで自宅軟禁状態で療養に努め、この大型連休はどこへの出かけることなく終わりました。7日になって、ようやく回復の感触を得たので名古屋都心を散策し、日常生活への復帰のメドが立ちました。

 まだ、通常の75~80%程度ですが、何とかなるでしょう。40歳になって、身体のあちこちにガタが出始めています。若い頃のように勢いだけでは何ともならないことが増えました。年齢相応の健康管理を考える時期に到達したのだと思うオッサンでありました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

噂の森友学園行ってきました!
DSC_0824_convert_20170507011129.jpg
 万博記念公園へ行ったついでに、寄ってきました。阪急宝塚線庄内駅から北西へ歩いて10分ほど。大阪音楽大学の隣にワイドショーで散々取り上げられた噂の小学校がありました。
DSC_0846_convert_20170507011225.jpg
 瑞穂の國記念小学院。これがのちに安倍晋三記念小学校になる予定だったようで。
DSC_0833_convert_20170507011207.jpg
 正門前には土日になると全国から撮影に来る人が集まるそうで、いまや豊中市の裏観光スポットだったそうです。私が行ったときは「森友学園ガンバレー!」とか叫ぶババアはいませんでした(おったら、しばくけどね)。
DSC_0829_convert_20170507011150.jpg
 建物はほぼ完成で、あとは校庭と道具運び込みだけだったようですが、今年度の開校は見送りとなり、補助金返還の上取り壊しになるそうです。8億値引きしてもらったは良いが、開校できず補助金返還。学校法人がどうなるかは別に興味ないけど、一部の権力者による身びいきや口利きによって公費が配分されている、この不公正かつ腐敗した現実に徹底的なメスを入れて欲しいと思います。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

万博鉄道まつり2017
DSC_0810_convert_20170507004739.jpg
 3月19日、大阪の万博記念公園「万博鉄道まつり」に行ってきました。「春は大阪の万博記念公園、秋は東京の日比谷公園」という感じで、いまや国内2大鉄道イベントと言っても過言じゃありません。何といっても子供連れが多いこと。これからもクルマに頼らない公共交通を維持していくためには、早期からの英才教育ならぬ交通教育が必要なんじゃないかな。高校生まで電車・バスに乗ったことが無い人とかザラにいる現実。コミュニティバスの担当する自治体職員が公共交通は高校生以来利用したことが無いとか、ありえない公共交通に対する「無知」を少しでも解消できる良い機会になればと思います。
DSC_0809_convert_20170507004720.jpg
 恒例の鉄道オークションでは、鉄ヲタの熱い争奪戦が繰り広げられていました。鉄道各社のブースではグッズ販売。開いた財布の紐が緩みっぱなし。鉄道趣味、それは「金(カネ)失いの道」なんです。

 交通j業者に言いたいのは、グッズ販売に力を入れるのは良いけど、もう少し潰しの効くグッズを作ってほしいかなと。キャラクターとのコラボも良いけど、それだと版権問題で結局価格に上乗せすることになるため、買えないのね。企業としても儲からないのだから、もう少し考えて欲しいかな。
DSC_0817_convert_20170507004755.jpg
 帰りの大阪モノレール・万博記念公園駅。これだけICカードやスルッとKANSAIが普及しているはずの関西でも、いまだに切符を買って乗車する人の多さに、公共交通の現実を垣間見ることができます。スルッとKANSAIが無くなる来年度以降、この行列がどうなるか。これは今後の公共交通を考える上での指標になるかと思います。でも、今のままでは行列が長くなる恐れがありますね。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

京都向日町競輪場2017春
DSC_0781_convert_20170507001852.jpg
 3月19日、大阪へ出かける途中で京都向日町競輪場へ行ってきました。阪急西向日駅から徒歩15分、JR向日町駅から25分ほど。無料送迎バスもあります。
DSC_0759_convert_20170507001822.jpg
 本場開催ですので入場料50円払って入ります。相変わらず、競輪場はどこ行ってもガラガラです。日曜日なんですけどね。大津びわこ競輪が廃止になって、京滋地区では唯一の本場ですが、ここは不思議と人気がありません。魂の走り村上義弘選手はここがメインなんですけどね。
DSC_0763_convert_20170507001733.jpg
 正面スタンド前で、この惨状。
DSC_0754_convert_20170507001757.jpg
 今回のお目当ては、ガールズケイリン。2レースとも無事に取ることができ、旅費の足しにさせてもらいました。
DSC_0778_convert_20170507001911.jpg
 京都向日町で有名なのは「ホルモンうどん」。名古屋ではまず見かけませんが、関西では結構ポピュラーなんだそうです。甘辛くて美味いです。

テーマ:競輪 - ジャンル:ギャンブル