名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOT TV 終了
 数年前に鳴り物入りで始まったスマートフォン向け放送「NOTTV(ノッティーヴィー)」のサービスが2016年6月30日を持って終了することになったそうです。累積損失1,000億円。当期純損失も500億円と最大出資者であるNTTドコモは大ピンチのように見えますが、営業利益7,000~8,000億円のドコモにとっては、特別損失を一度出して膿を吐き出せばそれでおしまいという程度のトカゲのしっぽ切りとなることでしょう。
 根本的にドコモのスマホ、しかもAndroidのユーザーしか見られない。こんな状況で展開難になるのは時間の問題でした。全国各地に電波の送信塔を建て続けた努力は認めますが、そんな会員限定のサービスでは伸びる時代じゃないんだよ。結局、1度も見る機会もなく、終わってしまいましたね。
 名古屋のテレビ塔もこのNOTTVの電波を流していましたが、来年の夏以降、電波を飛ばさない名ばかりのテレビ塔に戻ってしまいます。でも、別に良いんじゃないですか。名ばかりテレビ塔でも。凱旋門などと同じで、テレビ塔は名古屋の象徴でもあるのだから。そして、オブジェで良いんです。これからも名古屋のど真ん中でデンと構え続けて欲しいものです。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

顎関節症
 10月上旬から、右の上顎が痛み始めました。
 初めは鼻詰まりもあったので、いつもの副鼻腔炎と思い、耳鼻咽喉科へ。私、体調が悪いと原因の大半が鼻にあるため、何かあると耳鼻咽喉科にかかるのが常となっています。今回もレントゲンを撮ってもらいましたが、肝心な副鼻腔には膿が無い。医者曰く「耳鼻咽喉科の範疇では異常なし」。念のため、抗生物質を出してもらい帰宅。しかし、上顎は痛むまま。口も十分に開かなくなり、話せばもつれるし、食事も麺ものか豆腐以外は十分に摂れなくなってしまいました。
 数日後、歯の痛みが止まず、今度は歯科へ飛び込むことに。すると、歯科医は即答「こりゃ、顎関節症ですわ」。睡眠時に無意識で 歯ぎしりや無意識的の食いしばっているらしい。その痕と思しき真っ白は噛み痕が歯茎に残っていました。5,000円位でマウスピースを作ることもできるそうですが、とりあえずは精神的ストレスからきているので、その排除を先に進めた方が良いとのことでした。精神的ストレス、あります。あります。売るほどあります。
 その後、残業を意図的に早く切り上げることにしました。約半月が経過し、奥歯に若干の違和感は残るものの、徐々に回復してきました。カネは貯めてもストレス貯めるな。それを自ら実践せねばならないと感じる出来事でした。
国民年金保険料の後納制度
 本当にもらえるのか不安でならない国民年金。しかし、保険料を25年分納めないともらえないこともあり、半ば人頭税みたいになっていますが、納め忘れた保険料が通常、2年前まで遡って納めるところ、過去10年まで遡って納付できる「後納制度」というものがありまして、その制度が平成27年9月30日で終了すると聞き、大急ぎで多治見市にある保険事務所へ行ってきました。私、職場を転々としているため、未納期間がところどころあったりします。これまでもこの制度で10万円近い保険料を納めています。
 「まだ納められる分、ありますか?」職員さん、奥のPCで今日限りで納付できなくなる5年~10年前の履歴を調べてもらったところ、2ヶ月分納付できることが判明。割り増し込みで約3万円の納付書を発行してもらい、近くのコンビニで支払いを完了しました。
 
 この後納制度、平成27年10月から平成30年9月30日までは、5年前まで遡って保険料を納付できます。将来受け取る年金を増やせるかは怪しいところですが、保険料控除で翌年の確定申告で払った保険料もいくらか取り戻せます。年金手帳と印鑑があれば手続きはすぐにできます。
 ふるさと納税もいいですが、お財布に余裕があって国民年金納付に未納のある方は、この機会にぜひご利用ください。

テーマ:節約・暮らしの知恵 - ジャンル:結婚・家庭生活

減量の方法論
 少し前に俳優の榎木孝明さんが30日間「不食」を行い、9kg減量したことが話題になりました。減量に幾度も失敗し、水飲んだだけでも太ってしまうような私から見れば羨ましいものです。
 東京都内の病院に寝泊まりして、血液検査などを受けながら、「不食」を実施。「水やコーヒー、お茶を飲み、あめは1日何個かなめたけれど、おなかは一切すかなかった」そうで、その間も仕事や東北での山登りもこなしていたそうです。医師の管理やサポートがあったのが大きいと思いますが、コメントの内容が達観したものを感じます。

「絶食、断食ではない。食べなくても生きられることを自分の体で科学的に調べてみたかった。不思議ですが一度も空腹感はない。心地良い満腹感に満たされているような。苦痛を探してもないんです」

「集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた。理由はまだ分からない。でも、眠っていた自浄作用が一斉に目覚めた感覚。運動時も胸式呼吸が腹式に。スタミナが増しました」

 良く考えれば、私は朝起きて無意識に食べる・飲むという行動をしていたりします。これが当たり前のように思いがちですが、実は人が1日3食摂取する生活になったのは、つい最近、数十年前のことであり、人は多少食べなくても何とかなるようです。つまり、集中力の持ち方とその方向性を少し変えるだけで、多少の不食でも何とかなってしまうのかもしれません。
 毎日3食「食べなければならない」のではなく、「食べなくても何とかなる」。そんな発想の転換で減量も何とかなるのかもしれません。確かに夕食の量を半分程度にするだけでも効果ありますからね。仕事終えて家に帰ったら、メシも食わずにサッサと寝ちまった方がいいのかもしれませんね。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

投票権18歳引き下げ
 選挙権年齢を現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が成立しました。昭和20(1945)年以来70年ぶりのの参政権拡大です。来夏の参院選から適用される見通しで、18~19歳の約240万人が新たに有権者に加わることになります。
 ただ、18歳で政治に対する正しい認識や思想がきちんと形成されるのかは疑問です。20年前、通っていた予備校の大教室で国政選挙に合わせて模擬投票のような選挙ごっこをしたことがあるんです。すると、最も支持された政党は自民党でも社会党(当時)でもなく、「スポーツ平和党」でした。当時の若者に政治を真剣に考えることはできず、知名度のある人に流される結果に終わり、選挙権の18歳前倒しなんて、絶対にしたらアカンと嘆いたものですが、ある程度の情報を各個人で収集できるようになり、時代も変わったと言うべきなんでしょうね。
 ただ、親の言いなりで投票する相手を決めるなんてことにならないように、しっかりと見極めることのできるように若者にはしてもらいたいものです。地方選挙、特に市町村の議会議員選挙では、この人たちの動向によって左右されることもあるような気がします。
 関心が薄い政治への興味・関心を促し、低迷する投票率を伸ばす切り札になるのでしょうか?せっかく、与えられた選挙権。その権利をきちんと行使してほしいものです。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

社内規則に見る企業体質
KIMG2276_convert_20150621225048.jpg
 JR東海という会社は本当におかしな企業だといつも思います。その企業体質を象徴するニュースがありました。
 今年5月末、愛知県幸田町のJR東海道線で、新快速列車の運転士が熱中症でダウンし電車の運行を中止し、救出に向かった車掌も熱中症で救急搬送されたという報道が紙面を賑わせました。そこで明らかになったのは、JR東海では、
電車の運転士や車掌は真夏の屋外作業でも上着・ネクタイ着用
乗務中の水分補給は指令所の許可が必要で、常務後に場所・理由・乗客の苦情の有無の報告が必要
という、クールビズの時代にまるで時代錯誤の社内規定が厳格運用されていたことでした。JR東海曰く、それが乗務マナーなんだそうです(笑)。
 ここまで記事になるなら、少しは変わるかと思いきや、6月11日の新聞報道によると、JR東海の社長は
運転士や車掌はあるべき服装や姿で運転しなければならない。遠い昔はパンを食べ、ジュースを飲みながら運転し、お客様にお叱りを受けた(中略)運転中の携帯電話がダメなのと同じ。安全に関わるので乗務に専念しなければならない
とまるで反省の姿勢が無いコメントしており、現場業務経験の少ないエリート社員らしい残念なコメントだと呆れておりました。遠い昔って、何十年前のことなんでしょうか?
 そんなJR東海が、「人身事故や車両故障での作業、その後の乗務、発車前の車外点検等に限り」という条件付きで上着を脱ぐことを認めたそうです(画像は2015年6月21日中日新聞朝刊より)。
KIMG2261_convert_20150621224951.jpg
 ここまで厳格に規定するということは、JR東海としては上着着用は貫きたい、気候変動に対して対応する現実的な姿勢に転ずる考えが無いのでしょう。近年は5月や10月でも暑い時がありますからね。まったく、現場意識が無い人が仕切るとこうなるという典型的な例ですね(画像は2015年6月11日朝日新聞朝刊名古屋本社版より)。
 勤務中の水分補給に慎重になるのは、国鉄時代に乗務中の飲酒に起因する重大事故があったそうです。しかし、そんな職員は氷山の一角であって、大半の職員は日々真面目に業務をこなしているのですから、もう少し社員を信用してあげればよいのにと思います。
 こういうJR東海の企業風土・体質が、利用者への細かいサービスや配慮に欠ける言動の一端となっているのだと思うと妙に納得がいくところがあります。そりゃ、熱中症スレスレの体力・精神状況で乗客対応をしたところで、余裕の無い状況で荒っぽくなるのは自明なわけで。そりゃ、JR職員の態度が冷酷かつ傲慢に見えるケース、良くありますからね。
im_main_convert_20150621233709.jpg
 そういえば、JR東海にはグループ企業にJR東海パッセンジャーズという企業があって、弁当に加え飲料の販売事業部門があるんですよ。どうして、自社製品を現物支給しないのでしょう?カネもかからないというのに。本当に硬直した組織だと思います。
 現場の職場環境の悪化が乗客の安全性に影響を及ぼす、事業の公共性をもっと自覚して欲しいと思います。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

CBCラジオ・東海ラジオのワイドFM、今秋放送開始!
 ラジオの衰退が叫ばれて久しいですが、その最大の要因に「電波の受信状態が悪く、聴こえない」というものがあります。
 私も25年来のラジオ好きですが、常に戦ってきたのがこの受信問題でした。特にAMラジオは地形や周辺の住環境によっては受信が難しいケースがあります。地元では、CBCラジオ(1053kHz)が夜間になると同じ周波数で韓国および北朝鮮からの同じ周波数の強力な電波により、受信状況が非常に悪くなります。昔は岐阜の山奥で北朝鮮の将軍様を褒める軍歌が延々と流れるなかで放送を聴いたものです。「AMラジオなんてこんなもの」と思っていた私にとって、名古屋都心で暮らしていた頃は、CBCラジオがきれいに聴こえることに感動すらしたものです。最近は北朝鮮の電波よりも韓国側からの「ホロホロ…ピロピロ…」といった妨害電波が目立つようになってきました。
 名古屋市でも星ヶ丘から東や春日井・多治見辺りは特に混信がひどいエリアで、夜のCBCラジオを聴くのは至難の業でした。CBCは岐阜中継局(639kHz)を作りましたが、あの局の電波は南東方角には弱く、多治見では同じ周波数のNHK静岡局の方が良く聞こえるんですよね。
img_map.jpg
 そこで、今年秋からFMラジオの電波による補完放送(ワイドFM)が始まることになったそうです。
 周波数はCBCラジオが93.7MHz、東海ラジオは92.9MHzで、瀬戸市の愛知・岐阜県境にある三国山から送信されるそうです。出力は7kw。今は亡き愛知国際放送(RADIO-i)は5kwで三重県の南部までほぼ完ぺきにカバーしていました。指向性送信はしないようなので、あの頃のような電波の飛び方はしないようですが、東海3県下の主要地域はしっかりカバーできるようです。右図は東海ラジオHPから引用しました。東海ラジオのエリア設定はやや狭めですが、CBCラジオはもう少し広めのエリア設定を行っています。特に厳しかった春日井・多治見方面の受信状況は大幅に改善できるものと思われます。
 FM補完放送の周波数は、90MHzから上。少し前までのテレビアナログ放送が使っていたVHF1~3チャンネルの周波数です。安物のラジオやカーラジオなど、90MHzまでしか受信できないラジオでは聴くことができず、108MHzまであるFMワイド対応のラジオが必要になります。
 近年はRadikoなどインターネットによるラジオ聴取が可能になり、私ももっぱらスマホでラジオを聴くようになりました。東京や関西、曜日によっては福岡や札幌の番組も聴けるようになったことで、ラジオをより深く楽しめるようになりましたが、スマホのバッテリー事情は悪化する一方です。やはり、地元の放送はラジオ聴きたいものと思うようになりました。ただ、ラジオの衰退により、家電量販店でもラジオが隅に追いやられている店が多いですね。FM放送開始によって、ラジオ需要が拡大すれば良いのですが。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

家電量販店業界の曲がり角
KIMG2191_convert_20150531115501.jpg
 家電量販店の業績悪化。エコポイントやらテレビの地上デジタル放送による半強制的な買い替えにより、5年~10年先までの需要を先食いしてしまったので、相当厳しい冬の時代を避けられない状況であるのは間違い無い点は、幣ブログでも何年も前から繰り返し述べてきました。
 そんななか、家電量販店最大手のヤマダ電機が大規模な店舗閉鎖を断行することが明らかになりました。遂にというか、やはりというか。ヤマダといえば「雑」。この一言がすべてを物語っていたように感じます。売場構成や陳列が雑、店員のレベルの低さ、電話かけても通じない、ただ店がデカいだけ、家電じゃダメだから洗剤や雑貨などドラッグストアみたいな売場になってたり。その他にリフォーム事業、最近ではソフトバンクとの提携など、手当たり次第に提携して生き残り策を模索しているイメージがありました。
 都市部の店舗でも客が少ないんですよね。週末に名古屋へ出かけますが、名駅のLABI名古屋なんてあの立地でガラガラですからね。店員の外国人比率が高く、明らかに中国人の爆買い客をあてにしているのが分かるほどです。
KIMG2194_convert_20150531115523.jpg
 しかし、驚きましたね。閉鎖店舗の一覧を見ていると北海道の稚内や中標津、岐阜県の郡上大和とか。エライ遠くや山奥まで店舗網を構築していたのですね。ここまで来ると量販店同士の競争から個人店まで相手にする消耗戦ですね。社員は近隣店舗に配置転換しリストラはしないそうですが、岐阜の郡上大和店の場合、最寄りの店舗が各務原か下呂。社員は引っ越すしかないですよね。パートの非正規労働者や工事・配送の請負業者もこれで仕事を失うケースもあることでしょう。また、北海道の場合はもっと深刻で稚内は旭川が最寄、中標津は釧路が最寄と100㎞以上離れており、消費者も故障時の修理などのアフターケアは絶望的な状況ですよね。
 地元の電気店も大型店により閉店に追い込まれていることから、頼むあてのない家電アフターケア難民が相当数出そうですね。私、営業で個人宅を訪問することがありますが、田舎へ行きますと高齢化による生活難に陥っている世帯が多いことに気付きます。電球1個交換できず、夜はテレビの明かりを頼りに生活してる人や、いつ電話してもつながらないので飛び込んでみたら、ベッド脇の子機が故障し、足が悪く電話機本体までの移動がおぼつかず途中で切れてしまうなど、家電製品を使う生活のスタートラインにすら立てない高齢者世帯が思った以上に増えています。買い物難民に次ぐ、生活難民の救済が急がれます。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。